キンギョソウ

植物をいかに威厳のあるものにするかは好みの問題です。花の中でライオンの口を見てキンギョソウと呼ぶ人もいれば、「犬」と呼ぶ人もいれば、イギリス人がドラゴンを見て植物のキンギョソウ、つまり「噛むドラゴン」を「クリスチャン」と呼ぶ人もいます。植物学者は、花が鼻のように見え、ギリシャ語から-antirrinum-と呼ばれていると信じています アンチ -同様で サイ - 鼻。

この属には、地中海、アジア、アメリカで育つ約50種があります。しかし、1567年以来、花卉園芸で使用されているのは1つの種だけです。 大きなアンチリナム (キンギョソウマジュス), 南ヨーロッパと北アメリカで自生しています。花卉園芸で一年生植物として使用される多年生植物ですが、冬が暖かい地域では二年生植物として成長する可能性があります。茎はまっすぐで、枝分かれしています。シュートは丸く、緑で、濃い色の品種では赤みがかっており、下部は滑らかで、上部は腺毛で覆われています。下の葉は槍状から細長い楕円形で、反対に、上の葉は次の順序になっています。花冠は背骨の葉で、2つの唇があり、基部に嚢状の膨らみがあります。上唇は二葉で、種類に応じて滑らかか波状か、下唇は三葉です。花は非常に大きく、総状花序の花序に集められます。特に興味深いのは、二重(蝶)でシンプルな開花の品種です。花の色はさまざまです:白、黄色、ピンク、濃い赤、あらゆる種類の色合いとツートンカラー。 6月から霜が降ります。一輪の花の開花期間は、植物全体で最大12日、最大3か月です。果実は多精カプセルです。種子は小さく、最長4年間生存します。

繁殖作業は19世紀にドイツで始まりました。今日、800を超える品種があり、それらはしばしば直列に組み合わされています。高さと花のサイズによる品種は、次のように細分化されます。大輪のセミハイ-50-70cm、ロー-40-50 cm;低コンパクト-20-30cm;小花の矮性-15〜20cm。カタログでは、品種はほとんどの場合高さが配置されています。しかし、無数の品種に名前を付けるよりも、珍しい花の形、成長の形、葉の色でそれらの中で最も興味深いものを示す方が良いです。

キンギョソウは非常に装飾的で気まぐれな植物ではないため、すべての栽培者に愛されています。良好な成長と豊富な開花のために、彼は肥沃で軽い土壌、定期的な摂食を必要とします。主な要件は、特に乾燥した暑い季節に、豊富な水やりです。しかし、湿気が多すぎると、彼は病気になり死にます。この植物は、光を愛し、耐寒性があり、-5°Сまでの霜に耐えます。キンギョソウは3月に種を蒔くことで繁殖します。種子は非常にゆっくりと発芽し、+ 20- + 22°Cの温度で、実生は10-14日目にのみ現れます。種子は発芽するのに光が必要なので、土をまき散らさないでください。苗は3つの植物の鉢に飛び込みます。摘み取ってから最初の1週間は、苗木は土壌中の過剰な水分に非常に敏感なので、水をやるのではなく、スプレーボトルからスプレーすることをお勧めします。フルミネラル肥料の最初の給餌は、ピックの7〜10日後に実行され、2回目は10〜12日後に実行されます。品種の混合物を植えた場合、すでに発芽段階で、暗い品種では葉と茎が濃い緑色または赤みを帯びており、明るい品種では明るいため、暗い色の品種と明るい色の品種を区別できます緑。苗は5月中旬に20〜30cmの間隔で植えられます。植える前に、土壌に十分な水をやる必要があります。実生の出現から開花の開始までの期間に応じて、品種は初期品種に分けられ、80〜85日後に開花し、中期〜95〜100日、後期〜110〜120日で開花します。開花を長引かせるためには、色あせた花序を定期的に取り除く必要があります。

植物から種子を収穫することにした場合は、ほとんどの雑種が庭で育つことを忘れないでください。したがって、自分の種子から育てられた苗木は、必ずしも最高の親の資質を繰り返すとは限りません。

キンギョソウは種に加えて、砂に簡単に根付く挿し木によって繁殖します。この方法は、いくつかのテリーフォームを繁殖させる場合にのみ、非常にまれにしか使用されません。

キンギョソウ、特に苗木は、気腫、セプトリア、うどんこ病などの真菌性疾患の影響を強く受けます。したがって、過度に肥厚した植栽は避け、水をやるときは葉に水が入らないようにしてください。影響を受けた植物をすぐに取り除きます。

花の栽培者は、庭に植えたり、バルコニーを造園したりするためにキンギョソウを使用します。アパートの窓辺には、キンギョソウが咲く植木鉢や鉢をいくつか植えることができます。近年、オランダから背の高い品種の挿し木が出始めています。切り取った植物は7〜14日間水中に立ち、すべてのつぼみが咲くことがわかりました。あなたの庭から最初に開花した芽のある植物を刈り取る方が良いです。また、気象条件により苗木が開花していない場合でも、落胆しないでください。つぼみで「茂み」を掘り起こし、鉢に植えて家に持ち帰りましょう。これらの植物は確かに咲き、長い間あなたを喜ばせます。

オルガ・シグナロワ,

生物科学の候補者

(雑誌「植物の世界で」の資料に基づく、№№、2005)