ヒルデスハイムのミレニアル世代のローズブッシュ

ニーダーザクセン州のハノーバー近郊にあるドイツの町ヒルデスハイム(ヒルデスハイム)は、ドイツへの数多くの旅行ガイドで言及されている他の利点の中でも、「バラの街」の名声を獲得しています。事実、この古代都市の家の壁にはバラが絡み合っています。バラは、最もリアルな生き物で人工的なものであり、単純に描かれていますが、それでもバラです。多くの観光客がヒルデスハイムにやって来て、2つの古代ロマネスク教会-聖。マイケル(11世紀)とゴダーハルト教会(XII世紀)は、今日、サクソン派のロマネスク様式の寺院の印象的な例であり、特別な巨大さと形のシンプルさが特徴です。しかし、ミレニアムローズブッシュの伝説は、街に栄光をもたらしました。

異教の時代以来、バラはゲルマン神話において重要な役割を果たし、最も強力な神々の名前と密接に関連していました。ドイツにキリスト教が到来すると、バラはほとんど神聖な崇拝の対象になります。バラの曲がったとげの起源についての伝説の起源は、それらの古代に属します。天から主によって追放されたサタンは、再びそこに上がることを思いついたので、ローズヒップを使うことに決めました-とげのある彼のまっすぐな幹は彼をはしごとして使うことができました。しかし、主は彼の計画を推測し、ローズヒップの茎を曲げました。それからサタンは失敗に激怒し、とげを曲げました。そのため、バラのとげは真っ直ぐではなく、下向きに曲がっていました。

最古のバラの茂みは、ヒルデスハイム大聖堂からそれほど遠くない聖アンの墓地に生え、後陣の1つにある小さなゴシック様式の礼拝堂の聖歌隊の外壁にあります。伝説によると、この大聖堂の外観そのものが、この素晴らしいバラの茂みと密接に関連しています。私たちに伝わった伝説によると、かつてカール大帝の息子であったルートヴィヒ1世は、聖遺物の粒子を含む狩猟中に胸の十字架を失いました。十字架を求めて送られた使用人は、花で覆われたバラの茂みの雪の中でそれを見つけましたが、茂みが彼を入れなかったので、そこからそれを取り除くことができませんでした。それからルイ自身が十字架に行きました。薔薇の茂みにたどり着くと、雪の中に大聖堂の平面図の形をしたわかりにくい場所があり、その上部には薔薇の茂みそのものがありました。ルイは茂みから十字架を取り除くことができました。その後、ルートヴィヒ1世はこの場所に大聖堂を建設するよう命じ、素晴らしいバラの茂みを保存しました。それ以来、この場所自体は「深い(大きな)雪」を意味するヒルデシュニーと呼ばれています。後に彼からヒルデスハイムという言葉が形成されました。

ミレニアル世代のバラの茂みは、10〜11世紀の都市建設の生きた目撃者であり、ヒルデスハイムの都市を世界的に有名にし、ドイツの柱となった両方の教会の建物が建てられたバーナード司教自身をよく覚えている必要があります。ロマンス。

時が経つにつれ、小さな茂みは、今日でも存在する高さ約3メートルの巨大な茂みに成長しました。そして最も重要なことは、毎年何千もの壮大なバラで覆われていることです。

第二次世界大戦中、バラの太い茎が火事になり、ひどく焼けましたが、翌年、再び活気づき、新しい青々とした芽を出し、これまで以上に咲き始めました。

毎年、ヒルデスハイムを訪れる何千人もの観光客が、ドイツの千年の歴史の生きた守護者である素晴らしいバラの茂みを見に駆けつけます。