バラを覆う

ローズアンジェリーク

11月はバラを保護する月です。今年は意外と暖かくて雨が降っていましたが、これらは避難所に適さない気象条件です。すでに雨が降り、気温が-5〜-7℃に下がる乾燥した天候でシェルターを実行するのが最善です。低い凍結温度はバラに害を及ぼすことはありませんが、逆に、バラを和らげます。バラは-8°Cまでの霜を恐れず、通常通りに耐えます。 -10 ... 15°Cの霜は、特に雪の毛布なしで覆われていない新芽や土壌に突然当たった場合、より危険です。それでも、天候が乾燥していたので、10月30日にバラを覆いました。

この記事では、バラのすべてのグループの避難所の理論的側面には触れませんが、私の経験を共有します。私の夏のコテージは、トヴェリ地方とプスコフ地方の境界にあります。私は1999年以来、バラを育ててきましたが、この間、さまざまな隠し方を試しましたが、バラはさまざまな気候の問題に陥りました...しかし、まず最初に。

モスクワのテプリチニー州立農場の清算中にそれらを掘り起こした私の仕事に対して、3種類のハイブリッドティーローズ(枢機卿、ソーニャ、アンジェリカ)が私に授与されました。したがって、彼らは最初は温室条件で成長し、一度オープングラウンドになると、雨、風、霜など、これまで経験したことのないものに適応することを余儀なくされました。枢機卿を除いて、これらは主に根付いたバラでした。このバラは接ぎ木され、私が得た標本は、接ぎ木場所の状態から判断すると、3〜4歳でした。オープンフィールドでの彼らの長寿について、残念ながら、私は大きな疑問を抱いていました。赤い眼鏡をかけて、枢機卿は3年間だけ私たちを喜ばせました。しかし、根付いたソーニャとアンジェリカは今でも生きて繁栄しており、私の家族全員が信じられないほど幸せです。

9つの植物すべてが窓の下に植えられました。地下水は私たちのすぐ近くにあり、砂質土壌のある唯一の高地であり、非常に良い場所にあります。家を離れることなくバラを眺めることができます。そのため、土壌は緩く、大雨の際の水の停滞はなく、春に急速に溶けて暖まります。区画は開いており、バラの家からの日陰は1日3時間以内しか続きません。

冬用のバラの準備は、いくつかの段階で構成されています。

 

トップドレッシング

冬の多年生植物の準備は、早くも7月中旬に始まります。この時期、すなわち7月15日から窒素肥料の施肥をやめ、新芽を正常に成熟させるために灰と一リン酸カリウムで施肥を開始し、秋の根の活発な再成長が見られました。最後の給餌は10月中旬に行われます。

ブルームコントロール

花びらが落ちた後、すべての花を切り落とし、種子が成熟するのを防ぎます。それらを残すと、バラは種子に多くのエネルギーを費やし、それが植物を大幅に弱体化させ、冬の耐寒性を低下させます。 9月末までバラを咲かせ、10月に出てきたつぼみをすべて取り除きます。

土壌水分管理

避難所の1ヶ月前の10月、秋が乾いたら、間違いなく1茂みあたり30リットルの水を充電する灌漑を行っています。秋が雨の場合は、バラの上にフィルムのテントを作り、過度の湿気から土壌を保護します。

葉を取り除く

剪定の前に、ケアの規範に従って、毎年、硫酸銅または別の銅含有製剤を葉にスプレーする必要があります。私はこれらの推奨事項を順守していません。夏の間は生物学的製剤、特にフィトスポリンと適切な農業技術を使用することを好みます。そうすれば、バラの病気は少なくなります。芽の葉は必ず取り除く必要があり、落ち葉を地面に残すことはできません。さらに、葉の多い芽を覆います。 2005年の10月上旬にしかバラを覆うことができなかったのはもちろん早いのですが、後で現場に来る機会がなかったので、とても悲しい経験をしました。 10月は暖かく、葉は再び成長していました。2006年の春、バラを開いたとき、私は腐った黒い葉と黒い菌糸体が咲く黒い芽を見ました。彼はすべてをきれいにし、硫酸銅で処理しました。減衰はバラに悪影響を及ぼし、成長は遅くなり、開花は遅くなり、悪化しましたが、それでも生き残りました。

