イラクサ-堆肥の山からの薬

この植物は温暖な気候の国で最も一般的なものの1つであるという事実にもかかわらず、その価値は少なくとも減少しません。イラクサは最も真剣な議論に値します。イラクサへの関心は、その化学組成と薬理学的特性のますます詳細な研究として絶えず高まっています。 イラクサ(Urtica dioica)

世界には1つではなく、約50種のイラクサがいることがわかりました。私たちの国だけにそれらの約12があります。これらの中で最も一般的で有用なのはイラクサです。. 総称はラテン語のurereに由来すると考えられています-「燃やす」。この種は雄(スタミネートの花を持つ)と雌(蒸留花を持つ)の両方の植物を持っているので、雌雄異株と名付けられました。それは極北を除いて、ほぼロシア全土で成長します。

この植物のほとんどすべての一般的な名前は、燃える能力に関連しています(刺す、焦げる、イラクサを刺す、鳴くなど)。イラクサは、イラクサと呼ばれることもあります。これは、同じ属の別の種と混同され、医学でも使用されますが、それについては後で詳しく説明します。イラクサの通常の生息地は、峡谷、貯水池の土手、ハンノキの森、茂みの茂みです。彼女は本当に人と近所に恋をしました、そして彼女は庭、菜園、道路沿い、特に有機物質がたくさんある畜産農場の近くで雑草として彼女を見つけるのは簡単です、彼女はとても大好きです窒素栄養とこの要素を大量に蓄積します。したがって、栄養価の点で、それは多くの伝統的な食用植物をはるかに後回しにします。そして、今度は、イラクサの豊富な茂みは、窒素が豊富な肥沃な土壌を示しています。

イラクサ (イラクサ雌雄異株L。) -刺すような腺の毛で覆われた、高さ2メートルまでの多年草。根茎の紐状、水平、分岐、黄色。茎は直立し、四面体で、畝があります。葉は反対で、ペティオレートです。細長い尖った卵形で、大きな茎があります。花は小さく、緑色で、孤立していて、無茎で、小さな糸球体で、枝分かれした、スパイク状の、ぶら下がっている腋窩の花序に集められています。果実は黄色がかった灰色の卵形または楕円形の小堅果で、長さは約1.5ミリメートルです。 6月から秋に咲き、7月から種子が熟します。

誰もがイラクサを知っているように見えますが、それでも、白い子羊と一緒に集めると混乱することがよくあります (ラミウムアルバム L。), やけどの性質がないことから「死んだイラクサ」と呼ばれるヤスノトコフ家に属しています。葉の腋には白い二本の唇の花があり、普通に見えるイラクサの花とは非常に異なっているので、それらに気付かないことは不可能です。白子羊は漢方薬にも使われていますが、これは別の記事のトピックです。

オドリコソウ(オドリコソウ)ヘンプイラクサ(Urtica cannabina)

雌雄異株の刺すような親戚

 

私たちが興味を持っているタイプに加えて、時々彼らは イラクサ(イラクサurensL.). それは、縁に沿って鈍い歯を深く切った、より丸い葉を持つ毎年恒例の小さなハーブです。それは主に国のヨーロッパの部分で見られます。イラクサ並みの収穫が許可されている国もありますが、我が国では主にホメオパシーに使用されています。

ヘンプネトル(イラクサカンナビナL.) 主に極東とシベリアに分布。それは特徴的な3-5葉が異なり、羽状の葉と時には二重羽状の歯が刻まれた葉があります。

そしてここ 狭葉イラクサ(イラクサアンガスティフォリアフィッシュ.exホーネム.) そして 思春期のイラクサ(イラクサロコトレデブ.) 一部の分類学者は、イラクサを亜種と見なしています。 1つ目はシベリアと極東で見られ、葉が狭く思春期が悪いことが特徴です。2つ目は、シスコーカサスを含む南東部で成長し、葉、葉柄、葉の下側に密な羊毛の思春期があります。他の違いの中で、それは雌雄同株の植物です。

何をどのように調達するか

薬用には、種子、葉、根茎が使用されます。葉はイラクサの開花時に収穫されます。後のブランクで、それらはそれらの有用な特性を著しく失います。道路沿いや産業廃棄物の埋め立て地で原材料を収穫する必要はありません。

