男性と女性の花

最も古い一般的な誤解の1つは、花は本物の男性への適切な贈り物ではないということです。以前は、男性が男性に花束を贈ったり、未婚の女性が既婚男性にそのような注意を向けたりする場合など、あいまいな状況に陥りたくない場合は、男性に提示すべきではないと考えられていました。しかし、最近、これらの固定観念は時代を超えており、花はより強いセックスのための非常に適切な贈り物として認識されるべきです。男性は女性に劣らず、そのような贈り物の美しさを感じることができ、さらに注意は常に楽しいものです。

それでも、花の花束を男性に提示することを決定することは(それが誰であろうと:仕事の同僚、親友、または親友の夫)、の微妙な点のいくつかを覚えるのに怠惰にならないでください花のエチケット。

厳密に言えば、純粋に「男性的」または純粋に「女性的な」花はありません。ほとんどの花は男性と女性の両方に与えることができます。しかし、長い茎を持つ大きな単色の花は「男性的な」花束に適していると一般に信じられています。ピンク、バラ、グラディオリ、ダリア。、ブルー。「男性的なブーケ」には、黄色からオレンジレッドまで、すべての温かみのある色調も適しています。

男性には、原則として、ヒヤシンスやスズランなどの繊細で繊細な香りの花は与えられません。しかし、女性にとって、これらの花は歓迎の贈り物です。 3月8日の前夜には、スミレ、ヒヤシンス、水仙など、繊細な香りの春の花がいたるところに売られています。愛する女性への最高の贈り物になりますが、3月8日には、お母さんやおばあちゃんにプレゼントすることができます。開花ポット植物。かわいらしい籐のかごに入れられたミニチュアシクラメンとドワーフスミレは、特に感動的に見えます。より高価な贈り物は屋内蘭です。この植物は最も気まぐれな植物の1つと見なされていますが、開花の独創性と洗練度(および持続時間)に匹敵するものはありません。咲くツツジも良い贈り物になりますが、それを涼しく保ち、柔らかく落ち着いた水で水をやる必要があります。

花をもっと頻繁に与えると、近くにいる人を喜ばせることがいかに簡単であるかがわかります。ここでは性別は関係ありません。花は男性と女性の両方の目に火花を散らすことができます。