なすは長寿の野菜です

それらが含む物質の生物学的活性のために、ナスの使用は多くの器官の状態と私たちの体の多くのシステムの機能にプラスの効果をもたらします。

「青」-これは人々がこれらの素晴らしい果物を呼んだ方法です。しかし、ナスの色の多様性ははるかに豊富です。珍しい名前-「インディアンベリー」-はその起源を示しています。インドでは、ナスは紀元前1千年紀の早い時期に文化で知られていました。

さまざまな種類のナス

古代ギリシャ人とローマ人はヨーロッパ諸国のナスについて知っていました。しかし、彼らはそれらを「怒りのリンゴ」と呼び、それらを食べることは狂気につながると考えました。この偏見は非常に持続的であり、ヨーロッパでのナスの普及を長い間遅らせたことが証明されました。そして、インド人が広くナスを栽培していたアメリカの発見によってのみ、ヨーロッパ人はそれらに注意を払いました。ナスは17世紀からロシアで知られています。

ナスは、ビタミンや特に重要な生化学的化合物の含有量に関して野菜の記録保持者ではありません。しかし、それらは多くの異なる栄養素を含んでいます。ここと砂糖、タンニン、ペクチン、繊維、タンパク質。

なすは生のときはきのこの匂いがし、揚げると子牛の匂いがします。消化液の分泌を高め、食欲を増進させるこのような特定の味は、ナスに高含有量のカリウム塩、タンニン、および抽出物を与えます。

ナスに含まれるカリウム塩の含有量が高い(最大265 mg%)と、体内の水分代謝が正常になり、心筋の働きが改善されます。なすや銅塩が豊富です。

ナスには多くのペクチン物質が含まれており、少量のビタミンC-5 mg%、B1-0.04 mg%、B2-0.05 mg%、PP-0.6mg%が含まれています。ナスのミネラルのうち、カリウムに加えて、かなりの量のナトリウムがあります-6 mg%、マグネシウム-10 mg%、カルシウム-13 mg%、リン-21 mg%、鉄-0.4 mg%、亜鉛、コバルト。

ナス

ナスの体への治癒効果はさまざまです。それらは、アテローム性動脈硬化症、痛風の患者の栄養において、そして一般的に高齢者および高齢者にとって特に価値があります。

これらの目的のために、茄子の煮物、丸ごと、またはピューレを1日1回、30〜40 gから始めて、食事の20〜30分前に1日1〜2回100gまで徐々に増やします。

そして冬には、彼らは乾燥ナスの煎じ薬を飲みます。これを行うには、大さじ1杯の乾燥ナスにコップ1杯の沸騰したお湯を注ぎ、水浴に30分間入れて濾します。食事の30分前に0.3カップを1日3回点滴してください。

これらの野菜を食品に長期間継続的に使用することで、血液や血管壁のコレステロール値をほぼ半分に減らすことができます。

ナスは繊細な繊維によって区別され、これは消化プロセスに有益な効果をもたらし、胆汁分泌を大幅に改善します。そのため、東洋では茄子は「長寿野菜」と呼ばれています。

多くの国の料理で受け入れられているナスの使用は、脂肪の多い肉料理のおかずとして非常に便利です。したがって、肝臓や腎臓の病気、胃腸管に苦しんでいる人のメニューにナス料理を含めることをお勧めします。なすは便秘にも役立ちます。

ナスは水分代謝を正常化し、心血管疾患の発症を防ぎ、それらに関連する浮腫に役立ちます。そして、ナスに豊富に含まれる銅は、造血に有益な効果をもたらします。

ナスは尿路結石の治療効果があり、体からの尿酸塩の排泄を促進し、生のナスのジュースは強い植物殺虫特性を持っています。しかし、ナスは貧血の子供や妊婦に特に役立ちます。また、炭水化物がほとんど含まれていないため、糖尿病やあらゆる原因の浮腫にも役立ちます。

ナスは血糖値を下げるのに役立つので、糖尿病患者に推奨されます。彼らの助けを借りて、彼らは痛風も和らげます-彼らは尿酸が血液や体内に蓄積することを許しません、それの過剰はこの病気の発症の理由の1つです。

一般的に、ナスは痛風の治療に長い間使用されてきましたが、公的医療では、患者が効果的な食事療法としてナスを使用することを推奨しています。

ナスには多くの繊維が含まれており、蠕動運動を促進します。さらに、繊維繊維は胆汁分泌を改善し、体から有毒な代謝産物を取り除きます。

歯を保護するために、粉末状の焦げたナスで絶えず歯をきれいにすることが有用です。このツールは、老後まで歯を白く健康にします。

ナス

なすの果実には有毒なアルカロイドのソラニンが含まれており、苦味があります。果実が熟すにつれて、果実中のその含有量は増加します。ナスは、熟しすぎないように、技術的に成熟した段階でのみ食品に使用する必要があります。したがって、青(紫)から茶色に色が変わり始めた熟れすぎたナスは、食べることをお勧めしません。

ソラニンによる中毒の場合、吐き気、嘔吐、下痢、腸疝痛、けいれん、息切れが発生することがあります。医者が到着する前の応急処置-ミルク、粘液スープ、卵白。

ナスを絶えず使用することで、禁煙したい人がより早く簡単に禁煙できることを誰もが知っているわけではありません。事実、ナスにはナイアシンが含まれているため、禁煙に伴う不快感に耐えることが容易になります。

多くの主婦がナスを誤って調理し、その有用性をすべて否定していることに注意する必要があります。結局のところ、揚げて漬けたナスは何の利益ももたらさず、消化を妨げません。

調理する前に、スライスしたナスを少し塩漬けにして30分間放置してから、ジュースを排出してすすいでください-これは苦味を残します。

最高のナス料理は冷たいキャビアです。オーブンで焼いた茄子を皮をむき、みじん切りにし、ハーブと混ぜ合わせます。パセリ、ディル、セロリ、玉ねぎ、にんにく、トマトを加えます。そのようなキャビアは製品のすべての有用な特性を保持しており、その使用は多くの病気の治療効果があります。

も参照してください 生茄子キャビア「オデッサ」。

「ウラルガーデナー」2017年第23号