パッケージからのホスト

通常、輸入された植栽材料のホスト(根茎)は、おがくずまたは泥炭が入った穴あきビニール袋で販売されています。冬の終わりか春の初めに購入するのがベストです。根茎は乾燥したり、ひどくしわが寄ったりしてはいけません。自宅では、パッケージから取り出して慎重に検査する必要があります。シュートが小さく(1〜5 cm)、根系が良好な状態である場合、購入品は穴あきバッグ内のわずかに湿った基質(おがくず、泥炭)に入れられ、定期的に検査され、植えられるまで保管されます。冷蔵庫で0-30C。

芽が成長し始め、葉がすでに広がり始めている場合は、損傷した根を取り除いた後、根茎を室温の水に数時間浸します。次に、それをわずかに乾燥させ、緩い土壌混合物の入ったポットに植えます。つぼみは、基板の表面より上にある必要があります。鍋は涼しく明るい場所に置かれ、穏やかに水をまきます。オープングラウンドでの植え付け時(5月末)までに、整形式の植物ができあがります。

パッケージにまだ芽が残っている標本を購入した場合は、すぐに明るい日光に当てる必要はありません。しばらくの間、植物を拡散光の中に保ちます。その後、弱くて薄い芽はすぐに緑色に変わり、将来は正常に発達します。