あなたがマゾヒストの一人でないなら、手袋でこれをする方が良いです。大きな茂みでは、植物を斜めに刈り取り、少し枯れてから、葉を分離することができます。同時に、彼らは辛味を大幅に失います。乾燥した原材料は必然的に日陰になり、薄層に広がります。光の中で乾燥させると、イラクサに豊富に含まれるクロロフィルやカロテノイドなどの重要な化合物が破壊され、外見上は原料の豊かな緑色が失われます。カットしたシュートをゆるいほうきに結び、屋根裏部屋に吊るすこともできます。乾いたら、脱穀する必要があります。乾燥原料は原料重量の20%を占めます。原材料の貯蔵寿命は2年です。

根茎は、再成長する前に秋または早春に収穫されます。乾燥した天候では、それらは屋外または太陽の下でさえ乾燥することができます。

イラクサの有用な特性、またはその強さは何ですか

 

イラクサとは、すべての部品を使用する植物を指します。しかし、それらはさまざまなケースで使用され、非常に異なる化学組成を持っています。

イラクサ(Urtica dioica)

葉はビタミンが豊富です:Kまたはフィロキノン(42-45μg/ g)、パントテン酸、カロテノイド(3-カロテン、キサントフィル、ビオラキサンチン)。灰にはミネラルが含まれています:CaOを含む最大20%-24-33%、K2O-14-20%、MgO -3-10%、Fe2オンス-3-6%、Na2O-1〜2%、P2O5 4〜9%、SiO2 -6〜10%、塩化物4〜6%、銅-0.4 mg%、マンガン6 mg%、アルミニウム16 mg%、微量のコバルトと亜鉛。地上の塊は、フェノールカルボン酸(カフェー酸、p-クマル酸、フェルラ酸)、クロロフィル(2-5%)、プロトポルフィリン、シトステロール、コリン、ベタイン、フィトンチッド、およびガムを蓄積します。フラボノイド、主にケルセチン誘導体の含有量は0.7-1.8%です。

新鮮な葉では、刺すような毛がはっきりと見え、壊れやすい珪質の上部があります。髪の毛の秘密には、微量のギ酸が見つかり、2 mg%のアセチルコリン、3 mg%のヒスタミンが見つかりました(イラクサと接触すると、そこに含まれるギ酸と一緒に、皮膚に激しい刺激を与えます)、セロトニンは0.02mg%ですが、これらの物質の乾燥原料にはほとんど残っていません。有機酸のうち、酪酸、リンゴ酸、シュウ酸、クエン酸、コハク酸、酢酸、およびギ酸が測定されました。動物実験でインスリン様効果を示した、いわゆる「グルコキニン」と呼ばれる不定式の物質の存在が認められました。

新鮮な若い葉は非常に高いアスコルビン酸を含んでいます。

根茎には、5%の灰、10%がCaO、クマリン誘導体の主な活性物質であるスコポレチン、および約1%の植物ステロール(3-P-シトステロール、シトステロール-3-r-O-グルコシドなど)が含まれています。フェニルプロパン、および比較的まれなタイプのリグナンが見つかりました。遊離アミノ酸が含まれています:アルギニン、アスパラギン酸、グルタミン酸、その他の酸、およびタンパク質と炭水化物。

イラクサ根茎の水性抽出物から、特異的凝集活性の低い希少なペクチンが単離された。糖タンパク質グループの植物ペクチンは、糖残基を認識して結合することができます。 UDAという名前のイラクサ根茎ペクチン (U. 雌雄異株 agglutinin)は、血液型に関係なく、赤血球を接着することができます。また、ヒトリンパ球でのγ-インターフェロンの合成を刺激します。イラクサの102個の個々のクローンのイソレクチンの組成に関する分析イオン交換クロマトグラフィー研究により、11の異なるイソレクチンが明らかになりましたが、これらは同時には発生しません。

UDAは炎症を抑制し、科学的に言えば、細胞増殖を阻害し、他の植物種のペクチンよりも活性があります。この化合物がイラクサの根茎にかなりの量(乾物ベースで0.1%)存在することを考えると、前立腺炎を含む炎症性疾患の治療に大きく貢献することができます。

果物には25〜33%の脂肪酸が含まれており、そのうち78〜83%はシスリノレン酸であり、さらに1%のリノレン酸、0.1%のデルタトコフェロール、3〜8%のカロテノイドが含まれています。さらに、タンパク質やミネラルが発見されています。

イラクサを使用するためのレシピ-記事内 イラクサの使用:ディオスコリデスから現在まで。

RitaBrilliantovaによる写真とGreenInfo.ruフォーラムから