植物の散水規則

それ自体では何も成長しないことはよく知られています。栽培植物には注意が必要であり、その最も重要な活動の1つは水分の供給です。十分な水はすべての植物の基本的な要件の1つであり、これは夏の間は特に重要です。水は土壌中の栄養素と微量元素を溶解し、土壌溶液として植物の根に利用できるようにします。それは植物組織の一部です;多くの作物は95-97%が水です。水分の長期的な不足は成長抑制を引き起こし、病気の発症を引き起こし、しばしば植物の死につながります。水分は、植物が最も活発に成長する時期、つまり初期成長、開花、果実形成の時期に特に必要です。この時点で植物の水分が不足していると、収量が大幅に減少し、多年生作物の場合も、水が不足しているため、花芽がうまく生えず、来年は確実に実を結ぶため、翌年も収穫量が減少します。したがって、自然の水分が不足している場合は、定期的に水を補給する必要があります。これは、あらゆる種類の作物の世話に必要な手段です。

庭師が厳守しようとするいくつかの確立された散水規則があります。しかし、すべてが本当にこれらのルールが述べている方法ですか?特に、それは主張されています

1)それほど頻繁ではありませんが、豊富に水をやる必要があります。土壌の表層に水が残っており、植物の根が利用できないため、毎日少しずつ水をやるのは意味がありません。さらに、水は表面から急速に蒸発し、植物はそれを失います。散水するときは、深さ20〜25 cmの水分で土壌を飽和させて、根の深い層のレベルで水が飽和するようにする必要があります。この場合、乾燥した土壌表面であっても、植物の根は湿った土壌環境にあり、一時的な水分不足に悩まされることはありません。しかし、多くの花や観賞用作物では、根系は土壌の上層の浅い位置にあり、そのような植物は深い層からの水分を利用できないため、表面の乾燥は非常に危険です。 。したがって、水やりの速度と頻度は、作物の種類と植物の根系の深さに依存します。

2)多くの作物は湿気に非常に敏感であり、真菌性疾患の発症と発症を引き起こすため、作物は根で水をやり、水が植物の根の領域に直接供給され、葉や芽を傷つけないようにする必要があります。確かに、ペチュニアやトマトなど、葉の水やりに苦しむ植物はたくさんあります。したがって、私たちはこの声明に同意することができますが、ただし、水分を好む植物もあります。これは、逆に、土壌と空気の両方の高湿度を必要とするため、葉に水をやるだけです。

3)水やりに最も適した瞬間は、地面が一晩冷えて露で湿り、気温が高くない早朝です。暖められた土と熱気は望ましくない水分の蒸発を引き起こしますが、夕方の時間も水やりに適しています。特に暑い日には、太陽の下で水をやる必要はありません。そのような水やりは役に立たないだけでなく、植物に害を及ぼす可能性があるからです。これは、水温と太陽の下で加熱された葉と根系との間に生じるコントラストが植物に衝撃を与え、その発育を阻害する可能性があるという事実によるものです。さらに、太陽の下で植物の葉や茎にある水滴はレンズとして機能し、植物組織に火傷を負わせたり、葉板を損傷させたり乾燥させたりする可能性があります。

それでは、反対側から見てみましょう。水は植物で起こるすべての生理学的プロセスの実施に必要な成分です:光合成、有機化合物の動き、土壌溶液の形でのミネラルの吸収、そして水はまた葉の表面からの蒸発によって植物の温度を調節します。

したがって、太陽が明るく輝いていて光合成が最も激しい日中は、植物は何よりも水を必要とします。研究は長い間行われており、日中の水やりはより良い植物の成長と収量の増加を促進することが証明されています。しかし、庭師は科学文献を掘り下げて、科学者によって得られた結果をチェックする時間がありません。ほとんどすべての人気のある出版物は、過去30〜40年間に得られた結果を無視して、戦後の期間に開発された方法を推奨しています。

実は、朝に植栽に水をやると、植物は水分を吸収して弾力性があります。太陽が昇ると、結果として生じる水は急速に蒸発し、葉は垂れ下がり、植物は膨圧を失い、私たちの苗のすべての努力はその回復に向けられます。植物は水分不足と過熱によりストレスを受け、光合成の強度が急激に低下し、その結果、収量が減少します。夕方の水やりは膨圧を回復しますが、太陽はすでに沈んでおり、光合成のプロセスは停止しています。さらに、夕方の水やりは、葉の気孔の開放、湿度の上昇、気温の低下を促進し、寄生真菌の胞子の拡散に有利な条件を作り出します。ストレスによって弱体化した植物は、それらに抵抗することができません。その結果、収穫を維持するために、私たちの植栽は殺菌剤で処理する必要があります。

