フェリシア-アフリカンブルーデイジー

南アフリカからヨーロッパに導入されたこの一年生植物は、BlueChamomileという名前で商業的に見つけることができます。実際、これはカモミールではありませんが、 フェリシア入札(Felicia tenella)、 これもキク科に属していますが、見た目が著しく異なります。それは私たちがよく知っているデイジーのように見えますが、目立って背が高く、ふさふさしています。

フェリシア入札

フェリシアは25cmまでの小さな茎を持ち、さらに強く枝分かれしているので、植物はボリュームがあり、幅は50cmまで成長することができます。植物は小さな青緑色の葉で覆われています。

たくさんの花序-星のようなバスケットは、葉の柔らかいクッションの上に散らばっています。花序の直径は2〜5 cmです。結紮花は光線のように細く、色は青で、かすかなライラック色をしています。バスケットの中央にある管状の花は黄色です。

真夏から晩秋にかけて、中心が黄色の楽しい青から紫の花が咲きます。

この一年生植物で庭を飾ることにした場合は、日当たりの良い地域の肥沃な土壌を選択してください。フェリシアは直射日光のない飽和した拡散光を好むので、灼熱の真昼の太陽から特別に保護する必要があります。

フェリシアは干ばつに耐えられないため、夏の暑さの真っ只中に、植物は水やりを必要とし、寒さに比較的耐性があります。

再生

フェリシアは、春先に播種された種子によって直接露地に繁殖しますが、苗の栽培方法も適しています。種を蒔いてから1〜2週間で苗が現れ、6月末までに開花が始まり、豊富で長く、晩秋まで続きます。

フェリシア入札

植物の茂みを増すために、経験豊富な栽培者は、すでに芽を持っているものを除いて、芽の端をつまむことをお勧めします。

乾燥した暑い夏には、土壌が乾くにつれて植物に水をやる必要があります。そうすれば、開花は特に豊富で長くなります。土壌が少し乾燥している場合でも、これを行うことをお勧めします。

フェリシアの特徴は、曇りの日には花が見えないことです。しかし、太陽の下では、彼らは開いて、夜でもこの状態のままです。

夏のコテージや庭の区画では、フェリシアは岩だらけの丘に植えられ、小グループで小道に沿って縁石や縁石を作るために使用されます。

花序の豊かな色合いのため、黄橙色の花(キンセンカ、マリーゴールド)または白(さまざまなカモミール、カスミソウ)と美しく組み合わされています。幅の広い容器に植えるととても見栄えがします。

「ウラルガーデナー」、2015年第11号