シモツケとその品種

シモツケ (シモツケ×ブマルダ) 文化でのみ知られています。これは日本のシモツケと白い花のシモツケのハイブリッドです (シモツケジャポニカバツS. アルビフローラ)..。低木はシモツケよりも低く、高さは最大0.75 mです。シュートはわずかにリブがあり、光沢があり、赤褐色です。葉は卵形-披針形で、長さ5〜8 cm、鋭く二重鋸歯状で、無毛です。花序は、別々の冠状花序からなる単一末端の円錐花序です。白から濃いピンクピンクまでの花。非常に変化しやすい特性を備えた非常に美しいハイブリッドで、区別が難しいことがよくあります シモツケジャポニカ (通常は低く、まっすぐで、滑らかで、わずかにリブのあるシュートがあります)。 6月下旬から秋にかけて咲きます。 1941年以降のコレクションには、キエフから入手したサンプルの1952年の複製のコピーがあります。通常、厳しい冬には、芽の端だけがわずかに凍結します-多年生の枝、これは開花に影響を与えません。毎年の新芽に咲き、種子が熟します。

Spirea Bumalda(Spiraea x bumalda)Spirea Bumalda(Spiraea x bumalda)

装飾的な形:

「AnthonyWaterer」 -高さ0.4m(0.5mあります)の低コンパクトブッシュ。シュートはやや赤褐色です。葉はやや細く、濃い緑色です。花は明るいカーマインレッドです。花序は密集していて、思春期で、小さいです。 7月から9月に咲きます。秋になると葉が赤くなります。 2001年にユジノサハリンスクから受領。毎年恒例のシュートの終わりはわずかに凍結します。咲いて実を結ぶ。

Spirea Bumald Anthony Waterer、花序Spirea Bumald Anthony Waterer、秋の色

クリスパ ' -高さ0.5mまでの低木。芽は茶色で思春期です。波状にカールしたギザギザの縁を持つ葉、開花するとワインレッド、後に緑に変わります。小さな円錐花序の円錐花序に濃い紫色の花。 7月から8月に咲きます。モスクワから苗木が受け取りました。凍結せず、開花し、9月に二次開花が見られます。秋は葉が紫色になります。

シモツケBumaldCrispa、葉シモツケBumaldCrispa、花序
シモツケ、紅葉の紅葉シモツケ、紅葉

Froebeli ' -高さ1.3m(まだ0.5 m)、直径1.2〜1.5 mの茂みで、樹冠が密集しています。若い芽は滑らかで、滑らかです。葉は広く卵形で、春と秋は紫色です。花は真っ赤で、咲くとライラックになります。 5月から6月から9月に咲きます。 2001年にユジノサハリンスクから受領。毎年恒例のシュートの終わりはわずかに凍結し、開花し、実を結びます。

シモツケ、開花Spirea Bumald FroebeliシモツケBumaldGoldflamme

「ゴールドフラム」 -高さ0.8mまでのブッシュ、密集。開花時の葉は赤橙色、後に黄金色になるため、葉の背景が全体的に黄色になり、新芽の端が赤みを帯び、遠くから開花しているように見えます。花は小さく、カーマインピンクで、小さな穂状花序にあります。 7月下旬から開花します。 1994年にキエフから受け取った。毎年恒例のシュートの終わりはわずかに凍結し、開花し、実を結びます。

Spirea Bumald Goldflamme、若い芽他のシモツケと組み合わせたシモツケBumaldGoldflamme

著者による写真