ヘイフェヌグリーク:文化史

フェヌグリーク

ヘイフェヌグリークは、最も古い薬用植物の1つです。現在のイラクで見つかったその種は、紀元前4000年にさかのぼります。考古学者はまた、ツタンカーメン王の墓でフェヌグリークの種子を発見しました。古代エジプト人はこの植物を野菜として食べ、その種は防腐処理に使用した香辛料に含まれていました。フェヌグリークは古代エジプトで傷、炎症、火傷を癒し、出産を促進するために、そして蜂蜜と一緒に消化不良、糖尿病、くる病を治療するために使用されました。

古代ローマの医師、薬理学者、自然主義者であり、生薬学と植物学の創設者の1人であるディオスコリデスのメモは、膣炎、外陰炎、子宮感染症などの婦人科の問題の治療にこの植物が広く使用されていることを証明しています。

フェヌグリークの種子は、食欲と体力の向上のために剣闘士やギリシャの運動選手に食べられました。さらに、古代ギリシャ人とローマ人はフェヌグリークを強力な抗糖尿病薬と見なし、フェヌグリークが動物の食欲を増進し、植物の匂いが牛乳に移るので、家畜飼料の人気のあるサプリメントとしても使用しました。

古代中国では、医師はヘルニアの治療、膀胱の病気、筋肉痛、インポテンスにフェヌグリークを使用し、発熱、腸、肺の病気に推奨されていました。

干し草フェヌグリーク種子

フェヌグリークは伝統的に使用されており、北アフリカ、中東、インドでは、食欲不振や解熱剤の治療、胃炎や胃潰瘍の鎮静、出産時、ガラクトゲンとして今でも広く使用されています。

アーユルヴェーダでは、この植物はシャンバラと呼ばれています。古典的なアーユルヴェーダ医学では、フェヌグリークは、多くの胃腸疾患の緩和のための一般的な強壮剤として、乳汁産生剤として、ならびに痔核および慢性咳嗽の治療のために使用されます。インドの女性は、出産後にシャンバラの種を食べて、背中を強化し、若返らせ、母乳の流れを増やします。

この植物は、9世紀にベネディクト会の僧侶によって中央ヨーロッパに持ち込まれ、その後、シャルルマーニュの帝国庭園でかなり広範囲にわたるフェヌグリークの栽培が始まりました。この植物が傷、発熱、呼吸器および胃の病気の治療のためにヨーロッパの医学で広く使われるようになったのは9世紀からでした。

フェヌグリークはリディアピンカムエリクサーの一部であり、19世紀後半から20世紀初頭にかけてアメリカで非常に人気があり、月経の不快感を和らげました。この秘薬は、19世紀の最大の医学的発見と見なされていました。

記事も読む:

  • 成長するフェヌグリーク
  • 干し草フェヌグリークの有用な特性
  • 料理の干し草フェヌグリーク