ヨウシュメハジキ、5葉、その他

ヨウシュメハジキの総称 Leonurusラテン語から来ています レオ、これは翻訳でライオンとを意味します ura -尾であり、ダンジグジェイコブブレイン(1637-1697)の植物学者によって植物に与えられました。ドイツ語から翻訳された、その名前は「ライオンの尻尾」のように聞こえます。テオプラストスの時代に由来する名前-カーディカ-は「心に有利」を意味します。

植物の薬効がその特定の名前(心臓)を決定し、葉の形が別の種の名前(5葉)を決定しました。

この植物には多くの一般的な名前があり、それらのほとんどすべてがその外観または薬効のいずれかを特徴づけます-毛深いマザーワート、羊毛のマザーワート、毛深いマザーワート、犬のイラクサ、ハートグラス、コア、聴覚障害者のイラクサ、野生のイラクサ、鶏の足跡。

ヨーロッパでは、彼はテオプラストスとディオスコリデスの時代から知られていました。最初に印刷されたドイツのハーバリスト「GartderGesundheit」(1485年)では、彼は第106章でギリシャ語の名前で言及されており、ディオスコリデスを参照して心臓病に推奨されています。他のほとんどの植物とは異なり、それも描かれているので、種の定義の正確さに疑いはありません。

ParacelsusとFuchsは、てんかんと利尿薬として、動悸(現代用語では頻脈)、けいれん、煎じ薬としてワインにヨウシュメハジキを注入することを推奨しました。 「新しいハーバリスト」L.フックスには、よく知られているヨウシュメハジキの写真があります。

ヨウシュメハジキの心臓

一般的に、ヨウシュメハジキ属(Leonurus) シソ科(脂肪細胞)からの24種が含まれ、3つのセクションと5つのサブセクションに分けられます。私たちの薬用ヨウシュメハジキはセクションに属しています Leonurus サブセクションも Leonurus..。しかし、東洋医学で使用されるタイプ(中国語、韓国語)-セクションへ カーディオキリウム.

ヨーロッパ諸国と私たちの国で適用 ヨウシュメハジキの心臓、または 普通 (Leonurus心不全)は、短い木質の根茎とそれと直根から伸びる側根を持つ多年生草本です。彼は文献に多くの同義語を持っています: L. villosus DESF。 Et SPRENG、 L.カンペストリス ANDRZ。、 L.カネセンス DUMORT。、 L.トリロバトゥス (ラム)デュラックととても古い 尋常性心不全 メンチ、 C.トリロバタ ラム。

ヨウシュメハジキの根系は土壌の浅いところにあります。茎は緑色で、しばしば赤紫色で、直立し、上部で枝分かれし、四面体で、リブがあり、中空で、突き出た長い毛で覆われ、高さは50〜200cmです。

葉はペティオレートで、反対側にあり、茎の上部に向かって徐々に減少し、上は暗くて明るい緑色で、下は灰色がかった色合いです。下の葉は丸いまたは卵形で、ペティオレートで、ハート型の基部があり、5つの部分があります。中程度の長方形-楕円形または披針形、短いペティオレート、三者または三葉、幅の広い長方形の歯のある葉;頂端-シンプルで、2本の側歯があります。

花は小さく、ピンク色で、毛深い苞葉を備え、間隔を空けた渦巻きに座って、長いスパイク形の頂端花序を形成します。がく片は円錐形で、はっきりと2つの唇があり、無毛で、時にはわずかに毛があり、長さ5〜6 mm、長さ3〜3.5 mmの5本の静脈と5本の歯があり、下側は下向きに曲がっており、上側は突き出ています。 。カローラピンクまたはピンクがかった紫色、2唇、長さ10〜12 mm、内側に毛深いリングがあり、内側に思春期の卵形の上唇と3葉の下唇があります。中央の長方形の卵形の葉は外側の葉を超えています。果実は、残りのがくに囲まれた、長さ2〜3mmの4つの3面ダークブラウンナッツで構成されています。ヨウシュメハジキは6月から7月に咲きます。大量開花期の草刈り後、良好な条件下で、1.5〜2ヶ月後、余波の二次開花が観察されます。種子の成熟は8月から9月に起こり、花序の下部から始まります。主に種子によって繁殖します。

ヨウシュメハジキについては、ヨーロッパの薬局方版では、心臓のヨウシュメハジキの亜種として指定するのが通例です。 Leonurus心不全 L。 var. villosus、および私たちの文献では、それは次のように示されています Leonurusquinquelobatus ギリブ。

マザーワート5枚刃

5葉のヨウシュメハジキの範囲は、主要な種の範囲と一致します。ヨウシュメハジキの心臓とは異なり、下葉と中葉の板は5部構成で、上葉は3葉であり、さらに、植物全体と同様に、茎は突き出た長い毛で覆われています。欧州薬局方での使用が許可されているのは彼です。

野生の原料を収穫するとき、間違いがあります。そのため、他の種類のマザーワートは公的医療での使用が禁止されています。灰色とタタールは同じ場所で成長することがあります。また、マザーワートに似た黒い殻は、漠然とマザーワートに似ています。

灰色のマザーワート (レオノルスglaucescens バンジ)は、植物全体の思春期のために青みがかった色をしており、密で短く、下向きで抑圧された毛があります。がく片-円錐形で、ややこぶがあり、5本の静脈があり、長さは7〜8 mmで、密に抑圧された毛で覆われています。花冠は淡いピンク色で、長さは10〜12mmです。

マザーワートタタール (レオノルスtataricus L.)は、前の種とは異なり、むき出しの細かく切り裂かれた葉を持ち、茎の上部だけが長い毛で覆われています。がくは、広円錐形、長髪、長さ5〜6 mm、5本の静脈があります。カローラピンクバイオレット、長さ10mm。

