花の苗を育てる

カエデの葉のハイビスカスマホガニー

切断とクラウン成形によく耐え、

急速に成長し、干ばつに強い

今日、私たち自身で花の苗を育てる必要はないように思われます-春と夏には、園芸用品センターはあらゆる好みのための最も多様な花の苗でいっぱいです。しかし、多くの栽培者はまだ自分の苗を手に入れたいと思っています。

これにはいくつかの理由があります。第一に、希望する品種や種類の花の既製の苗を購入することは常に可能とは言えません。第二に、小さな種子から美しい植物がどのように成長するかを見るのは誰かに喜びを与えます。第三に、既製の苗の価格はしばしば「かみつく」。そして最後に、あなたは自分ではるかに安い植栽材料を育てるだけでなく、その余剰分を売ったり、友人や隣人と共有したりすることもできます。

作物の選択と播種日

苗を育てる準備は秋に始めるべきです。専門会社に種子(または根付き挿し木)のバッチを注文する場合は、必要な日付までに注文を受け取る時間を確保するために、できるだけ早く、できれば秋の真ん中に注文してください。秋の終わり-冬の始まりは、パッケージ化された種子を購入する時期です。それらは定評のある会社から購入する必要があります。

今日のさまざまな企業の作物や品種の選択肢は膨大であり、特に初心者の場合、播種時までに花の栽培者は、どこから始めればよいのかほとんどわからない、印象的な数のさまざまなバッグの前で単に失われます。まず、播種日に従ってバッグを配置することをお勧めします。

花作物の播種日

カレンダーの日付花作物
1月の第4週-2月の第1週 シャボカーネーション、球根ベゴニア、フクシア、ヘリオトロープ
2月のIV週 ヴィオラ(5月中旬から開花用)、シネラリア、スターチス
3月のI-IV週 スイートピー、ドラモンドフロックス、オールスパイスタバコ、カッコウアザミ、アリサム、ハゴロモギク、アスター、バーベナ、ガザニア、ハイビスカス、チャイニーズカーネーション、ゲリクリズム、コヒジャ、レブコイ、ロベリア、スナップドラゴン、シソ、ペチュニア、サルビア
4月のI-IV週

マリーゴールド、ジニア、アマランサス、バルサムバルサム、ウォーラーズバルサム、アクロクリナム、一年生ダリア、観賞用キャベツ、コリウス、ケイトウ、菊一年生

鉢植え(早咲き用):キンレンカ、ネメシア、ラバテラ、短翅目、ゴデチア、ムレゴチョウ(ムレゴチョウ)、燃えるような小豆、装飾的なカボチャ、エキウム

5月のI–II週 地面に蒔かれる:ミグノネット、カスミソウ、毎年恒例のフロックス、ルパン、コスメア、ハルシャギク、ポポブニク(一般的なヤグルマギク)、リクニス、ナスタチウム、アスター、マリーゴールド、アサガオ
6月のIII-IV週 地面に蒔かれる:ワスレナグサ、デイジー、パンジー、マトロンのイブニングパーティー(ヘスペリス)

クッキングポッティングミックス

秋には、苗を蒔き、苗を摘むための土壌混合物も準備します。もちろん、花を育てるのに既製の土壌を使用することもできます。今日、園芸用品センターでは多種多様なものを提供しています。ただし、経験豊富な栽培者は、自分で培養土を準備することを好みます。それらの組成はわずかに異なる場合がありますが、原則として、それらは芝(または葉の多い庭)の土壌、泥炭、腐植土、砂で構成されています。これらのコンポーネントの最適な比率は2:2:2:1です。ただし、元の品質によって異なる場合があります。

芝地は次のように用意されています。牧草地では厚さ約5cmの芝の層が取り除かれます。芝のストリップは草でひっくり返され、小さな山に積み重ねられます。 1〜2年後、草が腐った後、もろくて栄養価の高い土壌が得られます。しかし、そのような土壌を準備することは長くて困難です。したがって、その代わりに、葉の多い土壌を使用できます。落葉樹の下からの土壌の最上層、または(庭師によって実際に最も頻繁に使用される)尾根または温室からのよく栽培された構造的な庭の土壌です。

