青いスイカズラの剪定

ハニーサックルブルーチョイス

ハニーサックルブルー(Loniceraトケイソウ)約7次の枝分かれがある直立した密に枝分かれした低木です。スイカズラの新芽の構造の重要な特徴は、2〜3の両側の反対側の葉の節に存在することです 連続腎臓互いの上に配置されます。通常、シリーズの上部と大きなつぼみは(葉と花の原始と)混合され、小さく、下部のつぼみは栄養繁殖します(葉のつぼみのみ)。バルクを除いて、青いスイカズラの茂みに ブランチシュート、 より強力な光合成と結実を提供します シュート形成、または茎の芽、王冠の建設に参加し、茂みの形の復元に貢献しています。

茎とつぼみのある青いスイカズラの形成のシュート木の切り株の剪定が必要な古い青いスイカズラの茂み

形成シュートの葉の節では、茎が見られ、互いに一緒に、そしてシュートと一緒に成長し、革のような円盤を形成します。老化や植物の損傷により、休眠中の芽から小さな芽が現れます 追加を撃ちます..。毎年多くの芽が目覚めると、冠が厚くなり、栄養が低下し、骨格の枝の照明が弱まり、収量が減少し、冠の内側にある小さな枝が死んでしまいます。その下位層で。秋に開花するように誘発された古いスイカズラの茂みや植物には、基本的な剪定の決定が必要です。その後、厳しい冬に十分に耐えることができなくなります。

密に枝分かれしたスイカズラの茂み

装飾効果を維持し、青いスイカズラの活発な結実の期間を延長するために、定期的な剪定が必要です。また、乾燥したり、冠が損傷したりした場合に、弱く枝分かれした植物にも必要です。この農学的な手順は、清潔で鋭利な道具(剪定はさみ、ナイフ、庭のこぎり)を使って行われます。切り込みの場所は、庭のピッチで潤滑する必要があります。スイカズラの茂みを剪定するのに最も適した時期は次のとおりです。 秋、 落ち葉の後、または 春先、3月と4月上旬。

 

 スイカズラの剪定スキーム

3月-4月上旬。 成虫の茂みでは、2〜3年ごとに 間伐 クラウンの老化部分で、小さく乾燥した枝があります(図4)。いくつかの古い強力なトランクが削除され、5〜6個しか残されていません。また、剪定の際、土の上にある下の日陰の層の枝が取り除かれ、低木の世話を妨げ、実際には結実に関与しません。枝の詳細な剪定は、 若返り ブッシュ、それはかなり面倒ですが、それは王冠を軽くするのに役立ちます。剪定後、結実は減少しますが、2〜3年後に再び回復します。

 

スイカズラの新芽の頂部を短くして切り落とすことは不可能です。なぜなら、収量を形成する花の原始との混合芽の最大数が集中しているからです。

 

五月。 春に恒久的な場所にスイカズラを植える場合、原則として、植物は剪定されません。例外は、根系がひどく損傷している(乾燥しすぎているか、部分的に存在しない)場合です。この場合にのみ、枝の長さの3分の1を短くすることができます。

必要に応じて、春の6〜7歳以上の茂みの場合 衛生剪定次に、病気にかかった、壊れた、乾燥した枝を取り除きます。

 

8月9月 春に茂みの若返りや樹冠の菲薄化ができなかった場合は、落葉後、古くて小さな枝を切り取ります。クラウンの中央部分が徐々に除去され、トップが古くなると、新しい芽が形成され始めます。剪定の年には、休眠中の芽の大規模な目覚めにより、長さ50〜70cm以上の強い芽の形成が観察されます。

 

10月11月。 ハニーサックルでは、茂みの根元にある骨格の枝を切り取る必要はありません。これは、骨格の枝の枝にある休眠中の芽から出てきた形成シュートによって冠の更新が発生するためです。

例外は、光合成と結実が損なわれた15〜20年前の古い茂みです。彼らにとっては、土壌から0.5mの高さで行われる「切り株」での強力な老化防止剪定が可能です。剪定の年に、休眠中の芽の大規模な目覚めが始まります。若い芽(茎の芽)のため、低木は2〜3年以内に回復することができます。そのような剪定の後、ハニーサックルブッシュはミネラル肥料で水をやり、肥料を与える必要があります:1m2あたり50-70gの硝酸アンモニウム、35-50gの過リン酸石灰と40-50gのカリウム塩。

著者による写真