アドニス:薬効成分とレシピ

この植物は、世界の多くの国の薬局方に含まれています。薬局にはそれからの既製の準備がたくさんあります。そして、漢方薬の流行に関連して、彼らはそれをミントまたはバレリアンとして家庭で使用し始めます。しかし、それがどれほど安全かを理解してみましょう。アドニスは心臓治療薬に属しており、これらの植物のほとんどは過剰摂取の場合に非常に有毒です。この声明はアドニスにどの程度当てはまりますか?

春のアドニス

世界には悲しい話はありません...

ロッドアドニス (アドニス) 30種以上あり、中には赤い花が咲くものもあります。したがって、その外観についての伝説。神話が言うように、アドニスはキプロス、キナリス、ミラの王の息子でした。彼が生まれたとき、愛の女神アフロディーテは彼の美しさに喜び、子供を誘拐し、棺に隠し、冥界の王の妻であるペルセポネに棺を託しました。ペルセポネも彼が本当に好きで、彼女は赤ちゃんをアフロディーテに戻すことを拒否しました。いつものように、女性間の論争は男性-ゼウスによって、そしていつものように-私たちとあなたの両方によって解決されました。彼の決定によると、アドニスは一年を地上の生命と冥界の間で分けなければなりませんでした。

陸上では、アドニスはしばしば山で狩りをしました。かつて、狩りをしていると、イノシシの形をした猛烈な神アレスに襲われました。アドニスは亡くなり、アフロディーテは恋人を悼み、キプロスの山々に彼を葬りました。そして、彼らが彼を永遠に思い出すように、彼女は命じました:若い男性によってこぼれた血の滴を美しい花として地面から発芽させてください。

春のアドニス

しかし、この列の中には、不吉な赤ではなく、かなり日当たりが良く陽気な黄色の花が咲く植物があります。

アドニス、または春のアドニス(アドニスvernalis)はキンポウゲ科の多年草です(キンポウゲ科)高さ50cmまで。根茎は厚く、短く、暗褐色です。葉の多い茎の数は、植物の年齢と成長条件によって異なり、20〜30に達する可能性があります。葉は無茎で解剖されており、細い線状の小葉があります。アドニスは、4月から5月に葉が現れると同時に、最初の1つに咲きます。花は大きく、単一で、明るい黄色です。果実は複合円錐形の乾燥痩果です。種子は6月から7月に熟します。自然界では、植物は生後10〜20年でのみ開花し、40〜50歳までに最大開花に達します。植物は、発芽能力が非常に低い種子によってのみ自然に繁殖します。

ロシアのヨーロッパ地域、西シベリア、北コーカサスの森林ステップとステップゾーンで彼に会うことができます。それは、草原の牧草地、牧草地の草原、主にチェルノーゼムの土壌で育ち、作物を育てるために耕されます。これを考慮すると、その範囲は急速に減少しており、レッドブックに記載されています。

一部の地域では、春のアドニスとともに、同様の種が見られます。 ヴォルガアドニス (アドニスウォルゲンシス), アドニスふわふわ (アドニスビロサ)および シベリアアドニス (アドニスシビリカ)。春のアドニスは、他の種とは葉が狭く、シベリアやふわふわのアドニーとは異なります。また、羽状に解剖された葉ではなく、手のひらになっています。

根茎と種子からのアドニス

春のアドニス

観賞用植物としてのサイトでは、アドニスは非常に便利です。結局のところ、それは非常に早く開花しますが、実際にはまだ美しく開花するものはほとんどありません。植物は肥沃で水はけの良い土壌を好み、中程度のテクスチャーです。媒体の反応は、好ましくはわずかに酸性または中性である。したがって、ハシエンダが泥炭の沼地にある場合、土壌は石灰質である必要があります。

アドニスは、成体の植物と種子を分けることによって繁殖します。秋や春に分けて、きちんと分けて、湿った土に植えます。植物間の距離は50〜60cmが好ましく、一箇所では長時間成長する必要があるため、互いに干渉しないようにする必要があります。貪欲ではなく、植物を単一のつぼみに切るのではなく、大きな茂みを2〜3の部分に分割することをお勧めします。そうすれば、それはしっかりと根を下ろし、病気にならず、来年はたくさん咲きます。春になりますが、新しく分割された植物は開花できず、つぼみが折れます。これにより、植物は種子の形成ではなく、発根にすべてのエネルギーを費やすことができます。

種子が繁殖すると、夏の採集直後に播種されます。地面に掘った箱や鉢に播種するのが良いでしょう。これにより、成長プロセス中にそれらを失うことはありません。この植物では、実生は非常にまれにしか現れず、種子の発芽は非常に低いです。それらは2〜3 cmの深さまで密封され、土壌と水分の混合物が振りかけられます。それらは25-30日で発芽します。苗木は最初の2年間は非常にゆっくりと成長します。個々の植物の開花は3年目に始まり、完全な発達は生後4〜5年で起こります。

8〜10年に1回、植物を分割して新しい場所に移植することができます。そうでなければ、彼らは多年生の雑草でひどく生い茂ります。 2〜3年に1回、2〜3cmの肥沃な土壌を追加します。他の牧草地の植物と同様に、アドニスは徐々に「登る」、つまり、再生の芽が表面に現れます。

