開花後に剪定される観賞用低木

開花低木の剪定は、それらの世話をする上で必要かつ非常に重要な部分の1つです。しかし、春に咲く低木は開花終了後に厳密に切り落とす必要があることを知っておく必要があります。これが新しい芽を形成できる唯一の方法であり、春先に低木を剪定しても開花を害することはありません。つぼみが咲きます。

春先には、レンギョウ、三葉アーモンド、タニウツギ、モックオレンジ、デイツィア、多くのシャクヤク(夏に開花する種があります)、ブルデネズガマズミ(スノードーム)、ケリア、ライラック、ヒイラギマホニアなどの低木が咲きます、シャクナゲと木のような牡丹。これらの植物はすべて秋までに新芽を形成し、それらの上に花のつぼみを置きます。開花前にそれらを切ると、芽と一緒にこれらの芽を取り除き、開花は著しく弱くなるか、まったくない可能性があります。もちろん、春先にこれらの植物を完全に無視するべきではありません。小さな衛生的な剪定が必要な場合、つまり、壊れた芽や冠の奥深くまで成長し、強く厚くなり、完全に不要な芽を取り除く必要があります。植物-そのような芽は取り除く必要があります...主な剪定は開花後にのみ行う必要があり、品種によっては独自の特徴があります。

レンギョウ(Forsythia ovata)レンギョウ(Forsythia ovata)

たとえば、レンギョウの剪定は、茂みを薄くすることから始める必要があります。つまり、古い芽をすべて土壌表面にできるだけ近づけて切り取ります。時々、そのような芽が土壌表面に近いところに多くの横方向の成長を持っているのを見ることができます、この場合、若い成長の真上で芽の一部を切り落とすことが適切です。レンギョウでは、花が咲いたすべての新芽は、開花が終わるまでに3分の1に短縮する必要があります。

3葉アーモンド(Prunus triloba)3葉アーモンド(Prunus triloba)

濃厚になりやすい3葉アーモンド(3葉ルイゼアニア)は、このため、低木は必然的かつ毎年伐採する必要があります。テリーの品種は特に強く濃くなります。開花が終わったらすぐにこの植物の剪定を始めることができます。各シュートから、2対のつぼみがある小さな部分だけを残すことができます。暖かい季節が終わる前に、若い芽が副鼻腔から成長するので、恐れてはいけません。理想的には、低木はそれを構成する枝が5年以上経過しないように形作られるべきです。もちろん、王冠の奥深くまで成長する芽に注意を払う必要があります-それらも削除する必要があります。多くの庭師は低木に丸みを帯びた形を与え、この形から出てくるすべての芽を切り取ります-これはとても美しいです。秋には、木質になる時間がなかった芽の部分を取り除くか、単につまむことによって、別の剪定を行うことができます。これが行われない場合、冬にそれらは凍結します。夏には、剪定後、低木にニトロフォスコイを与え、25〜35 gの肥料をバケツの水に溶かし、この量を茂みの下に注ぐことが非常に望ましいです。秋には、別のトップドレッシングを作ることができますが、今回は、茂みごとに10〜15gの一リン酸カリウムを追加します。

マホニアアクイフォリア

マホニアはヒイラギナンテンです-多くの人が剪定せずにそれを育てますが、これは真実ではありません、剪定は茂みに必要です、それは茂みをできるだけ美しくそして破壊できないようにし、そして茂みの根元が露出することを許しません、これはよく観察されます。あまり古くない場合は、すべてのシュートを50%または3分の1にカットできます。剪定は開花直後と、花芽のない成長物のみを取り除くことができる秋に行うことができます。

シモツケの鋭い鋸歯状(Spiraea x arguta)シモツケの鋭い鋸歯状(Spiraea x arguta)

5月または6月には、ヴァンガットのシモツケ、ニッポンシモツケ、オークの葉のシモツケ、鋭い歯のシモツケ、ミドルシモツケ、灰色のシモツケの開花を観察できます。これらの種では、花のつぼみは過去の季節の成長の全長に沿って置かれます。植物の量を減らしてコンパクトできれいにするために、最も若い枝に芽を短くする必要があります。この剪定は、若い芽の豊富な成長を刺激します。成長が良くない古い芽は完全に取り除くことができ、そうすれば若い芽がより活発に形成されます。