混合物には、低地で緩い、粉砕された泥炭を使用することをお勧めします-それは暗い色と比較的密度の高い均質な構造を持っています。緩くて薄茶色の高湿原泥炭(腐っていない繊維がたくさんある)を使用すると、混合物は緩くなります(砂を追加することはできません)が、石灰処理が必要です。高湿原の泥炭は酸性反応を示します。

土壌混合物を調製するための腐植土は、不快な臭いがなく、十分に腐敗し、緩んでいる必要があり、砂はきれいで、粗く、何よりも川である必要があります。最近では、土壌混合物に砂の代わりにアグロパーライトがよく使われています。

石灰、チョーク、またはドロマイト粉も酸性土壌(pH 4.8未満)に添加されます。酸性度に応じて、混合物10 lあたり10〜20gです。

混合物は現場で準備され、すべてのコンポーネントが適切な比率でヒープに注がれます(バケツまたはシャベルで数えることができます)。すべての構成要素を含むパイルをよく混合し(シャベルをある場所から別の場所に2〜3回振りかける)、庭のスクリーンでふるいにかけます。完成した混合物は、バッグまたは閉鎖ボックスに注がれ(保管中に乾燥しないように)、納屋やロッジアなどの便利な場所に保管されます。

必需品の世話をする

種まき箱は店頭で購入するか、薄い板から自分で組み立てることができます(かなり重いことがわかりますが)。もう1つのオプションは、穴の開いたプラスチック製の果物と野菜の箱を使用することです。これらは、どの市場や食料品店でも簡単に見つけることができます。そのような箱の底と壁は、地球が穴にこぼれないように紙(数層の古い新聞)で裏打ちされています。苗を育てるのに再利用した箱を消毒剤で丁寧に消毒します。

植え付けシーズンが始まる前に、シードボックス、苗カセット、ラベル、噴霧器、および必要な化学物質の購入に注意する必要があります。店舗からラベルを購入したり、明るい色のプラスチックのストリップ(またはアイスクリームスティック)を使用したりすることもできます。カセットとポットは、栽培植物の要件に応じて、セルの直径が1〜10cmのプラスチックに最適です。苗の噴霧や散水には、さまざまな噴霧器(手からナップザックまで)や、噴霧器に細かい穴のあるじょうろを使用できます。作物や苗に水をやるには、ふたに千枚通しで穴を開ける通常の1〜1.5リットルのペットボトルが便利です。

また、次のものも購入する必要があります:肥料-ミネラル複合体(容易に溶解-ケミラ、フェルティカ、ニトロホスカなど)、窒素(尿素、硝酸アンモニウム)、液体複合体(フォルテ)、バイオ肥料(バイオフムス、フミン酸塩など)、有機(ティンクチャーミュレイン);成長刺激剤(エピン、ジルコン、根など);殺菌剤消毒剤(ファウンダゾール、マキシムなど)。

播種方法

種を蒔く1〜2日前に、6cm以上の層で箱に土を注ぎ、箱の上端まで1〜3cm残します。事前に埋める必要はありません。シードボックスに保管すると、土はよく乾きます。穴のない箱を使用する場合は、排水が必要です(箱の底に3〜5cmの膨張した粘土の層が注がれます)。土壌は事前に蒸すことができます(電子レンジまたはオーブンで加熱します)。ただし、実際にはこれを行うのは困難であり、殺菌剤溶液をこぼして消毒する方が簡単です。実践が示すように、この目的のために過マンガン酸カリウムまたは沸騰水を使用することは効果的ではありません。

プラスチック製の果物の木枠

紙で裏打ち

土を箱に注ぎ、

表土はふるいを通してふるいにかけられます

こぼれた土が乾いたら(少し湿った状態になります)、その表面を緩め、注意深く平らにし、板(合板、プラスチック)で少し圧縮する必要があります。いくつかの作物や品種を箱に播種する場合は、溝を作ります(箱のマーカー、定規、または側面に向けられた木製のラベルを使用します)。同種の種を蒔く場合、溝を作る必要はありません。

