キレンゲショウマ:成長、繁殖

キレンゲショウマ(キレンゲショウマ) あじさい科 (アジサイ科) ヤシの形をしたキレンゲショウマの2種類の植物のみが含まれています (キレンゲショウマパルマタ) と韓国のキレンゲショウマ (キレンゲショウマコリアーナ)..。遺伝学的研究に基づいて、この属は単型と見なされ、1つの種(これらの2つの種を結合するヤシの形をしたキレンゲショウマ)が含まれています。

最初の種は日本と中国東北部(北安徽省、北西浙江省)で育ち、2番目の種は朝鮮半島の領土で育ちます。それらは、海抜700〜1600 mの湿った谷や山の斜面、湿った空気のあるブナの森、シダの茂みに付着します。

属名 キレンゲショウマ は3つの日本語の単語のコレクションです- (黄)、 レンゲ (蓮の花)と ショマ (帽子)とは、東洋の帽子に似た、植物の黄色いワックス状の花の形を示しています。

キレンゲショウマヤシの形

キレンゲショウマヤシの形 (キレンゲショウマパルマタ) 紫色の、シンプルで、直立した、四面体の茎が底にわずかに木質である、ふさふさした多年生草本です。開花期の植物の高さは0.8〜1.2mに達し、培養では通常高さ0.7m以下、幅は同じです。強い短い根茎を持っています。葉は反対側にあり、葉柄は長さ1〜25 cm、わずかに手のひらの葉で、3〜10の浅い葉があり、輪郭は丸く、直径は10〜20 cmで、基部はコーディエートで、頂点を指し、両側が毛深い。触ると紙のようで、明るいまたは黄緑色で、カエデの葉に似ています。長さ2.5〜3.5 mmの不規則な卵形の花びらが5つあり、互いに重なり合っており、淡黄色で、ベル型で、ワックス状で、長い小花柄に1〜3個垂れ下がっています。果実は、斜めの翼に囲まれた多数の平らな淡黄色の種子を持つ3つの角のある茶色がかった緑色の割れたカプセルです。植物は8月末から9月に私たちの地域に咲きます。

キレンゲショウマヤシの形

キレンゲショウマ韓国語 (キレンゲショウマコリアーナ) わずかに異なります-それは紫色ではなく、緑色の茎を持ち、夏の真ん中に早く咲きます。

成長している

キレンゲショウマを育てるときは、自然界では湿った土壌と空気が豊富な森林で育つことを心に留めておく必要があります。

装飾的な葉や花のある半日陰のエリアに最適な植物です。それは私たちの地域ではかなりゆっくりと成長するので、1平方。 mは4〜7本の植物を植えました。

Kirengeshome土壌はローム質ですが、酸性からわずかに酸性(pH 5.1-6.5)まで、緩く腐植土です。若い植栽は、春先に緩めるための長時間作用する複雑なミネラル肥料を与えられ、それは植物にシーズン全体の食物を提供します。成体の植物はそのような餌を必要としません;それらは単に堆肥で豊富にマルチングされます。しかし、植物はどの年齢でもマルチを必要とします-日本の植物の根系は涼しさを愛しています。

土壌は常に適度に湿った状態に保つ必要があり、乾燥期間中は、植物の緑の覆いを良好な状態に保つために水やりが不可欠です。

キレンゲショウマはロシア中部で冬をよく過ごしますが、それでも、好熱性植物と同様に、春に茎を剪定する方が良いでしょう。

それは病気の影響を受けず、害虫の中でナメクジだけに苦しんでいます。

再生

キレンゲシャは、春先の再成長の初めに根茎を分割することによって繁殖します。かなり若い植物は分裂に適しています。古い根茎では非常に強くなり、分裂が困難になります。

分割することで、傷つけずに繁殖させることができます。これを行うには、春の終わりと初夏に、「かかと」(根茎の一部)で茎の挿し木を取り、ルトラシルの下または温室に根を下ろします。

私たちのゾーンでは、種子が成熟する時間がなく、苗の成長が非常に遅く、開花期に達するのは3〜4年であるため、種子の繁殖は困難です。

使用する

庭のデザインでは、キレンゲショウマは一年中注目を集めます-最初はその美しいカエデの葉で、そして後にその優雅な開花で。まず第一に、それは日本と中国のスタイルの庭のための素晴らしい植物です。貯水池の排水された土手で心地よく、必要な空気の湿度を提供します。植物は木陰で成長するのに十分な競争力があります。

キレンゲショウマヤシの形

部分的な日陰の混合境界では、キレンゲシュは極東起源の植物(ブラックコホシュ、ブズルニク、ロジャー、ポドフィル)とうまく組み合わされています。優れたペアは、自然界でしばしば共存するさまざまなシダによって作られます。岩場の庭では、キレンゲショウマも日陰の斜面にその場所を見つけ、密な植生を形成します。

キレンゲショウマは、半影植物オーケストラで1番目と2番目の両方のバイオリンを演奏し、ソロにするか、隙間を埋めるか、穏やかな地被植物効果や壮大な境界線を作成します。ミドルゾーンの庭でも、エキゾチックではなく、森の庭の自然な音がします。