青いスイカズラの成長と繁殖

青いスイカズラの植栽材料

青いスイカズラの栽培はそれほど問題にはなりません。農業技術は独自の特徴を持っていますが、多くの点で伝統的なベリー作物に似ています。日陰、乾燥しすぎ、洪水の少ない地域は、この作物には適していません。青いスイカズラは他家受粉植物であるため、少なくとも3〜5種類を1つのエリアに植える必要があります。茂みは、敷地の端に沿って生け垣の形で、互いに1.5m離れて配置できます。結実する茂みには、土壌が完全に溶ける前に春に開花が始まる可能性があるため、秋の植え付けが望ましいです。

青いスイカズラを植える

青いスイカズラを剪定するときは、花の原始的な芽の最大数がそれらに集中し、収量の低下につながるため、芽の上部を切り落とすことはお勧めしません。 6〜7歳以上の茂みには、衛生的な剪定が必要です。つまり、病気にかかった、折れた、乾燥した枝を取り除きます。小さな乾燥した枝のある老化した茂みの樹冠の間伐と若返りは、秋、葉の落下後、または春先の3月から4月に行われます。樹冠の老化部分は、大きな茎の成長の起点から30〜50 cm上で切り取られます。スイカズラの茂みの根本的な若返りのために、土壌レベルから0.5mの高さで「切り株」での強力な剪定が可能です。

青いスイカズラは、豊富なミネラル施肥によって悪影響を受けます。過剰な窒素肥料から、連続した(予備の)芽が開き、追加の芽が現れ、低木の強い肥厚と結実の弱体化につながります。ブッシュには表面的な根系があるため、ブッシュの真下で積極的に緩めることはお勧めしません。茂みの下の土をマルチングすることは、ベリーの茂みを無傷でケアするための方法です。干ばつでは、食用の果物がより苦くならず、大きくてジューシーなままになるように、青いスイカズラに水をやる必要があります。

平均して、スイカズラの茂みから1.5〜2 kgが収穫されますが、果物が3kgになることはめったにありません。農業の背景が高い場合にのみ、最も生産性の高い品種は5〜7kgの果実を与えます。果実は異なる時期に熟すので、2〜3回で収穫されます。それらは崩れる可能性があり、それは作物の一部の損失につながります。作物の成熟期間中、鳥、特に野鳥やスズメは、熟したスイカズラの果実を喜んでつつきます。

再生

青いスイカズラの緑の挿し木

青いスイカズラは簡単に根を下ろします 緑の挿し木、品種特性を維持しながら。緑の挿し木を切るとき、芽の成熟度は次のように決定することができます:曲がったとき、それらは曲がりませんが、特徴的なクランチで壊れます。緑の挿し木を切る時期は、開花の終わりと最初の緑の果実の出現と一致します:中央ロシアで-5月。挿し木は、できれば2つまたは3つの結び目で、シュートの中央部分から切り取ります。切り込みの上部の切り込みは、つぼみから1〜1.5 cm離れた水平方向に行われ、下部の切り込みは通常斜めで、傾斜角は45°です。下の節からの葉身は完全に切断され、上の節からは半分以上切り詰められています。

シングルノードの挿し木(長さ3〜5 cm)は60%根を下ろします。 2〜3枚の葉の節(長さ7〜13 cm)の従来の挿し木は、70〜95%、根が良くなります。多年生のシュートからシュートの下部を切り離すと、シュートの上部を発根させ、「かかとで」挿し木するという良い結果が得られます。挿し木がより早く収穫された場合-活発な成長の期間中に、発根率はより低くなります-45-60%。未熟な芽は湿度が高いため腐敗します。

発根後2年目の青いスイカズラの挿し木

スイカズラは成長刺激剤を使用せずに発根することができますが、ヘテロオーキシン、インドリル酪酸(IMA)、インドール酢酸(IAA)、FitonまたはKornevinを使用すると、発育した植物の収量が増加します。

土壌混合物は、挿し木を発根させるのに適しています:泥炭と砂(1:3の比率)。挿し木は45°の角度で斜めに植えられ、7x5cmのパターンに従って配置されます。挿し木を発根させるための前提条件は、20〜250℃の温度での基質と空気の高湿度(最大85%)です。発根した挿し木は、庭の恒久的な場所に植えるまで、つまり1〜2年以内に、発根場所で最もよく育ちます。挿し木の発根がフィルム温室で行われた場合、9月にフィルムが除去され、挿し木はトウヒの枝で覆われ、移植せずに冬に残されます。冬に挿し木が膨らんで死なないように、秋に地面に移植する必要はありません。生後2年で、植物はより強い成長と枝分かれを与えます。秋までに高さは25〜35cmになります。強い苗は庭の常設の場所に植えることができ、弱い苗は1つの成長期にまだ育つことができます。 3歳までに、個々の植物は開花と結実を開始します。

ピートポットでスイカズラの苗の栽培を組織すれば、季節を問わずいつでもこのベリーの茂みを輸送して販売することが可能になります。すでに冬季には鉢の土台の準備を始める必要があり、3月〜4月には温室で苗や苗を植えることができます。

シード 青いスイカズラは、得られた苗の果実の収量と味を正確に予測することが不可能であるため、主に繁殖目的で繁殖します。産業繁殖では、ジューシーな熟した果実をガーゼまたはナイロンの袋に入れて圧搾することにより、種子のきれいな状態が得られます。果物をふるいで挽いてから、水でよくすすいでください。種子が水の容器に入れられ、そこで底に沈むと、パルプ粒子が浮き上がり、除去されます。日陰で乾燥させた後、きれいな種子を小袋に入れます。アマチュアガーデニングでは、薄い(できれば吸い取り)紙で果実を粉砕し、それを乾燥させて、播種の日までそのように種子を保持するだけで十分です。

収穫したばかりの種子は休眠期間が短く、低温での播種前処理(成層)は必要ありません。種子を1年以上保管する場合は、層別化が必要です。種子は、湿った砂またはおがくずの中で0〜4°の温度で1か月間保管されます。

種子のサイズが小さく、冷ややかな膨らみがあるため、尾根の地面に播種するのは、木箱や植木鉢に播種するのが最適です。スイカズラの播種には、人工暖房付きのフィルムまたはガラス温室を使用できます。種子は、腐植土、泥炭、川の砂の等しい部分からなる、軽い肥沃な土壌を必要とします。播種時、種は0.5〜0.7cm埋められます。基板の最上層は1cmの砂の層で覆われています。

温室または温室での青いスイカズラの種の春播きは信頼できます。 3月から4月にかけて、土を混ぜた木箱を用意し、収穫したての種をまきました。播種前に種子を水に浸すと良好な結果が得られました。発芽を成功させるために、室内温度を20〜24°に維持し、土壌を定期的に湿らせました。苗は30-35日で現れました。 5月には、苗木が互いに5 cmの距離で尾根に飛び込み、注意深く水をやります。植えてから最初の数日は、苗木を日陰にする必要があります。