日中に植栽に水をやったりスプレーしたりすれば、これによって植物が膨圧の喪失や水分不足による過熱から保護され、植物が最も生産的に太陽光を使用できるようになります(十分な量の水で、光合成日中は非常に集中的です)。この場合、植物の成長と作物の形成にそれぞれ必要な大量の有機物質が葉に合成され、果物と野菜のサイズと味、そして植物上でのそれらの量が大幅に増加します。

太陽の下の水滴がレンズとして働き、火傷を引き起こすという記述についても、根本的に間違っています。雨が降った後、太陽の下で葉のやけどが現れないのはなぜですか?それどころか、植物は新鮮で弾力性があるように見えますか?さらに、火傷を起こすには、十分に長い時間(少なくとも数分間)、ある時点で太陽光を集中させる必要があります。そして、これは葉の水滴ではできません。第一に、太陽の下で、また風の存在下で水が蒸発し、液滴のサイズが急速に減少し、長時間、ある時点で太陽光を集中させる時間がありません。第二に、地球の自転によって太陽の光線が当たる角度も常に変化しているため、これらの光線が一滴の水によって集中する点は絶えず変化しています。したがって、火傷は、太陽光線によって引き起こされる場合、葉ではそれほど珍しくなく、植物に寄生する真菌によって引き起こされる丸い斑点ではなく、細長いストリップの形である必要があります。

もちろん、植物の個々の特性を考慮に入れる必要があり(上記のように)、それらのいくつかは、葉に水がつかないように、根で水をまく必要があります。しかし、一日の最も生産的な時間に植物から水分を奪うことは単に愚かです。

もちろん、「葉の上」に水をやる場合は、16〜17時までにこれを行うことをお勧めします。そうすれば、植物は夕方まで乾き、病気の発症を引き起こしません。

さらに、植物に水をやるときに考慮すべき多くの要因があります。散水頻度は、土壌構造、水分を保持する能力、気象条件、および特定の作物の水分要件に依存しますが、これらは大きく異なる可能性があります。あらゆる種類の作物に水をやるのは、可能であれば、いくつかのステップで徐々に、すでに水をやった場所に数回戻す必要があります。これは、水分が地面に完全に吸収され、柔らかくなり、新しい部分の水を受け入れるようにするために必要です。水をやる瞬間を逃さないことが重要です。根の生息地の土壌は湿っていて、追加の水分を必要としないため、乾燥した土壌表面は必ずしも水やりの必要性を示しているわけではありません。

土壌に水分を与えるだけでなく、それを保持するのを助けることも非常に重要です。土壌の水分を保持するための最も証明された方法は、水やり後に土壌をマルチングして緩めることです。有機物で作られたマルチング層は、土壌水分を閉じ込め、土壌表面からの蒸発を大幅に減らし、土壌を長期間緩く湿った状態に保ちます。緩めると、下層からの水が土壌表面に上昇して蒸発する細い毛細管が破壊されるため、土壌水分の蒸発も大幅に減少します。散水後に土壌が緩むと、下層と表面の結合が破壊され、毛細管が回復するまで土壌カラムに水分が残ります。したがって、緩めることは、土壌を酸素で豊かにし、そのアクセスを容易にするだけでなく、十分に安定した土壌水分を維持するのにも役立ちます。

結論として、私は、一般的なステレオタイプを盲目的に信頼すべきではないと言いたいと思います。植物だけでなく、自分自身の生活を楽にするために、新しい科学技術の発展を追い、実際に適用する必要があります。一例として、点滴灌漑などの開発が挙げられます。これにより、他のすべての灌漑方法に特有の大きな変動なしに、成長期の土壌の根層の含水率を最適なレベルに維持できます。さらに、この灌漑方法は水の消費量を大幅に削減し、他の灌漑方法に比べて多くの利点があります。

現代の灌漑システムに関する記事を読む

サイトのシンプルな灌漑システム

サイトの日曜大工の自動散水

「Volia」社の灌漑システム