多年生のタマネギの蛾

近年、装飾的な庭は非常にファッショナブルになっています。そして、それらを作成するときに、多年生の装飾的な弓を忘れない場合、弓は夏の花壇で最も魅力的な植物の1つであるため、成功が保証されます。

さらに、花壇のタマネギ科の代表者は現在、最も名誉ある場所を与えられています。装飾的な弓は、その魅力的な葉と花序のために花の栽培者の愛を得ています。彼らはしばしば他の観賞植物とのグループで使用されます。しかし、色、質感、高さが異なる多種多様な装飾的な弓に基づいてのみ、さまざまな弓の花から花壇に珍しいパターンを作成することは、はるかに興味深いことです。

彼らの色とりどりの花は、日陰のコーナーや高山の滑り台で見栄えがします。装飾的な弓の最も一般的な色は、紫、ライラック、ライラック、ピンクです。しかし、黄色い花を持つ種があります。これらの「奇跡の弓」の1つは蛾のタマネギです。

蛾の玉ねぎ

蛾玉ねぎ(アリウムモリー) ゴールデンガーリックとしても知られ、タマネギ科の多年生植物です。それは北半球全体に成長します。ヨーロッパとロシアでは、観賞用植物として使用されています。その野生の形では、それは日陰の森や湿気の多い場所、そして平野からヨーロッパの地中海地域の中山帯までの石灰岩に見られます。 「蛾」という具体的な名前は、タマネギとはまったく関係のない、正体不明の地元のハーブのギリシャ語の名前に由来しています。

美しく育ちやすい観賞用タマネギです。長くて平らな槍の形​​をした灰色の葉が幅4〜5 cmあり、中心静脈に沿って折りたたまれて曲がっています。花は星状で、かなり大きく(約1 cm)、黄色の花びらが外側にあり、中心静脈に沿って緑色の縞模様があり、長さ2cmまでの小花柄にあります。それらは、低い茎(25-30 cm)にある、直径4-6cmのゆるい半球形の傘花序に集められます。

花は平らな青緑色の葉とよく合い、長い間装飾効果を保ちます。このタマネギの開花は6月中旬に始まり、15〜25日間続きます。

再生

タマネギの蛾は、赤ちゃんの球根で植えられて繁殖しますが、成虫の球根ではそれほど頻繁ではありません。数歳になると自由に育つ植物がたくさんの子供を産み始めますので、花壇にすでに成虫の茂みがあれば、すべてが簡単になります。

蛾のタマネギの種子繁殖は、実生が小さくて弱いという事実によって妨げられ、結果として生じる植物は、球根が十分な質量に成長した2〜3年後にのみ開花することがよくあります。

植え付けと分割は、タマネギが根付く時間を確保するために、春と秋(8月末)に乾燥した葉の段階で、涼しい天候で、9月10日までに行う必要があります。

成長している

このタマネギは停滞した水を絶対に許容せず(特にローム質土壌の所有者はこれを考慮に入れる必要があります)、肥沃で水はけが良く、適度に乾燥した土壌から適度に湿った土壌を愛するという事実を考慮して、植え付け場所を選択する必要があります日当たりの良いエリア。

蛾の玉ねぎ

貧しい土壌では、植える前に少しよく腐った肥料を加えることができます。しかし、過剰な有機物がすべての球根状のものに利益をもたらすわけではないことを覚えておく必要があります。彼らは、新鮮な肥料や鶏の糞を与えることを絶対に容認しません。

蛾のタマネギは、日当たりの良い場所と部分的な日陰の両方に、たとえば光を透過する木の下に植えることができます。植え付けパターンは10x10cmですが、球根が大きい場合は、それに応じて距離が15x15cmに増加します。

ケアは軽い水やりで構成されています。この山の植物は、停滞した水分を許容しませんが、土壌の乾燥に対する反応も悪いので、これは許可されるべきではありません。

植物は4〜5年ごとに植え替えられます(ただし、毎年植え替えることができます)。これにより、結果として生じる肥厚がなくなります。乾燥した葉の段階で移植され、植え付け深さは3球根の高さです。開花後、花序は通常除去されます。

蛾のタマネギは、完全な太陽と部分的な日陰で繁栄する気取らない植物です。縁石と高山の滑り台の両方に適しています。ちなみに、蛾のタマネギの場合、擁壁にニッチを残すことができます。オストロフスキーの弓、チャイブなど、すべての低多年生の弓はそれらの中で心地よくなります。

蛾の玉ねぎ

よく育ちますが、他の種類のタマネギと同様に、開花期に葉が黄色になり始めるという欠点があります。

そして最後に。蛾玉ねぎは、独自の組成物を作るのに十分効果的です。覚えておくべき主なことは、タマネギは大量植え付けで見栄えがよく、庭で迷子にならないということです。タマネギは25-30のグループで植えられます。さらに、他の装飾的な弓と組み合わせることができ、非常にエレガントな花壇を手に入れることができます。

「ウラルガーデナー」、No。38、2015