播種前に種をまく

種子を浸すための準備ExtraFlorNo。7

多くの庭師はよく質問をします-播種する前に種を浸す必要がありますか?もちろん、乾かして播種することもできますが、浸すと数日前に苗が現れ、土壌での種子の枯死のリスクを最小限に抑えます。この農業技術技術は、寒い春の播種条件で特に効果的です。ほとんどすべての種子を浸すことができることは注目に値します。この技術は、発芽の長い種子、熱を好む作物の種子、大きな種子のある緑色、発芽中に多くの水分を必要とする種子(タマネギ、マメ科植物)に関連して特に効果的です。早く出現する種子、非常に小さい種子、および種子は、冬の播種中に浸す必要はありません。

種子はきれいな水に浸すことができますが、生物学的に活性な物質を含む溶液でこれを行うことがはるかに好ましいです。播種前処理用の天然製剤「エクストラフロールNo.7」は、丈夫な苗や良い植物を育て、豊作をもたらします。

「ExtraFlor№7」は、種子の発芽を促進し、成長過程を促進し、種子のほとんどの病気と戦い、すでに成熟した植物の病気に対する抵抗力を高めます。さらに、その使用は、熟成期間を短縮するだけでなく、収量を大幅に増加させることも可能にします。薬のそのような特性は、松やモミの針の抽出物であるその組成によるものです。松葉には、ほとんどの害虫や病原菌、エッセンシャルオイルから保護する樹脂が含まれています。モミの針には、非常に高い生物活性の消毒剤および治療剤として長い間使用されており、成長を刺激し、忌避し、殺虫性のあるモミ油が含まれています。さらに、モミの針にはフラボノイド、ビタミン、ミクロおよびマクロ元素(マグネシウム、亜鉛、マンガン)が含まれており、さまざまな作物の植物や種子の成長刺激特性を大幅に向上させます。追加のプラスは、薬の使いやすさです。

それで、種子の予備的な浸漬が友好的な芽の出現とそれに続く豊かな収穫の秘訣であることがわかりました。シードを浸すプロセスは非常に簡単ですが、それでも、成長刺激剤を使用して正しく行う方法を考えてみましょう。

「ExtraFlorNo。7」を使用すると、製剤に含まれる物質自体が病気と戦うため、種子を事前に消毒する必要はありません。

浸すには、幅広の平らな皿と水分をよく吸収する素材が必要です。そこから5×5cmの正方形を用意します。

製剤の1つのセルの内容物に200mlのお湯を注ぎ、室温まで冷まします。この溶液量は、100gのシード用に設計されています。

用意した種を布に敷きます。ロールアップして、溶液の入った容器に入れます。

各封筒に番号を入れて、番号と植物の種類の対応をノートに書き留めておくと便利です。容器を閉じて、暖かいが熱くない(バッテリーではない)場所に6〜8時間置きます。

浸した後、種子は流動するまでわずかに乾燥させてすぐに播種するか、発芽させることができます。浸漬した種子は、乾燥した種子よりも浅い深さで播種されることに注意する必要があります。

種子を浸した溶液は、あらゆる園芸植物の根の摂食に使用できます。

親愛なる庭と菜園の店の所有者、自然な準備であなたの品揃えを広げてください!

サプライヤー-Euro-Seeds、tel。+7 (495) 662‑67‑80, 662‑56‑74

//www.euro-semena.ru/