剪定

また、10月中旬から新芽を剪定します。切断高さは実験的に選択されました。私がそれを高く切って、40cmの長さの芽を残し、各茂みの上に箱を置き、乾いた泥炭、葉、削りくず(手元にあった)で満たすと、芽はかなり凍りつき、私は短い剪定をしなければなりませんでした春に。ちなみに、削りくずで満たされた鉄のバケツの下では、同じ削りくずが入った木箱の下よりもバラの越冬が悪く、新芽のより強い霜が見られました。これは、金属が木よりも速く凍結し、その下が冷たくなり、芽がより損傷するという事実によるものです。金属製のバケツの使用は断念しなければなりませんでした。

短い秋の剪定バラ

しかし、木箱の下で薔薇が冬眠する方法は私には合いませんでした。冬以来、ひどく傷んで出てきたので、15〜20cmカットしなければなりませんでした。春の剪定は不合理な労力でしたので、短い剪定を始めました。さて、秋から20〜25cmの長さの芽を残し、箱を使わなくなったので、その必要性はなくなりました。そのような短い剪定で、それで芽を完全に覆って、地球の丘を注ぐのに十分です。乾いた土を使うのが良いですが、事前に準備していない場合は問題ありません。湿った土を使うこともできます。ただし、粘土質土は使用せず、砂質土のみを使用してください。乾いたおがくずの半分のバケツを生の土の1つのバケツに追加し、完全に混合します-そして混合物は準備ができています。各茂みに2〜2.5個のバケツを注ぎます。私はこのように8年間バラをカバーしてきましたが、その結果に非常に満足しています。

 土とおがくずの混合物から作られた塚

 

雪の保持

冬の間にバラに雪を降らせることができれば、特に雪の保持に問題はありませんでした。雪が高所から吹き飛ばされることもありましたが、常に新しい雪の吹きだまりがその上に投げかけられました。さて、冬に田舎に住んでいないときは、これに気を配る必要があります。古典的な手法は、トウヒの枝を使用することです。でも正直、クリスマスツリーを切ってごめんなさい。隠しませんが、同じ目的で他の材料、つまりラズベリー、よもぎ、マザーワート、さらにはイラクサの茎を使おうとするまで、これを数回行いました。得られた土墳にそれらを投げるだけで十分です。

雪を保持するためのよもぎの茎

 

なぜ避難所は土とおがくずの混合物で良いのですか?

  • 第一に、それを作ることはそれほど難しくなく、バラをこの混合物で満たすのにそれほど時間はかかりません。
  • 第二に、シェルターは密集しておらず、フィルムも屋根材もルトラシルも使用されていません。つまり、それを使用すると、時間内に密集したシェルターを取り外さなければ、春に換気口を作り、解凍でバラを開き、春の減衰を心配する必要はありません(そして実際に示されているように、それはそれは、そして凍結からではなく、ほとんどの場合、バラは死にます);
  • 第三に、土壌の解凍は均一に進行し、解凍された土壌の層を通して、それらが開くのが遅い場合、屋根の下のフェルトの下で暗闇の中で苦しむよりも、シュートが突破しやすいです。芽を解放することにより、解凍した土壌を茂みから振り落とすのは非常に簡単です。私はこの土地をすぐに取り除くことはしませんが、約2〜3週間放置し、茂みの下に均一な層に分散させます。これにより、雑草の発生が抑制されます。
  • 第四に、芽は霜によって実質的に損傷を受けておらず、先端だけがわずかに凍結します。

避難所は見た目があまり良くないかもしれませんが、最終的な結果は私にとって重要です-そしてそれは私にぴったりです。すべての人にとっての機会は異なり、避難所には多くの選択肢があります。誰もが最高の効果をもたらすものを選択して適用できるようにします。一年中、バラの美しさと香りを楽しんでいます。 1つの花柄に20〜23個の芽があります-これは忘れられない光景です。私がバラを育て始めたとき、近所の人たちは私がここでは育たず、冬も育たないと言って私を思いとどまらせました。でも今、私の成功を見て、家にバラを植えて、アドバイスを求めてきました。

私の経験があなたにも役立つなら、私はうれしいです。