春:愛する人のための花

チューリップ

通りでは、太陽が暖かくなり、鳥が大声で口笛を吹き、春の新鮮さがすでに空中に注がれ、通りすがりの人の顔が暗い冬の表情から明るい春の表情に変わります。結局のところ、すぐに、すぐに休日-春の日、国際女性の日-3月8日。

すべての男性は、母親、祖母、姉妹、ガールフレンド、妻、最愛の義母など、愛する女性への贈り物を用意しています。もちろん、贈り物は常に素晴らしいものですが、それ自体は重要ではありません。注意が重要です。そして3月8日だけではありません!女性は常に愛されていると感じるべきです!あなたの愛する人に前向きな感情を与えてください、彼らは私たちの忙しい生活にとても欠けています。

家具や家電製品から大きくて重いものを与える必要はありません-これはまったくそうではありません。はい、そして1枚のはがきでは十分ではありません...もちろん、すべての男性は彼の女性が好きなものを選択します。しかし、あなたが与えるものは何でも、花は間違いなく春の不可欠な属性です。

最初に頭に浮かぶのは花束です。一般に「ほうき」と呼ばれる、巨大で青々とした花束を与える必要はまったくありません。結婚記念日、結婚式、その他の同様のお祝いに適しています。春は、冬の白とグレーの色調の後に明るい色が戻ってきて、その謙虚さ、優しさ、もろさで魅力的です。最も春の花束-ミニチュア、その繊細な春の花-サクラソウ、クロッカス、水仙、ヒヤシンス、チューリップ、フリージア。

白い花サクラソウクロッカス

はい、まさにチューリップです!それらを割り引いてはいけません。チューリップは完全に「普通」と「面白くない」花のランクに不当に配置されます。チューリップの種類はとても豊富なので、最も要求の厳しい女性を感動させることができます。バラ、シャクヤク、魅惑的な色のチューリップのように見えるチューリップがあり、フリンジ、細長い先の尖った、羽状に解剖された、縞模様または斑点のある花びらがあります...

チューリップやヒヤシンスなど、ある種類の花の花束が最もよく見えます。ブーケは、モノクロ(モノクロ)のブーケ(赤、白、紫、黄色など)よりもカラフル(たとえば、白、ピンク、黄色、黄色、青、赤の色を組み合わせたもの)であることがよくあります。

手からスノードロップの花束を買わないでください。結局のところ、スノードロップは絶滅危惧種のサクラソウであり、レッドブックに記載されています。魂のない人々の利益のために植物の破壊に加担しないでください。

2番目に人気のあるフラワーギフトは、ガーベラ、バラ、ツツジ、クチナシなどの鉢植え(屋内)植物の開花です。しかし、つぼみのある植物やすでに開花している植物を購入するときは注意してください。環境を「ショップアパート」に変更すると、つぼみがすぐに落ちて、花が早く消えてしまいます。それは水やり、肥料などを必要とするので、あなたの女性が植物をさらに世話したいかどうかを考えてください、そしてこれは特定の努力と責任です。そのような「難しい」贈り物をすることは、喜びよりも多くの問題を引き起こす可能性があります。

鉢植えのツツジ水仙、ヒヤシンス、サクラソウ

白い花、サクラソウ、水仙、ヒヤシンスの組成は非常に印象的です。これらは切り取られた植物ではなく、土の鉢に植えられ、バスケット、帽子、棺、ハンドバッグに入れられます-ファンタジーがあなたに言うすべてにおいて。鉢、紙のリボンやリボン、バスケットの取っ手に蝶や鳥を飾るためのマルチカラーのリネンマットやオーガンザの裏地など、いくつかの植物のアクセサリーを追加すると、春の「花の牧草地」の準備が整います。あなたはパッケージではなく花を寄付しているので、主なことは細部でそれをやり過ぎないことです。

すべての花の品種の中で、花束と組成物の両方が個々の花で構成されており、それぞれがそれ自体が美しいことをどういうわけか忘れています。一輪の花をあげることはかなり可能です。誰かが自分の経済的破産を示すことを恐れてそのような贈り物をしないか、1つの花が感謝の気持ち、感謝の気持ち、または愛を表現することができないと思います...無駄です!色の数ではなく、どのように提示するかが重要です。与える瞬間には、必ず女性の目を見て、目をそらして笑わないでください。笑顔だけが「ハリウッド」や無理矢理であってはならず、暖かくて誠実であるべきです。

咲くアプリコットの小枝

花に加えて、低木の開花小枝を与えるのが通例です。例として遠くまで行く必要はありません-これはよく知られているミモザです。彼女はすでに「3月8日」の植物として人々の心にしっかりと根付いているので、何人かの女性は静かに彼女を嫌っています。ミモザに加えて、ガマズミ属の木、アプリコット、ライラック、レンギョウ、スイカズラ、シャクナゲ、その他の開花低木の開花枝を与え、また、緑の光沢のある葉で覆われた白樺、柳、アルダー、ポプラの枝を花束に追加します。

もちろん、これらすべてを購入することができます。しかし、あなた自身の手で育てられた贈り物は、どれほど快適で価値のあるものになるでしょう-家で強制することによって得られるのと同じヒヤシンスやチューリップ。それほど難しいことではありません。また、都会の家の窓の下や夏の別荘にサクラソウを植えることもできます。雪が溶けると、最愛の休日が続きます。

男性、お好きなものを選んでください!あなたの愛する人を幸せにしてください!