苔類

苔類 (Hepatica) キンポウゲ科の一員です。

長い冬の後、苔類-苔類はその多様な美しさで私たちを喜ばせます。人々は彼女に多くの愛情のこもった名前を付けました-子宮、カール、トロイの木馬、青いスノードロップ。自然界では、トウヒの森の開拓地で、苔類は4月下旬から5月上旬に咲きます。このとき、まだ木の下に雪が残っています。苔類の葉は肝臓に似た形をしているので、その名前は- ミスミソウ-それは3葉で、革のようで、上下に毛があり、雪の下で冬眠します(すべての種ではありませんが)。春に、開花後、葉は新しいものと交換され、この交換は優雅に行われます。葉は地面から下がって圧縮され、異常に美しい色になり、しばしば赤みがかった色合いになります。花は単一の星型で、6〜8枚の花びら、直径2〜2.5 cm、ほとんどの場合青紫色、単純で、二重の形もあります。

植物は耐寒性がありますが、培養では葉の装置を保存するのが困難です。花の中には白またはピンクのおしべとたくさんの小さな雌しべがあります。曇りの日は花が閉じ、中が濡れないように覆います。苔類には蜜がなく、蝶では珍しい現象ですが、ここには自然の知恵が含まれています。蝶や花粉を食べる甲虫が受粉すると同時に受粉が起こります。各花は5〜7日間開花し、カーテンの全開花は3〜4週間続きます。ただし、もちろん、天候が暑すぎない場合を除きます。良好な条件下での良好な塊は120-150の花を与えます。

苔類は粘土、砂壌土、砕石に心地よく、石灰の存在が望ましく、菌根がその下に形成され、マルチの下の土壌が緩くなるため、針葉樹のくずの導入によく反応します。

照明はどうですか?そしてここでは、成長条件を自然条件に近づけることが望ましい。日光は、朝または夕方の2〜3時間以内が望ましいです。夕方-できれば、散らばっています。散水は春に週2回、夏に1〜2回必要です。

苔類は分裂によって繁殖しますが、種子によって繁殖することもできるため、親とはまったく異なる苗木を得ることができます。開花後、花柄に痩果が15〜25個形成され、花柄を引き抜いて種子のさやを過剰な水分から保護します。花の茎が地面にあり、種子のさやがわずかな圧力で簡単に分離される場合、種子は熟していると見なされます。これは6月に起こります。母植物の葉の下に種を蒔くのが最善です、これは彼らに発芽のための最も好ましい条件を提供します。種子の発芽は非常に低く、翌年に出現するものもあれば、それ以降に出現するものもあります。開花は4-5年で起こります。

モスクワフラワーグローワーズクラブのメンバーのコレクションには、20種以上の苔類と数十のユニークな苗木があります。

*作者による写真