ウッドリップ

木こり、 または 赤い泡 (ツルウメモドキ)ニシキギ科に属しています。東アジア、南アジア、アメリカ、マダガスカルに生息する約30種が含まれています。ロシア(極東)では3種が育ちます。

すべてのラジオペンチはブドウの木に属しており、反時計回りにしっかりとサポートに巻き付けられています。堅く、円錐形で、わずかに曲がったつぼみは、高い粘り強さによって区別されます。これは、サポート上で成長している芽の捕獲と保持に貢献します。文字通り木の幹を突き刺し、木の鼻の強力なまつ毛は近くに生えている木を破壊することができます、それが植物がその名前を得た理由です。木食い虫の花は小さくて目立たない、中型の三尖弁の果実(箱)も装飾性が高いのが特徴です。結実が豊富で、鮮やかな黄色のわずかにしわの寄ったバルブが特に表情豊かです。弁が離れているとき、それらの赤い苗(仮種皮)が示されるとき、果物は優雅です。通常、果物には3つの種子が含まれますが、1〜6の種子が含まれることはあまりありません。

秋の丸葉木食い虫

最も耐性があり、培養でよく見られるのは、丸い葉の木食い虫です(ツルウメモドキorbiculata)。その自然の範囲は、極東の南部とサハリン南部、そして日本、韓国、中国東北部にあります。自然界では、この種は岩や石の斜面の沿岸地帯、および砂小石の堆積物の川の谷で成長し、ローム質土壌のまばらな落葉樹林の端に見られます。モスクワでは、木質のつる植物は、自然界では6 mの長さに達します(12 m以上)。強い茎の太さは3〜8 cmです。すでに土壌の根元にある植物は枝分かれし、2〜3本の茎があります。 。しかし、つるの上部ではより強い枝分かれが起こり、そこから毎年10本以上の若い芽が上向きにらせん状になります。若い芽の樹皮は赤みがかったまたは茶色で、灰色がかった皮目がたくさんあります。古い茎では、樹皮は灰色で、縦方向と斜め方向の亀裂があります。この種は、内部に白い芯のある新芽が特徴です。

つぼみは硬く、広く円錐形で、長さ1.5〜3 mm、上部が茶色、下部が明るい。それらは、とげのあるフックのように、らせん状にカールするシュートがサポートをつかんで保持するのを助けます。巻き付けることができるサポートがない場合、シュートは平らな垂直壁に足場を築き、最大3mまでまっすぐに保つことができます。

この種の名前が示すように、葉は通常丸い(長さ12cm、幅2-7cmまで)。ただし、葉の形状は、広く楕円形または楕円形にすることができます。葉の付け根はくさび形で、しばしば不均一です。頂点は丸く、尖端は短い。葉の端は丸みを帯びた鋸歯状であり、時には無神経な厚さの小歯状突起があります。葉には糸状の茶色の茎があり、その後落ちます。若い葉は上が明るい緑色で、とても光沢があります。秋にはレモンイエローまたはイエローグリーンに変わり、10月末には落ちます。

花は6月に現れ、開花は2週間続きます。小さな白みがかった緑色の花(直径6〜7 mm)は、腋窩の花序(盾)に3つにまとめられています。ほとんどの場合、花はユニセクシャルですが、バイセクシャルの花もあります。雌花は、3細胞の子房を持つ雌しべ、花びらの高さの柱頭を持ち、雄しべは発達が遅れており(長さ1.5 mm)、無菌です。男性の花は細いフィラメントに雌しべと雄しべ(長さ3mm)があります。果実は直径8mmの球形の濃い黄色のカプセルで、上部に先のとがった先端があります。開いた果実からは赤みがかった仮種皮が見え、溝で3つに分かれています。種子は黄色がかった灰色で、形は斜めです。 100個の果実の重さ-16g。1000個の種子の重さ-8.0-9.5g。植物の開花と結実は5歳から始まります。

丸い葉の木食い虫、成熟した果実丸い葉の木食い虫、成熟した果実

丸い葉の木食い虫はつる植物であり、装飾的な園芸に価値があり、サポートがない場合、芽は地面に沿って広がります。 1860年以来の文化

ラッシュノーズプライヤー

極東(アムール地域、ハバロフスク、沿海地方)を起源とする別の種は、ラッシュノーズプライヤー(ツルウメモドキ フラゲラリス)、中国北部、韓国、日本でも成長しています。つる植物は最大10mの高さまで登ることができ、木の周りに絡まないこともありますが、まっすぐに登ります。とげのように、近くに生えている木の樹皮を突き刺す堅い鉤状の腎臓の鱗は、つるのねじれた茎をつかむのに役立ちます。ラジオペンチと幹の接触点に不定根の塊が形成され、将来的には木の枯死を引き起こす可能性があることに注意するのは興味深いことです。若い芽は薄緑色で白い皮目があり、古い芽は赤褐色で縦方向の亀裂があります。以前の種とは異なり、ラッシュノーズプライヤー枝は内側が中空で、葉は楕円形または卵形で、両側が緑色で、先の尖った先端とくさび形の基部があり、葉の端は鋸歯状ではありません。

これらの植物は雌雄異株であり、雌雄異株の花はしばしば孤独であり、二色性花序で収集されることはあまりありません。男性の植物は雄しべのある小さな白っぽい花を持っています。その後(8月から9月に)雌の植物では、果実が発達します-上部に尖った先端を持つ平らな球形の淡黄色のカプセル。

