真ん中の車線でスイカを育てる方法

スイカは非常に好熱性で、降雨量の少ない暑い地域で最もよく育ちます。その種子は+ 150℃の温度で発芽し、実生と若い植物は温度が+ 50℃に下がると成長を停止し、果実は+ 25 + 300℃の温度で成熟します。ただし、スイカは温暖な気候で成長する可能性があります。主なことは問題を取り除くことです:果物を注ぐための短い夏、熱の不足、過度の湿気、悪い果物の設定。
真ん中の車線で育ったスイカ真ん中の車線で育ったスイカ

短い夏

スイカが作物を形成するのに必要な活動温度の合計は、少なくとも30,000℃でなければなりません。ロシア中部およびより北部の地域では、スイカの成長に有利な期間は、早熟の品種および雑種でさえ、成長期よりも短い。したがって、植物は、再発するコールドスナップから植物を保護するために、開発中の実行を与えられなければなりません。

この問題を解決する1つの方法は、苗木を育てることです。スイカは12時の植物に属しているため(日が長くなったり短くなったりすると、果実の形成が妨げられます)、4月の30年から5月上旬に苗の播種が行われます。キュウリ、ズッキーニ、カボチャなどのスイカは、根を傷つけるため、移植、摘み取り、その他の手順を容認しません。したがって、すぐに少なくとも300 ml、高さ10 cmの鉢に種を蒔き、泥炭、芝、砂、またはおがくずから同じ割合で土を準備します。硝酸アンモニウムと硫酸カリウム(それぞれ55 g)、二重過リン酸石灰(100 g)、ドロマイト粉(50-60 g)をこのような混合物のバケツに加えます。

堆肥の山にスイカ

スイカの品種を栽培するときは、2〜3年前の種子を使用することが好ましい。雑種の種子も、最初の年に十分な数の雌花が産まれるので、新鮮なものに適しています。播種する前に、種子を温水(+ 500C)で20〜30分間温め、湿った砂または湿った柔らかい紙(濾紙、トイレットペーパー)で+ 22 + 25°Cの温度で発芽させます。 2〜3日後、根が芽生えたら、種(2個)(平ら)を鉢に広げ、砂または腐植土でマルチングします。容器をラップで覆い、暖かい場所に置きます。

芽が出た後(約1週間後)、日中は同じ温度に保ち、夜は+ 20℃まで下げます。通常、春には太陽が明るく輝きますが、天気が曇っていたり、光が足りない場合は、フィトランプをオンにしてください。そうしないと、苗が伸びてしまいます。 2つまたは3つの本葉の段階で、モウズイカと灰、または任意のミネラル可溶性肥料の注入で苗を養います。

ただし、苗木を準備できるとは限りません。その後、バイオ加熱ベッドが役立ちます。 4月、日当たりの良い、しかし風から保護された場所で、幅約1 m、高さ任意の長さの糞泥炭の山を置きます。敷設1年目からの堆肥の山も機能します。そこには、30-40 x 40 x 60 cmのくぼみ(3個/ 1平方メートル)が作られ、硝酸塩または尿素と混合されたわらの肥料とおがくずで満たされています。スタックと沸騰したお湯の束をこぼし、腐植土または肥沃な土壌の25〜30 cmの層を置き、厚いフィルム(できれば黒)、黒い不織布、わら(葦)マットでベッドを覆います。古いラグも使用できます。

スタックが温まったら、シェルターを取り外し、互いに少なくとも1 mの距離を置いて、深さ約10 cmの穴を開け、過マンガン酸カリウムの温かいピンク色の溶液をこぼし、それぞれに乾燥した種子を2、3個まき、元に戻します。避難所。苗が成長するにつれて、下のフィルムに十字形の切り込みを入れて茎を引き出し、弧を代用してカバーの2番目の層を持ち上げます。

 

熱と光の欠如

北へのスイカの贈り物

温暖な気候帯では、霜や寒さの脅威が過ぎ去った6月中旬に苗木が野外に植えられます。スイカは地下水や酸性土壌の近くに立つことを容認せず、照明にうるさく、明るい太陽を愛しています。したがって、北風と北東風から保護されたメロンのためのオープンな場所を割り当てます。雨が降った後、水が停滞せず、土壌がさらに暖まるように、南に傾斜した隆起したベッド(高さ15〜25cm)を作ります。スイカは堆肥の山でもよく育ちます。スイカはキュウリのように栽培することができます-トレリスで、そのおかげで植栽はよく換気され、照らされています。この栽培方法では、列は2 mごとに配置され、その中の植物は1〜1.5mの距離に配置されます。

