シモツケ:さまざまな品種

シモツケ(Spiraea japonica)シモツケ(Spiraea japonica)

シモツケの故郷(シモツケ)-中国、日本。

高さ1〜1.5 mの低木です。青年期の新芽は、思春期のトメントースで、すぐにむき出しになり、細かくリブまたは縞模様になり、滑らかで紫がかった茶色になります。葉は長楕円形または楕円形で、長さ9〜11 cm、幅2.5〜4 cmで、青年期には二重に鋸歯状の歯があり、赤みがかって毛が生えています。花序は、細長い一年生の芽に見られる思春期の円錐花序です。花は淡いピンクから濃いピンクまであります。 6月下旬から8月に咲きます。

科学研究所のコレクションでは、ニジニノヴゴロド州立大学の植物園。 N.I. 1936年以来のロバチェフスキーは、ジメンキ(ゴーキー地域)から得られたサンプルの1966年の複製があります。わずかに1年の増分がわずかに凍結します。厳しい冬の多年生の木では、これは開花に影響を与えず、種子は熟します。

シモツケの装飾的な形

アルピナ ' -縞模様の、ほぼ丸い、密に思春期の黄色がかった芽を伴う、低く、密に枝分かれした低木。葉は上が濃い緑色、下が青みがかっています。花は淡いピンクです。 7月から8月に咲きます。 1994年にキエフから受け取った。高さ0.5m。わずかに凍り、咲き、実を結ぶ。

 

シモツケ日本アルピナシモツケ日本アルピナ

フォーチュニー ' -茂みの高さは最大1.7mです。葉は上に皺があり、下に光沢があり、咲くと光沢があり、赤みがかっています。花は明るいピンクです。花序は強く枝分かれし、柔らかく思春期になります。 7月から8月に咲きます。

1975年にベラヤツェルコフから受け取った。通常、厳しい冬には、一年生の芽の終わりだけがわずかに凍ります-多年生の木。咲いて実を結ぶ。

シモツケ

 

ゴールデン 王女' -春は低成長(0.3〜0.4 m)、コンパクトな樹冠、明るい葉色で元の種とは異なり、夏は色あせてわずかに緑色になり、秋はピンクがかった色になります。 1999年にルブリン(ポーランド)から受領。少し凍ります。咲いて実を結ぶ。

シモツケゴールデンプリンセスシモツケゴールデンプリンセス
シモツケゴールデンプリンセスシモツケゴールデンプリンセス

リトル 王女' -茂みの高さは最大0.6m(まだ0.4 m)、樹冠の直径は1.2 m、樹冠はコンパクトで丸い。葉は楕円形で濃い緑色です。花はピンクレッドで、直径3〜4 cmまでのコリムボースの花序で、7月から8月に咲きます。 1999年にルブリン(ポーランド)から受領。わずかに凍り、咲き、実を結ぶ。

 

シモツケ日本のリトルプリンセスシモツケ日本のリトルプリンセス

ナナ ’ -成長が遅く(0.5 mあります)、クラウンがコンパクトであるという点で、元の種とは異なります。 6月下旬から7月に咲きます。 2000年にキエフから受け取った。少し凍って咲きます。

シモツケナナ

Neyword'- 樹冠はコンパクトで半球形(これまでの高さは0.5m)、黄色がかった葉で、秋に上品に描かれています。 1999年にルブリン(ポーランド)から受領。少し凍り、咲き乱れます。

 

シモツケ日本語Neywordシモツケ日本語Neyword
シモツケ日本シモツケ

Ovalifolia ' -白い花と楕円形の裸の葉を持つ低木。高さ0.7m、7月に咲きます。

1976年にベラヤツェルコフ(ウクライナ)から受領。通常、毎年恒例のシュートの終わりはわずかに凍結し、開花し、実を結びます。

 

ルベリマ ' -細かく思春期の花序にあるカーマインレッドの花の低木。若い頃に思春期を撮影し、その後ほとんど裸になります。高さ0.5m、6月下旬〜7月に開花します。

2001年にユジノサハリンスクから受領。芽の端がわずかに凍り、咲きます。

シモツケルベリマ

 

白花 ' -低木は高さ0.6〜0.8 m(まだ0.4 m)、樹冠の直径は1.2 mです。葉は細​​く、槍状で、濃い緑色で、長さは最大2cmです。同じ茂みの花の色は白からピンクと赤までです。 7月から8月に開花し、9月に二次開花が見られます。秋の葉は色とりどりです。 2004年にモスクワから苗木が受け取りました。毎年恒例のシュートの終わりはわずかに凍結し、咲きます。

シモツケシモツケシモツケシモツケ

著者による写真