シャクナゲとは何ですか?ツツジとは何ですか?

「シャクナゲ」(1文字の「e」の強調)という単語は、ギリシャ語の2つの単語で構成されています。「ロードス」(バラ)と「デンドロン」(木)です。当初、キョウチクトウは「バラの木」と呼ばれていました。 1583年にのみ、シャクナゲという名前は特定の種に関連付けられました-さびたシャクナゲ (シャクナゲ)、 アルプスの原住民。 1753年、K。リンネは、9種のシャクナゲ(常緑樹3種、落葉樹6種)に名前を付けました。後者は、ツツジ属に帰属します。この分割は後で正しくないことが判明しました。植物学者は、オープングラウンドの落葉樹と常緑樹を1つの属(シャクナゲ)とツツジ(好熱性の屋内植物、屋内と温室)に分類します。しかし、園芸の世界の慣習では、「ツツジ」という名前はリンネの時代から保存されています。

現在、落葉性シャクナゲはツツジと呼ばれています:シャクナゲ(R. Western)、シャクナゲ(R. glutinous)、シャクナゲ(R. Japanese)とその品種、そして最も人気のあるハイブリッドツツジのグループKnap Hill(Nap Hill )および常緑雑種シャクナゲ(R. blunt)-いわゆるレンゲツジ。後者は、モスクワ地方でよく育つ落葉性のレンゲツジ(Rhododendron japonicum)とその品種と混同しないでください。日本のツツジ(Japanische Azaleen)は、半常緑および常緑の低木(30〜60 cm)で、密集した樹冠が密集しています。風や真昼の太陽から保護された静かな場所でよく育ちますが、品種にもよりますが、-20〜-27°Cの霜に耐えることができます。配色は、白、ピンク、紫、赤などさまざまです。落葉性のツツジと常緑樹の違いも恣意的です。なぜなら、後者は寒い冬にすべての葉を失う可能性があるからです。落葉性ツツジはそれほど要求が厳しくありません。これらは高さ1〜1.5 mの低木で、5月中旬から6月中旬に咲く緑豊かな樹冠があります。それらは冬に強く、日当たりの良い場所で成長し、乾燥した暑い天候に耐えやすくなります。それらの色の範囲はさまざまです。初心者はこれらの特定の植物を購入することをお勧めします。