クレマチスの正しい剪定

クレマチスが健康でよく咲くためには、毎年正しい剪定を行う必要があります。その特徴に応じて、クレマチスは3つのグループに分けられます。最初のグループには、春先に咲き、剪定を必要としない王子といくつかの小さな花のクレマチスが含まれます。パテンス、フロリダ、ラヌギノザのグループのクレマチスは、昨年の新芽で初夏に開花し、好条件の下で、今年の新芽で再び7月から8月に咲き、2番目の剪定グループに属します。秋には、弱くて死んだ芽が取り除かれ、残りは切り取られ、10〜15ノット(1.2〜1.5 m)が残り、リングに折りたたまれ、冬の間覆われます。今年の新芽に咲くクレマチスは、3番目の剪定グループに属しています。これらは、Zhakman、Vititsella、Integrifolia、および草本グループのクレマチスであり、たとえばRektaのように、成長期の終わりに新芽が枯れてしまいます。このクレマチスのグループの剪定は非常に簡単です。秋には、すべての芽が根元または最初の本葉に切り取られます。