エキゾチックなナイジェラ、彼女はシンプルなナイジェラです

ナイジェラ、またはchernushka播種(ニゲラサティバL.) (人気-ブラッククミン、ローマのコリアンダー、緑の少女、金星の髪)は一年生草本であり、キンポウゲの遠い親戚であり、地中海と中東、そしてロシアでは、主に特にセミダブル品種の出現後の花の文化。

チェルヌシュカ種まき

ニゲラには20種類以上あります。それらの中で、最も一般的なナイジェラダマスカス、スペイン語、東部、鉄、播種、耕作など。これらの種はすべて優れた蜜源植物であり、7月下旬に開花し、霜が降りるまで開花します。

この植物の茎は直立し、枝分かれしており、高さは最大50 cmです。葉は透かし彫りで、糸のように長く発散する小葉に繰り返し解剖されます。シュートは比較的大きく、ほぼ水平な花で終わります。

花は孤独で、比較的大きく、シンプルまたはダブル、ブルー、ライトブルー、パープルまたはホワイトです。上葉は花の下に集まって緑のボアを形成し、人々は彼女を「緑の少女」と呼びました。

ナイジェラはミツバチをよく引き付けます。花壇の観賞用文化として広く利用されています。そして、庭師は刺激的なコショウの味とスパイシーなナツメグの香りを持っている種子のためにニゲラを育てます。

成長している

ナイジェラは、光を愛し、比較的耐寒性のある植物であり、短い春の霜によく耐え、卓越風から保護された明るい日当たりの良い場所を好みます。

種を蒔いた後、土を丸めて、芽が出るまでフィルムで覆うことをお勧めします。

種子は3〜5°Cの温度で発芽し始め、成長に最適な温度は15〜18°Cです。苗は10〜12日で現れます。最初はゆっくりと成長します。その葉はディルの葉に似ていますが、灰色がかった緑色の色合いが異なります。若い植物は、小さな春の霜に簡単に耐えます。ナイジェラは発芽後60〜65日で開花します。

土壌への要求は厳しいですが、高収量を得るためには、前任者の下で有機質土壌肥料で施肥された土壌のみが必要です。ニゲラの真下に有機物を加える価値はありません。これにより、種子の成熟が遅くなります。

種まきは、春のできるだけ早く、土が許す限り早く行います。植物の成長期の期間は140〜150日です。種子は3〜4 cmの深さまで溝に播種され、列の間隔は最大45 cmで、間伐後の植物間の距離は15〜20cmです。

ナイジェラケアは、2〜3枚の本葉の段階で、12〜15日後に、除草、土壌の緩み、水やり、作物の2倍の薄化で構成されます。この培養は、過剰な肥料、特に窒素肥料を許容しません。同時に、栄養塊が活発に成長し、植物の開花が遅れます。

種子の少なくとも半分が熟したときに種子が収穫されます。植物は高さ20〜30 cmの茎で切断され、乾燥され、脱穀され、巻き上げまたはふるい分けによって種子が分離されます。

使用する

チェルヌシュカ種まき

花の装飾のために、ニゲラは尾根と芝生に大きな配列で非常に密に植えられています。彼女が夏を通して特に魅力的であるのはそこです。シングルランディングでは、魅力的ではありません。強く成長している地被植物(ツルニチニチソウ、ゼラニウム)の近くに植えないでください。明るい場所では花が咲きやすくなります。カットされたニゲラの花は、水または養液に長期間保存されます。

冬の組成物の精巣は、そのボールが最大サイズに達したときに準備され、明るい色になりますが、まだ乾き始めていません。緑の葉や茎は天日干しすると黄色くなるので、切り取った植物は束ねて日陰で乾かします。

ニゲラの種子はスパイスと見なされ、コショウの代わりになります。ほんのり辛味があり、油っぽく、ピーマンを思わせるナッツのような味わいです。ニゲラの種子は、ペッパーマスキーの色合いで、非常に心地よく、非常に微妙なイチゴの香りがします。このスパイスが独特の香りを失わないように、ニゲラの種は通常、使用直前にスプーンで挽かれ、肉や魚に加えられ、ペストリー、クランペット、プレッツェルが振りかけられます。この粉末は、ゼリー、ムース、ゼリーにも添加されており、さまざまな飲み物に風味が付けられています。ニゲラの種は、メインディッシュやサラダの調味料として使用され、生地に加えられ、ザワークラウトや、きゅうりのピクルス、トマト、その他の野菜に使用されます。本物のグルメは、ニゲラの花で珍しいグーズベリージャムを作ります、それは新鮮なイチゴの素晴らしい香りがします。

インドはこのスパイスの主要な世界生産国であると考えられています。そして、これは偶然ではありません。なぜなら、彼女のインド名kalindzhiであるnigellaは、インド料理で最も人気のある5つのスパイスの1つだからです。

また、ニゲラの種子は蛾の優れた治療法であり、衣服を蛾から保護します。

「ウラルガーデナー」No.48-2014