必ずリン-カリウム肥料(アゾフォスカ、ニトロフォスカ、カリフォス、または秋には-二重過リン酸石灰とカリウム塩の混合物)で土壌を満たしてください-リンとカリウムはスイカの糖の蓄積を改善します。ただし、新鮮な肥料は使用しないでください。スイカは肥育され、葉だけが与えられます。

スイカを太陽に慣れさせるには、午後遅くに苗を常設の場所に置きます。個々の植物は不織布で覆うことができます。固い尾根の上で、アーチや耳珠に一時的なフィルムカバーを取り付けます。スイカは、温室または背の高い温室に、早ければ5月に植えることもできます。

 

湿度の調整

スイカスタート

若い植物は1日あたり最大200mlの大量の水を消費します。それらに豊富に水をまきますが、週に1回以下の頻度で-これは根の成長を刺激します。さらに、雑草を取り除きながら、土壌を季節ごとに3〜4回、深さ10cmまでほぐす必要があります。雌花が開くと、スイカは2倍の頻度で水を与えられなくなり、果実が形成されると、水を与えるのを完全に停止します。

フィルムシェルターは6月末に撤去されます。ただし、雨天時や8月末に復旧するため、露や昼と夜の気温差に悩まされることはありません。避難所を定期的に換気してください。そして、温室と温室の植物の上に滴り落ちる、伸びるガーゼまたは不織布材料がないように。

 

果実の設定を改善する

 

スイカ月

真ん中の車線には十分な花粉交配者がいます。しかし、曇りの日には、植物を手で受粉させ、1つの花のおしべを他の2つまたは3つの雌しべに接触させる必要があります。受粉後、果実は35〜45日で熟します。

種を蒔くときは、最初の葉が成長したときに苗を薄くし、次にシャトリック段階(3〜5本の葉)で、各巣で最も強い標本を1つ残します。植物間の距離は1メートル以上でなければなりません。

南部では、大きな果実を形成するために、ミンティングが使用されます-茎の上部は、それらの成長を制限し、分岐を強化するために削除されます。真ん中の車線では、つまむ必要があります。初めて、5番目または6番目の本葉の上にある茎の上部を取り除きます(これにより、雌の蒸留花による側芽の形成が刺激されます)。 2番目の成形は、果実の後に3枚の葉を残し、茂みに4個以下の果実を残すことで、子房の形成の開始時に実行されます。カットポイントを粉砕した木炭またはチョークと硫酸銅のペーストで覆い、次に泥炭で植物の周りの土をマルチングするか、茎の根元に腐植土を追加します。一週間後、まつ毛を尾根部分に均等に広げ、数か所に土をまぶすか、ヘアピンで固定します。この技術は、オープンエリアで特に重要です。風が茎を簡単に回してねじり、葉を折って傷つけます。

北部地域では、トレリス技術により、1本の茎でスイカを栽培しているため、3〜4本の果実をつなぎ、主茎がトレリス線に達するとつまみます。

保護病気や害虫から

スイカは、メロンアブラムシ、ワイヤーワーム、かじる蛾、牧草地の蛾、新芽のハエ、鳥、げっ歯類によって害を受けます。昆虫の数が少ない場合は、生物学的製品(Bitoxibazzillin、Lepidocid、Fitoverm)を使用してください。害虫が多い場合は、化学殺虫剤を使用する必要があります。植物は牧草地の蛾、かじるスクープ、メロンに対してデシスまたはフファノンを噴霧され、タントレックはアブラムシから保護します。しかし、全身薬のアクタールはより効果的です。刺激的な抑止臭のあるトラップと物質だけがげっ歯類から救うことができます(たとえば、グリースやクレオリンに浸したぼろきれは、メロンの周囲に沿って配置されます)。果物をつつく鳥から、メロンの上に網を引っ張ります。

スイカは、うどんこ病、ペロノスポローシス、アスコキトーシス、炭疽病など、キュウリと同じ病気の影響を受けます。したがって、予防と治療の手段は同じです-Ordan、コロイド硫黄、Tiovit-jet、Abiga-Peak、HOM。そして、果物が湿った土壌と接触しないように、ボードの断片、ポリマー絶縁材料をそれらの下に置くか、ネットに置いて、それらの隣に打ち込まれたペグに掛けます。