牡丹に餌をやる方法

花屋の悩みは、原則として、品種の選択と植物の正しい植え付けで終わらない。それらに適切なケアを提供することは非常に重要です。結局のところ、牡丹は長命であり、何年もの間、1つの場所で大量に成長して咲くことができます。

開発の3年目から、牡丹が咲くと、水やりやほぐしに加えて、追加の餌が必要になります。業界団体はあらゆる種類の肥料のさまざまな選択肢を提供していますが、私の意見では、栄養成分の牡丹のニーズを満たすのに最も成功しているのは「ケミラ」です。植物の成長期にこの肥料を3回施用することで、栄養素の不足を完全になくすことができます。しかし、ここでは、春先と開花後1週間に、茂みの周りの溝にあるマッチボックスをベースにした肥料「ケミラユニバーサル」を使用し、それを土壌に埋め込むことを予約することが重要です。この肥料は長時間作用し、植物が必要な栄養素を長期間受け取ることを可能にします。出芽期の2番目のトップドレッシングは、ケミラ・コンビ肥料を使用して行う必要があります。これも、茂みの周りの溝にあるマッチボックスで、十分に水をやります。この肥料は瞬時に溶けて根に流れます。この肥料のすべての要素はキレート化された形であり、それは植物が土壌微生物による追加の処理なしでそれらを同化することを可能にします。

ミネラル肥料「ケミール」に加えて、バイカルの科学者から提供された機会を利用して、EM技術(バイカル-M)に基づいて調製された有機物(堆肥)を使用することをお勧めします。この7〜10 cmの堆肥層で秋に成体植物をマルチングすると、驚くべき効果があります。生後3年目の植物でも満開になります。このようなマルチングは、1か所で長期間植物を育てるときに特に役立ちます。堆肥に生きた微生物が存在することで、土壌を交換することなく、1シーズンで土壌の構造と肥沃度を更新し、大幅に改善することができます。彼らはより良く成長し、病気にならず、美しく咲きます。