疑わしいtladianta-珍しいキュウリ?

疑わしいtladianta (オオスズメウリ)、 または赤いキュウリ-ロシアの庭師にとって、植物はほとんど知られていません、その果実は非常に珍しい珍味ですが、それは垂直園芸のためのエキゾチックな観賞植物としてアマチュア庭師の間でのみ見つけることができます。

この驚くべき植物は、中国の極東および北東地域の南部地域に自生しています。 Tladiantaは、カボチャ科の多年生の装飾用つる植物で、いわば、私たちにとても馴染みのあるズッキーニとキュウリのアジアのいとこです。

荒涼とした自然の生息地では、疑わしいものは、沿岸の牧草地、低木の間、海岸の緩い砂の堆積物、そして庭や菜園の一般的な雑草としても見られます。

ふわふわの毛の芽は5メートルの長さに達し、支えがあれば、触角のために簡単に立ち上がり、急速に成長します。トラディアントの薄緑色の葉はハートの形をしていて、柔らかさのフェルトに似ており、外側に小さな毛羽があります。

オオスズメウリ

開花期間は非常に長く、夏の間、そして初秋までです。この文化は雌雄異株です。男性の植物は、花びらが後ろに曲がっているチューリップに似た明るい黄色の花を持っています。花の直径2〜3 cm、花序でブラシの形で収集されます。女性の植物の花は、はるかに控えめで、形が平らで、それほど明るくはなく、単独で成長します。

集中的な受粉で、植物は豊富な実を結びます。色、形、大きさにおいて、華やかな果実は小さなキュウリに似ており、熟すと緑から赤またはオレンジレッドに変わり、縞模様はほとんど目立たなくなります。果実の内部には、硬い種がたくさん入った赤みがかった果肉が含まれています。

オオスズメウリオオスズメウリ

塊茎の地下部分はかなり大きな塊茎の鎖で、長さ8 cm、直径2cmまでです。このアジアの女性は非常に肥沃であるため、2〜3年でサイト全体の主権の愛人になることはありません。植えるときは、たとえばスレートシートを地面に深く掘り下げるなど、あらゆる方向から制限する必要があります。 0.5メートル。

成長するトラディアン

すべての「以前の」雑草のように、疑わしいトラディアンタは気まぐれではありません。それは、ひどく枯渇していない適度に湿った土壌で繁栄しますが、重い土壌には耐えられません。水やり-必要に応じて。それは1つの場所で10年以上成長することができます。

安定した氷点下の温度が確立されると、植物の地上部分が枯れてしまい、塊茎はひどい霜にも簡単に耐えることができます。春には、つるは非常に速く成長する新しい芽を与えます;暖かい晴れた天気では、毎日の成長は10-12cmに達することができます。

このリアナは、庭、部屋、ロッジアでとても快適に感じます。バルコニーやロッジアでは、肥沃な土壌を備えた大きな箱を用意するだけで十分であり、生後2年目には最大10個の塊茎が形成される可能性があります。

オオスズメウリ

 

トラディアントの繁殖

種子によって繁殖することは可能ですが、はるかに簡単です-塊茎は、春先または秋に6〜8 cmの深さに植えられます。塊茎間の距離は60〜70cmです。

家では、この雌雄異株の植物は地元の野生のハチによって受粉されますが、私たちのハチ、ハチ、マルハナバチはこの外国人を受粉しないので、トラディアンダの栽培には手作業による受粉が必要になります。さらに、植物自体の雄花は花粉の供給源として適しているだけでなく、ズッキーニ、キュウリ、カボチャまたはカボチャからの花粉も適しています。この場合、種なし果実が形成されますが、それ自体の花粉で受粉した場合よりもはるかに良い味がします。

疑わしいtladiantaは素晴らしい観賞植物です。その柔らかい葉、そして私たちの緯度のための非常に活気に満ちた開花、そしてもちろん、その珍しい果物は非常に独創的に見えます。

装飾目的で、この植物は他の急成長しているつる植物のように使用することができます:隠される必要がある場所を飾るために;望楼またはベランダ、アーチまたは古い木を美化するため。「緑の壁」を構築するのに最適な材料は、おそらく見つかりません。

緑の果物-ピクルス、赤-ジャム

トラディアンの果物が食べられます。緑の果物は、味は異なりますが、通常のきゅうりやズッキーニのように塩漬けにして缶詰にします。熟した赤い果物は甘い味がして、新鮮に食べるか、ジャム、ジャムまたは砂糖漬けの果物で作ることができます。

オオスズメウリ

この植物は、去痰薬、収斂薬、抗痂皮薬として、消化管のさまざまな病気の予防と治療のための東洋医学で広く使用されています。赤きゅうりは頭痛や高血圧を取り除くのに役立ち、インフルエンザの流行の予防薬として、また坐骨神経痛や骨軟骨症の予防薬として使用されます。

RitaBrilliantovaによる写真とGreenInfo.ruフォーラムから