キワノの有用な特性

キワノ(Cucumis metuliferus)

キワノには、水分が90%であるため、カロリーが100gあたりわずか44Kcalの必須栄養素が豊富に含まれています。そのカロリーの約16%はタンパク質から来ており、他の果物と比較して比較的高いです。果物には多くのビタミンが含まれています:ビタミンA(ベータカロチン)、B1(チアミン)、B2(リボフラビン)、ビタミンB3(ナイアシン)、ビタミンB5(パントテン酸)、ビタミンB6(ピリドキシン)、ビタミンB9(葉酸)、ビタミンC(アスコルビン酸)。また、主要栄養素:カリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、リン。および微量元素:鉄、マンガン、銅、亜鉛。また、有機酸、ミネラル塩、砂糖も含まれています。このかなり独特な栄養素の分布により、ツノニガウリはさまざまな種類の食事や健康食品に非常に適しています。

アフリカのツノニガウリは栄養価が高いだけでなく、いくつかの強力な抗酸化物質を含んでおり、その多くはそれ自体が栄養素です。キワノのこれらの抗酸化物質は、ビタミンC、ビタミンA、亜鉛、ルテインです。一緒に、これらの栄養素は、内部の炎症を減らし、糖尿病、心臓病、さらには特定の種類の癌などのいくつかの深刻な慢性疾患を予防する役割を果たします。さらに、果肉に含まれる食用種子には、抗酸化作用のある別の栄養素であるビタミンEが含まれています。

キワノは鉄分とビタミンCの優れた供給源です。これらの栄養素は、体内の酸素の輸送に必要な赤血球内のヘモグロビンの適切な生成に貢献します。また、キワノはグリセミック指数が低いため、摂取後の血糖値の大幅な上昇を引き起こさず、ブドウ糖(糖)やインスリンの代謝に直接関与するミネラルであるマグネシウムが豊富に含まれています。 、この果物は血糖値を制御するのに役立ち、糖尿病の人が食べることができます。

水だけが水分補給と同義であると一般に信じられています。ただし、カリウム、マグネシウム、ナトリウムなどの電解質も体液を維持するために必要です。キワノは88%が水分で、炭水化物と電解質が含まれているため、水分補給に役立ちます。暑い夏の日や激しい運動の後にキワノをおやつにすると、一日中健康を保つことができます。

キワノ(Cucumis metuliferus)

キワノゼリーメロンには、メンタルヘルスと脳機能の維持に密接に関係する2つのミネラルであるマグネシウムと亜鉛が含まれています。マグネシウムと亜鉛の両方が、私たちの気分に影響を与え、うつ病や不安などの特定の気分関連障害と戦う神経伝達物質の産生に関与しています。キワノは気分を盛り上げるのに最適な方法です!

キワノが人間の健康に及ぼす影響に関する科学的研究はほとんどないことは注目に値します。しかし、今日すでにキワノに含まれている豊富な栄養素は、この果物が骨を改造し、その強度を維持するのに役立つ可能性があることを示唆しています。コラーゲン産生、創傷治癒、および皮膚への日光による損傷からの保護。炎症を軽減し、動脈プラークの蓄積を防ぎ、血圧を調節します。免疫力を強化します。

興味深いことに、アフリカの故郷では、この果実は強力な薬用魔法の特性を持っていると考えられているため、キワノは「サクパタブードゥー」の儀式の治療に広く使用されています。

記事も読む:

  • 料理のキワノ
  • キワノを育てるには?