9月のバラ

朝の霜のため息のために、

唇を赤らめ、

バラが微笑んだなんて奇妙なこと

速い9月の日に!

はためく乳首の前に

長い葉のない茂みの中で

女王として行動する勇気

私たちの唇に春の挨拶を。

揺るぎない希望に花を咲かせる-

冷たい別れの尾根で、

最後に寄り添い、酔っ払う

若い愛人の胸に!

1890年11月22日