早めのタニウツギ(Weigela praecox)早めのタニウツギ(Weigela praecox)

タニウツギ-植物が若い芽を形成する時間がある前に、6月末にそれを切るのが最善です。開花直後、花が咲いた新芽は、最初の垂直成長まで切り落とさなければなりません。これは、ほとんどの場合、茂みの根元にあります。古いシュートで垂直方向の成長がないものは完全に削除されます。剪定がかなりきつく締められていて、植物がすでに成長している場合は、すべての花のつぼみを簡単に切り落とすことができるので、まったく行わない方が良いでしょう。

クラウンモックオレンジ(Philadelphus coronarius)Aureusクラウンモックオレンジ(Philadelphus coronarius)Aureus

Chubushnikはまた、開花後、2年以上前のすべての新芽を切り取って、夏に剪定されます。そのような剪定が行われない場合、茂みの下部は非常にむき出しになり、花は少量で、若い成長でのみ形成されます。分岐を活性化するために、chubushnikの他のすべてのシュートは約3分の1に短縮する必要があります。開花後、モックオレンジが早く切り取られるほど、若い成長が見られ、秋までには木質に成長し、冬を乗り切ることができるようになります。

マルバウツギマルバウツギ

アクション-それは開花の終わりに毎年切断されなければなりません。剪定後またはその前に、茂みにニトロホスを供給し、この肥料を水に溶かして、各植物に15〜20g加える必要があります。花が咲いたすべてのシュートは、アクションの最初の若い成長に短縮する必要があります。そして、それがシュートにない場合は、土壌の表面でそれらを切り取ります。ブッシュが長期間切断されていない場合は、5歳以下の芽だけを残して、できるだけ薄くする必要があります。古い芽は完全に取り除くことができます、または側枝のある長さ約20cmの部分だけをそれらから残すことができます。

ヤマブキ(Kerria japonica)

ケリア-開花の終わりに、この植物は芽を3分の1に短くし、4年以上前の枝を完全に切り取る必要があります。そのような剪定は若い芽の形成を刺激し、その上にこの秋に再び花が形成される可能性があります。

Kalina普通(Viburnum opulus)Buldenezh、またはRoseumKalina普通(Viburnum opulus)Buldenezh、またはRoseum

Viburnum vulgaris Buldenezhは早く、通常は5月末に開花を終了しますが、それより遅くなることはあまりありません。したがって、すでに6月の初めに、剪定を開始できます。茂みの形状を調整し、薄くして、冠を厚くするすべての芽を取り除きます。ガマズミ属の木の剪定は8月までに行う必要があります。後で行うと、若い芽は木質にならず、冬に凍結する可能性があります。

一般的なライラック(Syringa vulgaris)一般的なライラック(Syringa vulgaris)

開花も非常に早く、通常は5月の20年の最初の日に終了するライラックは、開花を完了したすべての花序を取り除き、茂みの根元にあるすべての芽を切り取らなければなりません。色あせた花序は、過去の季節の成長に位置する葉身またはつぼみのある最初の新芽のペアの前に除去する必要があります。休眠中の芽から現れるそれらの成長もまた遮断されなければならない。ライラックの冠の真ん中で、冠を太くしている枝を取り除く必要があります。芽を切りすぎる価値はないことに注意してください。芽は非常に多くの若い成長を形成する可能性があり、それは樹冠の強い肥厚につながり、植物の冬の丈夫さを低下させるだけです。これを考慮に入れると、1シーズンで25%以下のシュートを取り除くことができます。

シャクナゲ常緑樹シャクナゲ常緑樹

シャクナゲ-まったく切り落とされない場合、開花は周期的であるため、開花が終了したらすぐに、枯れた花序のみを切り取る必要があります。冠の密度を上げるために、栄養のある頂芽の一部を引き抜くことができます。

牡丹(Paeonia suffruticosa)ダブル牡丹(Paeonia suffruticosa)ダブル

牡丹も開花直後に切り、茎で花の残りをすべて取り除き、最も発達した葉身を切り取る必要があります。

写真提供:Maxim Minin、Rita Brilliantova、Greeninfo.ruフォーラムから