温室の消毒

温室の秋の消毒 来年の夏、病気や害虫による植物への被害の可能性を大幅に減らします。このような作業は、9月末に気温8度以上で実施する必要があります。このような消毒は、ガスまたは湿式で行うことができます。

木製のガラス張りの温室のガス消毒には、温室の十分な気密性が必要です。それは温室容積1立方メートルあたり50-80gの硫黄の割合で硫黄で燻蒸されます。温室がハダニの影響を受けた場合、投与量は1立方メートルあたり150gに増加します。

硫黄を燃焼させる前に、温室内のすべての亀裂を注意深く覆います。硫黄は、燃えている石炭で満たされたベーキングトレイで燃やされます。ベーキングトレイは、温室内のさまざまな場所のレンガの上に配置されます。硫黄が点灯したら、ドアをしっかりと閉め、温室を3日間閉じたままにしておく必要があります。その後、十分に換気する必要があります。安全のために、そのような消毒は、極端な場合には、ガスマスクでのみ、呼吸器で行う必要があります。

艶をかけられた金属温室は二酸化硫黄で燻蒸されるべきではありません、なぜならこれにより、金属を破壊から保護する保護フィルムが破壊されます。

はるかに利用しやすいのは、湿式消毒です。温室の内側と土壌全体に、漂白剤の溶液を3〜4時間注入します(10リットルの水あたり400 gの石灰)。スプレー液は注意深く排出され、沈殿物は温室の木製部分をウォッシュブラシで磨くために使用されます。温室にハダニがいた場合、漂白剤の量は水10リットルあたり1kgに増加します。

40%ホルマリン(水10Lあたり250g)を使用して温室を消毒することもできます。しかし、そこから大気中に放出されるホルムアルデヒドの毒性のため、この操作はガスマスク内で実行する必要があります。

温室の化学的処理と同時に、温室の底にある丸太のコケや地衣類を機械的に破壊し、温室内のすべての木の表面を硫酸第一鉄の5%溶液で処理して胞子を破壊する必要があります。

温室と温室の土壌は、キュウリ、トマト、キャベツにとって最も危険な病気や害虫の繁殖地であることがよくあります。したがって、温室内で交換するか、消毒する必要もあります。これを行うために、「健康な」土壌が温室から取り出され、オープングラウンドの野菜の尾根を形成し、低木を肥やすために使用されます。そして、土壌が病気や害虫の「処理」を必要とする場合、それは積み重ねられ、乾燥漂白剤(20cmの層を持つスタックの1平方メートルあたり250gの漂白剤)を層ごとに振りかけられ、冬に残されます凍結する。

土壌をカーネーションで消毒すると、良い結果が得られます。この薬は、モノメチルジチオカルバミン酸のナトリウム塩の36〜40%水溶液です。汚染された土壌は、シャベルを使ってこの溶液で水をまきます。 1立方メートルの場合mの土壌は、10リットルの水あたり400gのカーネーションを消費します。カーネーションは、植物の残留物を収穫した後、秋に使用されます。土壌温度は少なくとも10°С、気温は-18°Сでなければなりません。カーボレーションを扱うときは、防毒マスク、ゴム製エプロン、ブーツ、手袋を使用し、作業後は手と顔を石鹸で徹底的に洗います。

温室内の土地が疫病、気腫疽、線虫、ダニに感染している場合は、春のスタックからのこの土地を温室内で使用しないでください。夏には、再びシャベルで削り、1年後に再び使用する必要があります。