キクイムシの脅威にさらされているトウヒの森

著者:Shcherbakov A.N.、

KBN、研究者、モスクワ州立大学森林生態学および森林保護局

トウヒが優占種であるモスクワ地域や他の多くの地域のトウヒ林では、過去2年間で、最も危険なトウヒの害虫であるタイポグラファーのキクイムシの数が急速に増加しています。 2010年、干ばつと火災の時期に、3か月でほぼピーク人口に達しました。そのような数で、この害虫は健康な木に植民地化し、それらを死に至らしめることができます。

キクイムシのタイポグラファータイポグラファーのキクイムシが動く

ポドルスキー、オジンツォフスキー、ズベニゴロドスキー、およびモスクワ地域の他の多くの地区の広大な地域には、乾燥した大きなトウヒの塊がたくさんあります。彼らの死の理由は、タイポグラファーによるキクイムシによる樹木の損傷でした。この危険な害虫の数の増加は、2009年のハリケーンの後に始まりました。倒れた木は時間内に取り除かれず、その結果、主にタイポグラファーによるキクイムシによって、茎の害虫が大量に生息し始めました。 2010〜2011年の夏の干ばつはトウヒ林の弱体化を引き起こし、これはすでに成長中の生きている木の植民地化と害虫の数のさらなる増加につながっています。一部の地域では、トウヒの枯死が市民農園の70〜80%に達し、最も古い樹木(60〜80歳以上)が生息していました。若い木はそれほど苦しみませんでした。

タイポグラファーによるキクイムシが生息するトウヒの典型的な眺め

現在、トウヒ林の広大な地域は、タイポグラファーによるキクイムシによる被害の脅威にさらされています。この害虫に対する連邦管理プログラムにもかかわらず、大量繁殖の発生は続いており、依然としてピーク値に近い。特別な問題は、個人の開発のために割り当てられ、貸し出されている森林地帯によって提示されます。これらの領域は、森林の森林の病理学的状況を制御する州の構造物の注意の領域の外にとどまっています。しかし、これらの地域では、樹木の大量乾燥が最も頻繁に観察されます。その後の数年間で、それらは害虫の保護区になる可能性があり、そこからさらに分散が起こります。これは、いくつかの要因によって促進されます。

  • キャノピーを薄くした結果、木の光の状態が大幅に変化します。古いトウヒはそのような劇的な変化を許容せず、これはそれらの弱体化につながります。
  • 建設工事の結果として、何十年にもわたって森林地域で発達した植物の水環境はしばしば変化し、これはまた木を弱体化させます。
  • レクリエーションの負荷は、土壌の過圧密と、木の根系の機能の空気と水の体制の変化につながります。

これらすべてが樹木の生存能力の大幅な弱体化につながり、そもそもさまざまな茎の害虫が生息するのはまさにそのような森林地域です。

モミの森で風に吹かれて

そのような地域は、保護措置だけでなく、弱体化した樹木の生存率を回復するための特定の作業も必要とします。これにより、樹木の生存の可能性が高まります。

キクイムシの飛行-タイポグラファー(カブトムシが木に生息する時間)は5月の初めに始まるので、この害虫と戦うためのすべての主要な対策はこの期間に合わせなければなりません。ほとんどの場合、カブトムシの数が多い飛行の2つのピークがあります。1つ目は5月上旬から6月上旬までの期間で、2つ目は7月中旬から8月中旬までです(出発日は気象条件によって異なる場合があります)したがって、トウヒの保護に関する作業は、害虫の飛翔のピークに従って実行されます。これらの期間の間に、キクイムシの飛行の中間波があるかもしれません(そのような状況は2011年に観察されました)。

村のトウヒを乾かすカーテン。フィルサノフスカ(2011)

タイポグラファーのキクイムシから森林地域を保護するための優先事項は次のとおりです。

  • 森林病理学的検査;
  • 害虫の大量飛行が始まる前の樹木の保護(タラン、タルスターおよびその類似クリッパーの薬物による樹木の処理);
  • 飛行中のカブトムシの破壊対策。
  • 保護地域での害虫の監視。
  • 害虫が出現し始める前に、新しく生息した木の除去。 (人が住んでいる木を伐採する場合は、敷地内に樹皮を残さないでください。樹皮を木から取り除き、キクイムシとその幼虫と一緒に破壊する必要があります。生きている害虫のいる幹を取り除いても、全体的には改善されません。森の状況)。

キクイムシと戦うための作業を行う場合、タイポグラファーは保護対策だけに限定されるべきではありません。それらと一緒に、弱体化した植栽の安定性を高めるための作業を実行する必要があります。これらには、樹木への刺激処理の適用、無機肥料による施肥、および可能であれば、乾燥期間が長引く場合の樹木の追加の水やりの計画が含まれる場合があります。

Kryukovo駅近くのトウヒの塊の乾燥(2011年7月9日の宇宙からの画像、Google Earth)

著者による写真