持ってる ブラックハウンド (バロタニグラ D.)茎は短毛(毛は下向きに傾いている)であり、葉身は丸みを帯びているか楕円形であり、全体が切り詰められたまたは浅いハート型の基部を持っています。長さ12〜15 mmの花冠、汚れたピンク、そしてマザーワートとは異なり、チューブの毛の輪の下で腫れはありません。がくは管状漏斗形で、5本の歯があり、10本の静脈があります。

温帯のファン

これらは広く普及している植物です。ヨウシュメハジキの地域は、ユーラシアの温帯にあります。それは、西シベリアの南、西および東の南コーカサスのヨーロッパのほぼ全域(北部、半砂漠、砂漠地域を除く)に広がっており、ウクライナ、クリミア、クラスノダール地方に遍在しています。東に行くと、その範囲は狭くなり、シベリアの南部とカザフスタン北部に小さな舌で入るだけです。

両方の種は通常、しばしば雑草として、住居の近くで成長します。ヨウシュメハジキはぼんやりと成長し、雑草の多い場所、休閑地、荒れ地(したがって、植物のロシア名)、畑の端、道路、崖、フェンスに茂みを形成することがあります。それは、低木、森林の空き地、森林の端、森林地帯、牧草地の間の小さなグループで発生します。

ヨウシュメハジキは、ヨーロッパの一部、クリミア半島、およびコーカサスの中部および南部地域でより広く見られます。西シベリアだけでなく、私たちの国のヨーロッパの部分の北西部で発見されました。多くの場合、以前の建物の場所で茂みを形成します。

トップスのみが適しています

薬用原料は、長さ40cmまでの花と葉(草)の茎のてっぺんです。

野生のマザーワートは、下の花の渦巻きの開花の初め(6月から8月)に収穫され、茎の​​上部と側枝を花で切り取り、葉をナイフ、鎌、またはプルーナーで切り取ります。 5 mmより太い粗い茎、および損傷した葉や黄ばんだ葉は、原材料に使用できません。強く木化したがく片ととげのある歯を持つ後期収穫の原料は結婚と見なされます。結実中に収穫された植物があってはなりません。乾燥した天候で露が溶けた後、クリーニングを行うのが最適です。刈り取られた草は、乾燥機(人工乾燥温度50〜60°C)、屋根裏部屋、または小屋の下にすばやく送られ、グリーンマスの自己発熱を防ぎます。自然乾燥では、風通しを良くし、草を布や紙などのきれいな表面に5〜7cmの層で広げ、定期的にかき混ぜる必要があります。乾燥時間は約1週間です。乾燥の終わりは、茎のもろさによって決まります。

原材料の貯蔵寿命は3年です。

森から庭へ

マザーワート5枚刃

マザーワートは文化に導入されます。薬用植物の栽培を専門とする多くの農場で栽培されています。 Srednevolzhskayaゾーン実験ステーションVILARで、Samarskiy品種が繁殖され、ゾーン化されました。個人的なプロットで可能な文化。

ヨウシュメハジキの非常に広い自然の範囲は、さまざまな土壌や気候条件への優れた適応性を示しています。それは、芝地ポドゾル土壌、浸出された乾燥チェルノーゼムおよびポドゾル化土壌で首尾よく栽培されています。文化は土壌の肥沃度と水分供給に非常に気取らないです。

ヨウシュメハジキの土壌改良は特別な特徴はなく、一般的な規則に従って行われます。ヨウシュメハジキは、1か所で3〜4年間栽培されます。栽培期間全体で高収量の草を得るには、区画の掘削の下で、8〜10 kg / m2の有機肥料と40g / m2のアンモフォスカの無機肥料を施用する必要があります。

収穫したばかりのヨウシュメハジキの種子は、発芽率が低下し(30〜35%)、発芽期間が長くなります。種子は貯蔵されているため、収穫後の成熟が見られ、2か月後の発芽率は80〜85%です。種子は+2 + 4°Сの温度で発芽し始め、最適な温度は+ 20°Сです。最初の芽は4-5日間良好な状態で現れますが、発芽の一般的な期間は延長され、15-20日続きます。種子はメソバイオティクスのグループに属しており、保管から46年目でも、発芽は元の種子の75〜80%以内にとどまります。種子の総寿命は8〜9年です。

秋の播種では、冬の前(恒久的な霜が降りる7〜10日前)に乾いた種子を使用し、1 g / m2の播種量で1〜1.5cmの深さに播種します。春播きでは、0 + 4°Cの温度で1か月以内に種子を成層させることができます。この場合、それらは0.8 g / m2の播種率で2〜3cmの深さに播種されます。. 播種時には、1m2あたり3gの粒状過リン酸石灰またはニトロリン酸を種子と一緒に使用します。行間隔60〜70cm。

ケアは、乾燥期間中の列間隔の緩め、雑草の除去、施肥、水やりで構成されます。生後1年目のトップドレッシングは、苗の出現から1か月後に行われ、通過エリアは春先と最初の収穫後の2回給餌する必要があります。いずれの場合も、無機質肥料の施肥量は、1m2あたり20gの窒素と25gのリンです。

通過する作物は春先に苦しめられ、その後、餌を与えられて緩められます。収穫は播種後2年目に行うのが最適です。ヨウシュメハジキは、花序の下部に1/3の花が開く大量開花期に収穫されます。植物の上部の葉の部分が切り取られています。 2回目の収集は、1回目の収集から1か月半後に行われます。種子は完全に熟したときに手で収穫されます。シードプロットは原材料には使用されません。

2回の収穫での乾いた草の収量は最大800-900g / m2、種子-最大50 g / m2.

写真 GreenInfo.ruフォーラムから、 アンドレイ・シュチュキン、マキシム・ミニン