播種前に土をこぼす

殺菌剤溶液

土は緩み、平らになり、わずかに

コンパクト、必要に応じて

畝間播種

大事です!播種直前に殺菌剤で種子を処理します。これを行うには、必要な量の種子を紙袋に注ぎ、そこに少量の粉末殺菌剤(ナイフまたはラベルの先端)を追加し、袋を閉じて振ってください。殺菌剤を含む化学薬品、ゴム手袋、呼吸器、またはガーゼ包帯を使用する必要があります。

種は溝に沿って播種されます

その後、作物はマークされます

作物に土を振りかける

ふるいで

種は、厚くではなく、溝に播種されるか、散らばっています。作物、品種、播種日を示すラベルをすぐに貼ってください。作物に成長物質(エピンなど)の溶液を振りかけることをお勧めします。非常に小さな種子(ベゴニア、ロベリアなど)は土で覆われていません。大きな種子は、種子の約3〜4倍の大きさの基質の層で覆われています。次に、噴霧器から作物に注意深く水をやり、被覆材または紙で覆い、これらの作物に必要な温度(通常は18〜22°C)で発芽させます。ほとんどの花の作物は種子の発芽に光を必要としませんが、種子が光の中でのみ発芽する種があります(たとえば、コキア)-作物の入った箱は透明なフィルムまたはガラスで覆われています。

作物は注意深く水をやり、覆われています

カバー材または紙

苗の手入れ

作物は毎日監視され、必要に応じて水が噴霧されます。表土は常にわずかに湿っている必要があります(ただし、湿りすぎないようにしてください)。最初の芽が現れると、彼らはすぐに紙を取り除き、箱を明るい場所に置きます。 3月から4月の終わりには、明るい窓枠、暖かいロッジアのテーブルなどになります。冬には、ほとんどの作物に十分な自然光がないため、苗や苗の入った箱は、植物を照らすための特別なランプを備えたラックに置かれます。

苗木と苗木は綿密に監視され、適度に水を与えられ、土壌の乾燥と目詰まりの両方を防ぎます。病気の最初の兆候、特に「気腫」では、病気の植物が取り除かれ、水やりが減ります。土の表面を乾かした後(箱の端に沿ってのみ水をやることができます)、乾いた細かい煆焼砂、砕いた石炭、または灰をその表面に振りかけます。病気の蔓延を止めることができない場合、残りの苗木は殺菌剤で処理された新鮮な土壌に飛び込みます。

苗摘み

実生に1〜2枚の本葉が現れると、摘み始めます。ほとんどの作物では、5〜8cmのカセットが最適です。クルプノマー(ヒマシ油、コヒジャなど)は、8〜10cmの鉢に飛び込みます。球根ベゴニアなどのゆっくりと成長する小さな種子の作物は、最初は1〜2 cmのカセットに、次に8〜10cmのポットまたはカセットに2回潜ります。

Podkomkaと水やりの苗

ピックの1週間後、苗の給餌を開始します。それらは、週に1回、朝または夕方に、複雑なミネラル肥料(ニトロホスカ、水溶性ブランドのケミラ、フェルティキなど)の溶液で植物に水をやる、または液体の溶液で水をまくのと交互に給餌することで行われます。有機肥料(マレイン注入、フミン酸塩)。植物の薄緑色の葉が薄すぎる場合(このサンプルの品種の特徴は例外です)、複雑な肥料を窒素肥料(硝酸アンモニウム、尿素)に1〜2回置き換えることができます。特に窒素肥料を与えた後、葉のやけどを防ぐために植物にきれいな水を与える必要があります。

成長が遅い場合、苗は成長刺激剤の溶液で処理することもできますが、これは適度に行う必要があります。過度の刺激(ちなみに、摂食など)は悪影響を与える可能性があります-苗の倒伏、そして線量が高すぎると、それはその死につながる可能性があります。植物が十分に根付いた後(摘み取ってから1〜1.5週間後)に苗に十分に水をやりますが、比較的まれですが、水やりの間に土壌をわずかに乾かします。鉢の土の表面は定期的に緩められ、雑草を取り除き、密な土壌クラストの形成を防ぎます。

スイートピーヴィラローマホワイト

播種すると早く咲きます

3月の後半に、

コンパクトで、鉢に最適、

庭とパティオのコンテナ

ペチュニアF1ウラジミールクロス、ミックス

ブルーベリーブラックのコンパクトな植物

サーモンピンク、

たっぷり咲く

そして長い間