伊藤ハイブリッド-最も近代的な牡丹

花卉園芸の世界は絶えず変化しています。一部の植物は時代遅れになり、庭を離れ、コレクターの庭にのみ残ります。他の植物は出現し、花の栽培者の間で急速に人気を集めています。現在、牡丹の選択で最もファッショナブルな傾向の1つは、花の色で真の黄色を取得したいというブリーダーの願望です。

牡丹伊藤-ハイブリッドボーダーチャーム牡丹伊藤ハイブリッド先着

長い間、シャクヤクが繁殖作業に関与するまで、ハイブリダイザーの試みは望ましい成功につながりませんでした。 1958年に日本の庭師伊藤豊一がシャクヤクとシャクヤクを交配させた結果、真黄色のシャクヤクが初めて得られました。ニューヨーク州(米国)の牡丹保育園の所有者であるルイ・スミルノフは、1967年に伊藤からこれらの雑種の権利を取得し、1974年にアメリカ社会の登録簿(日本人と共著)に拡大して登録しました4牡丹の品種:「イエロークラウン」、「イエローエンペラー」、「イエロードリーム」、「イエローヘブン」。

その後、交差雑種の作成に関する作業は、米国の他のブリーダーによって継続され、これらの品種を別のグループ(伊藤雑種または交差雑種)に分けるのに役立ちました。

これらの新しいハイブリッド牡丹は格別です!木のような牡丹から受け継いだ花の色だけでなく、開花の豊かさ、力強い成長、栽培のしやすさ、分裂による繁殖のしやすさ、霜が降りて秋に枯れる葉、極度の耐霜性などが特徴です。母性側から受け継いだ-草の牡丹。

牡丹伊藤ハイブリッドパステルの素晴らしさ

伊藤雑種は、牡丹から得られた品質のおかげで、グループでの造園にも条虫としての造園にも優れています。安定した花柄を受け継いだのは、木のような牡丹で、茂みはその形を保ち、大きな花の重みでバラバラになりません。葉は霜が降りるまでシーズンを通して魅力的です。草本の牡丹とは異なり、最初の秋の霜でさえ、その魅力を大きく損なうことはありません。

これらの牡丹をユニークなものにしているのは、黄色から赤、純粋な白から紫まで、さまざまな形と色を持つ花のユニークな美しさです。花びらの付け根に対照的な色が付いていることがよくあります。すべての伊藤雑種は、香りのよい花と長い開花期間を持っています。

ITOハイブリッドの最初の当然の認識は、「黄帝」がアメリカピオノボッド協会(AMOP)の展示会でグランドチャンピオンになった1993年に来ました。しかし、ITOハイブリッドのより完璧で高品質な品種が登場したため、この品種は長い間過去のものになりました。国際的な賞を受賞した最も優れたITOハイブリッドは、AMP 2001、2004、2005、2007のグランドチャンピオンとAOMPゴールドメダル1996です。 «庭園», 1984年にホリンズワースによって登録されました (ドナルドホリングスワース)、2002年AMOPグランドチャンピオン、2006年AMOP金メダル «バルツェラ», 1986年にロジャーF.アンダーソンによって受け取られました。後者はまだ唯一の二重黄色の牡丹です。

牡丹伊藤ハイブリッドバルツェッラ牡丹伊藤ハイブリッドコーラルイーズ

現在、花の栽培者の当然の愛を勝ち取ったITOハイブリッドの品種のリストは大幅に拡大しています。黄色い花の品種だけではありません。ピンクの花、さらにはワインレッドの花の品種がありました。

アンダーソン品種の花にはかすかな美しさが潜んでいます «コーラ ルイーズ»、1986年に登録。ブルゴーニュワインの色の明るい中心を持つホワイトレモン色の大きなセミダブルフラワーは、強い低い花柄によく似合い、高さ75〜85cmの調和のとれた装飾的な低木を作成します。

バラエティ «バイキングフル» (Pehrson-Seidl、1989)花びらの中心が明るい赤で、柔らかな黄色のシンプルな大きな花で咲きます。

牡丹の花びらの色の遊びは独特です «ジュリア ローズ» (1991年、アンダーソン)-アプリコット、ピンク、黄色の花のカクテルで描かれた大きなセミダブルの花で、花びらに沿って真っ赤なストロークがあります。

Peter C. Laning、1993年に登録- «古い ローズ ダンディ» -高さが50cmを超えない超コンパクトな茂みと、シンプルな花の色を溶かすと鮮やかな赤面をしたベージュイエローピンクが特徴です。

牡丹伊藤ハイブリッドジュリアローズ牡丹伊藤ハイブリッドオールドローズダンディ

1999年にロジャーアンダーソンは一度にいくつかの楽しいITOハイブリッドを登録しました。

バラエティ «ヒラリー» 花びらのピンククリーム色と対照的なダークチェリーの中心があります。花の色の異常な遊びは、それをどんな庭の構成においても独特の明るいアクセントにします。

