カナダ西部のブッチャートガーデン

ロッキー山脈

親愛なる読者の皆様と、ロッキー山脈の保護区を通り、ブリティッシュコロンビア州の州都であるビクトリア市を訪れた、カナダ西部を旅した素晴らしい旅の思い出をお伝えしたいと思います。この素晴らしい田園都市はバンクーバー島の南東に位置し、片側は太平洋に洗われ、もう片方は森に覆われたロッキー山脈によって風から守られ、その上には高山の牧草地と永遠の雪があります。地元の植物相はとても豊かです。これらの場所から、とげのある黒いトウヒ、バルサムと亜高山帯のモミ、メンジーズの疑似ナメクジ、アメリカシラカンバが私たちの文化にやって来ました。

ロッキー山脈ロッキー山脈

街の起源の歴史に目を向けると、イギリスのビクトリア女王にちなんで名付けられたイギリスの前哨基地を島に建設することが決定された1843年に突入する必要があります。その時、入植者たちは古き良きイングランドの精神が街に浮かぶようにあらゆることをし始め、それは建築と街の一般的な構造の両方に反映されました。ビクトリアはまた、その庭園と公園で世界的に有名であり、その出現は穏やかで均一な気候の存在によって促進されました(冬には気温が0を下回ることはほとんどなく、夏には+ 20°Cを超えます) )。

ロッキー山脈ロッキー山脈

最も訪問された(年間100万人以上の観光客!)公園はブッチャートガーデンです。ガーデンズは、オンタリオ州のセメント生産者であるロバート・ピム・ブッチャート(1856-1943)によって設立されました。彼はビクトリア近郊でセメント生産に適した石灰岩の鉱床を取得し、妻のジェニーと一緒にそこに移り、1904年にバンクーバーポートランドセメント工場という新しい施設を開設しました。私は家族が素晴らしかったと言わなければなりません。ジェニーはビクトリアの素晴らしい気候を正しく評価し、ガーデニングに興味を持つようになりました。彼らは世界中を旅し、さまざまな国のさまざまな植物の種や苗を庭に持ってきました。ブッチャート氏は鳥類学に興味を持ち、彼の旅行からさまざまな装飾的な鳥を連れてきて、庭にそれらのためにあらゆる種類の家を装備し始めました。彼は世界中から多くの異なる種類の鳥を集めました。庭園のコレクションには、さまざまな彫刻が補充されました。

1908年にジェニー・ブッチャートと日本人デザイナーの岸田勇郎との出会いは、庭園の形成と発展にとって極めて重要でした。岸田の指導の下、ブッチャートハウス近くの海岸沿いの庭園は、園芸芸術のすべての規範と規則に従って、造園公園の特徴を獲得しています。最初は日本庭園でした。 1909年、ジェニーは鉱山の敷地内にサンケンガーデンを作ることを決定し、暗い採石場をおとぎ話に変えました!確かに、この計画を実行するのに1年以上かかり、1921年にのみ完全に栄光を現しました。

1926年にはテニスコートの敷地内にイタリアンガーデンがすでに飾られ、1929年には菜園の敷地内に壮大なローズガーデンが配置されました。彼はまだ特別な誇りです。 22ヘクタール以上で、117種類以上のハイブリッドティーローズ、400種類のグランディフローラ、64種類のフロリバンダ、クライミングローズが栽培されています。

バラ園バラ園

当時、ブッチャート家は自分たちの庭を「ベンヴェヌート」(イタリア語から「ようこそ」と訳しています)と呼んでいました。しかし、徐々に庭園はブッチャートガーデンとして絶大な人気を博し、この名前で永遠に残り、世界的に有名になりました。 1950年まである程度機能していた工場を偲んで、写真にはっきりと見える古い煙突があります。 2004年の設立記念日には、庭園はカナダの国定歴史建造物のステータスを取得しました。

並外れて才能のあるジェニーの趣味が、夫の支援を受けて、世界中で彼らの発案を称賛し、情熱と家族経営に変わった方法を私たちは賞賛することができます。ジェニーの死後、孫のイアン・ロスと彼の妻が庭の世話をし、それもまた共通の目的に貢献しました。お土産や植物の種を扱うカフェやショップがオープンしました。 1954年、夏の照明が庭園に現れ、一日中いつでも庭園を歩くことができるようになりました。家族の伝統は、ジェニーの曽孫娘、ロビン・リー・クラークによって引き継がれています。 50人のプロの庭師が100万本以上の園芸植物を手入れしています。花が咲き、面白いものがいつでも見られるように植物が選ばれているので、一年中いつでもそこに来ることができるのは彼らの努力のおかげです。庭園がカナダの国民的誇りになっていると言っても過言ではありません。

私は7月にこの庭を訪れ、たくさんのバラが咲くのに魅了されました。バラは成長するだけでなく、他の植物と組み合わせて豪華な柵、柵、望楼の形成に参加しました。また、さまざまな種類の開花ベゴニアやフクシアにも感銘を受けました。それらは海で、新鮮で明るく見えました。

フクシアベゴニア

あらゆる種類の鳥が歌い、気まぐれな噴水がつぶやき、木々はとても美しく調和して組み合わされていたので、彼らが見た美しさは単に息をのむようなものでした!そして...お祭りや花火の時にここを訪れて、この素晴らしさをもう一度見るという夢が残っていました...