ラッシュノーズプライヤー

この種は、垂直園芸だけでなく、地被植物としても使用できます。 20世紀初頭から文化的に知られており、西ヨーロッパと北アメリカの植物園に保管されています。

ラジオペンチ (ツルウメモドキstrigillosus)サハリン南部の森林、千島列島(国後島、シコタン島、択後島)、そして日本で自然に育ちます。自然界では、リアナはモスクワで10 mの長さに達します(約2.5 m)。丸い葉のペンチのように、枝の内側に白い無地の芯があります。種の主な違いは、まず第一に、とげのある芽がなく、葉は落ち込んでいるが下から突き出ている静脈のためにしわが寄っているということです。葉は楕円形または長楕円形で、長さ7〜14 cm、幅4〜8 cmです。葉の頂点は尖っており、端はクレネート-鋸歯状です。

ラジオペンチ、フルーツ

花は孤独で、短い小花柄の房に座っていることはめったにありません。開花は6月の後半に始まり、10〜12日続きます。果物-カプセルは球形で、直径7 mmで、10月上旬に熟します。種子には赤オレンジ色の苗があります。つるは10歳から咲き、実を結びます。文化では、この種は1860年以来知られています。

木登り、開花

北アメリカ東部の茂みとまばらな森の茂みの中登山の木が住んでいます(ツルウメモドキscandens)、アメリカ人と呼ばれることもあります。そのまつ毛は7メートルの高さまで上昇します。無地の白い芯を持つ枝、古い茎の樹皮は楕円形と丸い皮目を持つ濃い灰色です。つぼみは小さく、卵形で、鋭く粘り強い先端があり、外側に曲がっています。葉は卵形で、長さ4〜12 cm、幅2〜4 cmで、先のとがった先端、幅の広いくさび形の基部、細かく鋸歯状の縁があります。秋になると葉が黄色くなります。花は雌雄異株で、頂端の花序に集められます-長さ8-10cmまでの円錐花序。花びらは白っぽいギザギザの縁を持つ淡い緑色です。開花は約3週間続きます。果実は直径8-10mmの黄色いカプセルで、種子(長さ4.5mm)には赤い実生があります。植物は7歳から開花して実を結び、根の成長が多く、繁殖が非常に容易になります。この種は1736年以来、非常に長い間文化で知られており、建物や柵の壁を飾るために使用されています。

木食い虫登山、果物木食い虫登山、果物

のため 木食い虫paniculata (ツルウメモドキpaniculatum)中央ロシアではひどく凍っていますが、私たちの文化ではほとんど知られていません。この種はヒマラヤに由来し、インド、ビルマ、中国、インドネシアで育ちます。その際立った特徴は、部分的に中空である枝の内側に茶色(白ではない!)の木が存在することです。葉は卵形で、長さ5〜12 cm、幅7 cmまでで、両側が緑色です。花は黄緑色で、長さ10〜20cmの円錐花序で集められます。果実は黄色いボールですが、苗は深紅色です。

壮大なつる -角のあるウッドプライヤー (ツルウメモドキangulatus)ロシアでも丈夫ではありません。それは10メートルの高さまで登ることができる中国南東部から来ています。暗褐色のリブの芽は塊状の皮目で密に覆われています。つぼみは円錐形で、目盛りがぴったり合っています。葉は広く楕円形で、長さ9〜18 cm、幅7〜15 cmです。エレガントな円錐花序(長さ10〜15 cm)で、小さな雌雄異株の白っぽい黄色の花が咲きます。しかし、この植物は結実期に特に顕著であり、濃い果実の穂が明るい黄色のカプセル(直径約1cm)と暗赤色の実生の種子で現れます。この装飾タイプは1900年以来文化で知られていますが、冬の耐寒性が低いため、ロシアでは使用されていません。この種はアブハジアとウズベキスタンでテストに成功し、開花して実を結びます。

栽培と繁殖の特徴

結実中の丸い葉の木食い虫

彼らは十分に照らされた場所を好みます;日陰になると、彼らは成長が悪く、より悪い実を結びます。彼は土壌に気取らないが、肥沃なローム質の砂壌土が大好きである。つるの芽は非常に速く成長し、しばしば互いに絡み合い、かなりの長さで絡み合います。

これらのブドウの木は、挿し木、根の吸盤、木化した緑の挿し木によって繁殖することができます。最も成功した発根は、成長促進剤で処理された緑色の挿し木で観察されます。

それらは種子によって容易に繁殖し、その発芽は2〜3年続きます。収穫後、種子を室温で2〜3週間乾燥させます。収穫したばかりの種子を「冬の前」または春に播種するのが最善ですが、その後、種子の低温成層(0 + 3°Cの温度)が2か月間必要になります。種まきは列をなして行われます。互いに5cmの距離と列の間の10cmの距離で、種を植える深さは1.5-2cmです。播種のための基質は軽い肥沃なローム質の土壌です。播種後1ヶ月で苗が出てきます。種子の発芽は地下にあります。楕円形の子葉は土壌表面の上には現れません。

木食い虫登山、果物

写真提供:A.G。 Kuklina、G.A。 Firsova、V.V。シェイコ