植物の手入れは最も簡単です-除草と緩み。植え付け中、土壌が有機肥料とミネラル肥料で十分に満たされていれば、トップドレッシングなしでも行うことができます。

開花から結実まで

薄緑色の茎と葉は花と一緒に薬用原料として使用されます。開花茎は、うろこ状の葉の上で、土壌表面から7〜10cmの高さで切り取られます。このレベルより下の茎を切るとき、植物は更新せず、部分的にさえ死にます。また、茎の根元にある更新芽に損傷を与えるため、茂みからすべての茎を切り落とすことは容認できません。同じ場所で、収穫は3〜4年に1回しか行われません。原料は開花当初から果実の脱落が始まり、葉が黄色くなるまで収穫されます。しかし、開花期に集められた原材料は、最大の生物活性を持っています。

春のアドニス

彼らはそれを+40 + 50°Cの温度のオーブンまたは乾燥機で、そして暑い晴れた天気で-天蓋の下または屋根裏部屋で、メッシュまたはガーゼの上に薄層に配置して、できるだけ早くそれを乾燥させます。彼らは日陰ではなく、日陰でのみ草を乾かします!太い茎が折れやすい場合は、原材料の準備ができています。 それは、他の種類の原材料(アドニスは有毒植物を指します)とは別に、1年以内は日光に当たらない密閉容器に保管されます。 長期保管の場合、生物活性は毎年チェックされます。

ジギタリスとストロファントゥスの弟

アドニスハーブには強心配糖体(カルデノリド)が含まれています。これらのうち、次のものが純粋な形で単離されています:アドニトキシン、シマリン(アグリコン-ストロファンチジン、糖-シマロース)、K-ストロファンチン(アグリコン-ストロファンチジン、糖-シマロースおよびグルコース)。 K-ストロファントシド、アドニトキソール、ストロファドゲニン、その他の強心配糖体およびサポニンの痕跡も見つかりました。フラボン配糖体アドニベルニン、2-6-ジメトキシキノン、フィトステロール、アルコールアドニットを発見。

Tsimarinは高い生物学的活性を持っています。作用の性質上、ストロファンチンに近いですが、その累積的な特性はより顕著です。チマリンは麻のケンディールと葉の多いケンディールから得ることができます。現在、シマリンは医療現場では使用されていません。

アドニスは、浮腫の治療のためにロシアの民間療法で長い間使用されてきました。現在、これは最も重要な心臓治療薬の1つであり、アドニス製剤は心血管疾患の治療に非常に広く使用されています。それらの使用の主な適応症は、慢性心不全と心臓神経症です。臭素と組み合わせて、それらは不眠症、神経興奮性の増加およびてんかんのために処方されます。 1859年にS.D.ノーズは「南ロシアの民間療法について」という記事を発表し、心臓病におけるアドニスハーブの高い有効性を指摘しました。 1861年にg。心臓病に対するアドニスの治療的使用について、医師P.V.ロシアの医師のモスクワ協会のKivokurtsev。 V.M. Bekhterevは、神経精神病、興奮、アルコール性精神病、てんかんに対して、臭素とコデイン(強直性脊椎炎)と組み合わせたアドニスの使用を推奨しました。

アドニスは医療現場で広く使用されており、現在、比較的軽度の慢性循環虚脱が見られます。アドニスの使用の適応症は、心臓神経症、栄養性ジストニア、心臓活動の弱体化の症状を伴う感染症、心血管系の機能不全の症状を伴う腎疾患、神経精神病である。

心臓への作用の性質上、アドニス製剤はストロファンツスとジギタリスの中間の位置を占めます。この植物の生物活性物質は、より顕著な鎮静作用と利尿作用を持つジギタリス製剤よりも体内に蓄積(蓄積)されません。

アドニスの準備は、心臓の収縮を強化および減速し、心臓の1回拍出量を増加させ、鬱血を排除し(心臓起源の浮腫の患者に有用な小さな利尿作用があるため)、神経系を落ち着かせます。関節炎におけるアドニスのプラスの効果の兆候があります。

注意:アドニス薬による治療は、医師の推奨と監督の下でのみ行われます!通常、既製の医薬品または料金のいずれかが使用されます。

春のアドニス

アドニスを使用するためのレシピ

腎臓の急性および慢性炎症性疾患では、混合物が役立ちます:アドニス-4 g、クマの実の葉-5 g、白樺の芽-3 g、ホーステイルハーブ-2 g.1ティースプーン(約10 g)のハーブに300gを注ぎます(1.5杯)沸騰したお湯を20〜25分間水浴に入れます。大さじ1杯を1日5〜6回飲みます。

浮腫(腹水)の場合は、アドニスハーブ、白樺の葉、鋼の根を均等に取ります。沸騰したお湯1カップで大さじ1杯の混合物を淹れます。日中は点滴を一口飲んでください。

びまん性有毒ゴイター(バセドウ病)の場合は、アドニスハーブ、ブドラハーブ、ミントリーフ、バイオレットハーブ、カドウィードハーブ、オレガノハーブ、カレンデュラの花を均等に混合することをお勧めします。この混合物の大さじ1杯に300mlの沸騰したお湯を注ぎ、魔法瓶で2時間主張し、ろ過し、食事の30分前に1日3〜4回1/3カップを取ります。

著者による写真