牡丹伊藤ハイブリッドヒラリー

品種の花びらの色も同様に独特です。 « ライラック» -中央が紫色の独特のフクシアピンク色のセミダブルフラワー。その独特の色に加えて、この品種は、そのコンパクトな茂みのサイズと早い開花時期によって区別されます。

バラエティ «ロリポップ» 高さ70cmまでの小さな花だけでなく、直径17cmまでの大きなセミダブルフラワーで、黄色と赤い不規則な縞模様の驚くべき色で際立っています。

牡丹伊藤ハイブリッドモーニングライラック牡丹伊藤ハイブリッドロリポップ

そして、さまざまなシンプルな花 «レモン» 通常は淡黄色で、半分は黄色、半分はライラックで、この品種の特徴です。花のサイズは直径18cmまでです。

牡丹伊藤ハイブリッドレモンドリーム

バラエティ «カリーs記憶» -セミダブル、イエロークリーム、花びらの付け根に栗色の斑点があり、縁の周りにピンクチェリーの境界線が目立ちます。直径20cmまでの花で、軽い香りがします。徐々に開く側芽による長い開花。

バラエティ «カナリアブリリアント» 花の色が変化することで区別されます。つぼみはセミダブルイエローの花に咲き、一部の花は茂みの上で明るい黄色のままですが、他の花は非常に明るい黄色になります。茂みは低く、高さは70cmを超えません。

牡丹伊藤ハイブリッドカリーズメモリー牡丹伊藤-カナリアブリリアントのハイブリッド

バラエティ «スカーレット天国» -おそらく、国内の生産者に知られている、赤い花の色を持つ数少ないITOハイブリッドの1つです。真っ赤でシンプルな花と、より強い赤い花びらの先端が、濃い緑色の葉と対照的です。

牡丹伊藤ハイブリッド緋色の天国

珍しい品種 «ジョアンナマレーネ» 穏やかなサーモンピーチから黄色まで、年齢に応じて色が変わる楽しいセミダブルピーチサーモンの花が咲きます。

ロシアでは、同じ1999年に登録されたアンダーソンの赤い品種はほとんど知られていません。バラエティ «ユニーク» シンプルで香りのよい花の鮮やかな赤色と、ITOハイブリッドでは珍しいやや尖った花びらの形が特徴で、花の中央にはポンポンの形で黄色い雄しべが集まっています。そして多様性 «スイカ ワイン» 緋色、ピンク、深紅色の花のカクテルのような見事なスイカの赤の花で、金色のおしべの中心を囲む微妙な半透明の質感があります。

バラエティ «行く バナナ», 育てられたがアンダーソンによって登録されていない、黄色のセミダブルITOハイブリッドのグループに、繊細な黄色と中央の鈍い赤いストロークを補充しました。

牡丹伊藤ハイブリッドゴーイングバナナ

残念ながら、カリフォルニア州ソノマでIrene Tolomeoによって入手されたSonomaシリーズのITOハイブリッドの新種は、まだ私たちの庭に広がっていません。このシリーズの1年生 «ソノマ 太陽» 「ボーダーチャーム」を彷彿とさせるレモンイエローのシンプルな花が1986年に登録されました。 1999年に、品種がリリースされました «ソノマ ようこそ» セミダブルのクリーミーなピンクの花で、花びらの付け根に淡いピンクの静脈があり、よりピンク色で、バラエティに富んでいます。 «ソノマ アプリコット» ピーチ、コーラル、レモンの混合物で着色されたセミダブルの花びらが、黄色の中央の周りにきれいに配置されています。

#FOTO18#
銅ケトラー

2001年に、このシリーズはいくつかの驚くほど興味深い品種によって補完されました。

バラエティ «ソノマ アメジスト» 花びらの付け根に赤みを帯びた大きなラベンダーの花びらを持つセミダブルフラワーとバラエティ «ソノマ Floozy»は、独特で気まぐれな赤い色にちなんで名付けられました。この色は、端と中央の花びらの暖かい黄色の背景に対して現れたり消えたりし、鈍い斑点としても現れ、大きなシンプルな花の色を変えることができます。

牡丹伊藤ハイブリッド銅ケトル

これらのノベルティは、これまでモスクワフラワーグローワーズクラブで開催された牡丹の展示会や現代の国内保育園のオープンエリアで発表されていなかったため、インターネット上のカタログと写真からのみ学ぶことができます。今後数年間で、コレクターやアマチュアの庭でアメリカのセレクションのノベルティを評価する機会があると思います。待ちましょう。しかし、長命の牡丹にとって10〜15歳は年齢ではないため、今のところ、ロシア中部の条件でその肯定的な品質がすでに証明されているITOハイブリッドを楽しむ価値があります。