水仙のケア。春

シクラメングループのTete-a-Tete ミドルレーンのコンディションでは、4月中旬頃に水仙の苗が出てきますが、現在の生育期のコンディションによってタイミングが異なります。水仙は、栽培条件にまったく気取らず、手入れが簡単な文化として認識されていますが、すべての庭師は、春には花を鑑賞するだけでなく、自分の場所で集中的に作業する必要があることを知っています。まず第一に何をする必要がありますか、水仙の春の世話をするときに何を探すべきですか?

最初の機会(積雪が溶けて土地が部分的に乾いた後)に、植栽のある場所が検査されます。秋から植物が覆われている場合は、夜の霜の脅威が過ぎるとすぐに避難所が撤去されます(苗木とつぼみは、夜間の負の温度–10 ... –15°Сによってのみ損傷を受ける可能性があります。 )。避難所は、出現する苗木を傷つけないように注意深く取り外されます。損傷した、または壊れた苗木から、変形した植物が成長します。

調べるときは、苗の有無に注意する必要があります。それぞれ推奨日より遅く植えられた後期品種または品種であり、開花初期および中期の品種または最適な時期に植えられた品種よりも遅く成長および開花します。したがって、場所によっては苗がないことに気付いても慌てないでください。これは必ずしも球根が死んだことを意味するわけではありません。植物が枯れていないことを確認する必要がある場合は、植え付け場所で手で慎重に土の層を掘り出すことができます。地面と密な球根に実生が存在する場合、植物は死にませんでした。球根が柔らかく腐っている場合は、病気の発生を防ぐために緊急に取り除く必要があります。

病気の兆候は、切削工具による損傷の兆候と区別する必要があります。

雪が降った冬の後、急速に雪が溶け、土壌表面の水の停滞が長引くことが観察されます。これは球根の状態に悪影響を及ぼし、真菌性疾患の影響を受けやすく、腐敗して死にます。地下水位の高い問題のある地域では、排水システムが事前に配置されています(サイトの周囲に溝を掘ることができます)。予期せぬ洪水が発生した場合は、小さな溝を掘って水を迂回させます。

真菌性疾患の発生を防ぐために、苗木を検査する必要があります。病気の兆候(ねじれた、変形した、黄褐色の苗、乾燥した)のある植物は、球根と一緒に取り除かれます。病変が非常に大きい場合は、農薬の溶液で植物を治療することができます(指示と注意事項に従ってください)。病気の兆候は、切削工具(鍬、鍬など)による損傷の兆候と区別する必要があります。

げっ歯類(特にマウス)は水仙の球根に損傷を与えないという事実にもかかわらず、「マウス」犬は地面を0.5メートルの深さまで引き裂きますが、球根は植えられた場所や表面にはまったくありません。地面。乱れた秩序を回復することができます:球根を正しい場所に植え(霜によって損傷されない可能性があります)、掘った穴を埋めます。

敷地内の土地が乾いたら、緩み始めることができます。何らかの理由で土壌表面に苗がない場所では、植物にダメージを与えないように緩めを延期します。最良の選択肢は、緩みと根の施肥をミネラル肥料と組み合わせることです。最初の2つのドレッシングは、再成長期と出芽期に窒素含有肥料で行われ、3番目のドレッシングは開花期に複雑な肥料で行われます。可能であれば、肥料を施した後、土壌に水をやるか、根と葉のドレッシングを交互に入れます。

ウイルス性および真菌性の病気の兆候がある植物は、球根と一緒に取り除く必要があります。受精
緩めと除草タリア-トライアンドラスグループの品種
リトルジェムは、最も初期の管状品種の1つです。

水やりは、ミネラル肥料の組成からの栄養素が根系ゾーンに浸透するのを助けるだけでなく、植物の外観(花柄の高さ、花のサイズと明るさ)に大きく影響し、開花をいくらか延長します。同時に、植物を壊したり地面を侵食したりしないように、水やりは強い圧力で行うべきではありません。地表灌漑は効果がありません。土壌を根系の深さまで均一に浸す必要があります。この目的にはスプリンクラーが最適です。

残念ながら、春になると、必要な植物だけでなく、予定外の雑草も育ちます。それらが強さを得る前に、それらが現れるとすぐにそれらを取り除くことはより良いです。より有利なオプションは、水仙が芝生に植えられているか、植え付けの周りの土壌がコーティング(小石、樹皮、色のおがくず)で装飾されている場合です。この場合、雑草は発生しないか、単量で発生するため、簡単に戦うことができます。

開花期の私たちの主な仕事は、花壇の美しい花を鑑賞することです。しかし、水仙を育てる目的が品種の純度を維持することである場合、他の品種の不純物を取り除く必要があります(球根で掘り起こします)。混合物は、植え付け中と販売前の準備中の両方で品種に入る​​可能性があります(手または未知の会社から植え付け材料を購入する場合)。

花束用の水仙を栽培する場合、発芽期に刈り取りを行います(つぼみはすでに着色されていますが、花はまだ開花していません)。株を植えるための水仙や強制のための球根を意図的に栽培している場合は、咲いている花を取り除く必要があります。花壇では、植栽の装飾的な外観を維持するために、醜い乾燥したつぼみがカットされ(時には花柄の一部があります)、葉は約1か月間緑色のままであり、花壇、ミックスボーダー、またはラバトカの印象を損なうことはありません。