8月に多年生植物を播種する

ヨウラクユリ(Fritillaria imperialis)、未熟な果実

収穫したての種を蒔き、さらに8月に多年生植物を繁殖させる価値はありますか?それはどのような花の作物で機能し、何が機能しませんか?それとも、春まで種まきを待つほうがいいのでしょうか、それともまったく気にせずに種をまき散らしてみるべきではないでしょうか。答えは植物ごとに異なります。

8月は枯れる時期です

確かに、この時期に多くの顕花植物が枯れてしまい、種が熟しているように見えますが、播種することはできますか?かなり、多年生の装飾的な花の多くは種子によってうまく繁殖します、主なことはそれらを正しく集めることです。

そして、彼らはこのような種を集めます

各植物は、種子を内部に隠したり、誇示したりします。つまり、種子と一緒に動作します。たとえば、オダマキ、ベル、カーネーションを考えてみましょう。それらの種子は、肉眼ではっきりと見える興味深い小さな箱に囲まれています。それらから種子を抽出するために何をする必要がありますか?少し我慢してください。箱が乾いたりひびが入ったりするのを待ってから、必要な数の箱を切り取り、各箱を破壊して、紙袋の種をそっと振り落とします。

広葉樹(カンパニュララティフォリア)f。アルバエキナセアパープレア(エキナセアパープレア)とヘレニウム

さらに進んでください-ルドベキア、エキナセア、デイジー、ジェレニウム、アスター-種子が風に散らばる、または単に崩れる直前に、種子が茶色に変わったらすぐにこれらの花を切る方が良いです。種子が播種の準備ができていること、それらが熟していることの兆候は、花序のまさに中心に形成された綿毛です。

ルピナスと同様の植物-ここで最も簡単な方法は、鞘が暗くなるまで待つことですが、鞘が割れる瞬間を見逃してはなりません。そうしないと、種子が自然に落ちてしまいます。

そして今、播種について

オダマキ、デルフィニウム、ルピナス、サクラソウなどの作物は、種子によって完全に繁殖します。ここでは、いくつかの外来種を意味するのではなく、最も一般的で一般的な作物を意味します。文字通り一滴悪くなりますが、良いことですが、種子、おそらくさまざまなベル、ルドベキア、エキナセア、チアノーゼ、バーネット、シロココロコルチク、セージ、キャットニップ、さまざまなゼラニウムやカーネーション、そしてデイジーや多年生のアスター。しかし、これらの作物は、8月に播種することもできますが、春に播種する方がよいでしょう。この場合、作物の上に乾いた草を投げ、その上にトウヒの枝を置くことが不可欠です。

ワレモコウ(Sanguisorba officinalis)カーリーリリー(リリウムマルタゴン)ゼラニウム大根茎(ゼラニウムマクロ根茎)

観賞用の玉ねぎ、スノードロップ、キャベツの木、クロッカス、その他の球根などの作物を8月に播種するリスクを冒すこともできます。もちろん、収穫したての種子を使用しますが、播種するのに最適な時期であるため、土壌を覆う必要があります。彼らは初夏です。

ビクトリーオニオン(Allium v​​ictorialis)

それは恐れることなく、そして避難所なしで、文字通り種を集めるだけで、8月に大胆に播種する価値があるので、これらは入浴者、キンポウゲ、アネモネ、リンドウ、バジル、あらゆる種類の菖蒲、ユリ、牡丹です。彼らの種子は発芽するために層化する必要があります、それは8月からそれほど長くはない、迅速な寒さと雪の覆いによって提供されます。

中国の水着(Trollius chinensis)セージオフィシナリス(Salvia officinalis)

もちろん、奇跡を期待することはお勧めしません。そのため、品種の牡丹、菖蒲、フロックス、カンゾウ、宿主は発芽しますが、装飾的な特徴を保持する苗の割合はごくわずかです。それらには栄養繁殖が提供されます。

種子が熟すとき

しかし、種子の成熟の瞬間に戻ります。それを正確に決定し、まだ「生の」種子を収集するか、この瞬間を逃すか、種子が風に散らばる可能性は常にありません。単一の種子を見逃さないように、ブリーダーと同じように行います-最高品質のガーゼを取り、花が枯れたらすぐに、すべての花序をガーゼで結び、種子がガーゼ自体にこぼれるようにします。または、紙袋を使用しますが、プラスチック製の袋は使用しないでください。種子は発芽を失う可能性があります。

サクラソウや肝虫などの赤ちゃんの話をしている場合は、通常のティーバッグを種を集めるためのバッグとして使用できます。安いお茶を飲むだけです。バッグは厚くて丈夫です。通常のペーパークリップで固定できます。したがって、単一のシードを失うことはありません。

ルドベキアヘレニウムオータムナーレ

種が集められました、次は何ですか?

種子を集めた後、できればドラフトのない部屋で少し乾かし、さまざまな破片や植物の破片から分離して、土をよく掘り、緩めて溝や穴を開けた後、播種を開始する必要があります。

個々の花を蒔く微妙な点

コダチクリスマスローズ(Helleborus foetidus)
  • 白い花-彼の種子は収穫直後の8月に播種され、1センチメートルを緩い土壌に埋め、腐植の層をまき散らします。さらに、播種場所をフィルムで覆うことをお勧めします。これにより、苗の出現が事前に遅くなります。 3年目または4年目には花が咲きます。
  • ヒヤシントイデス、またはスペインのレッドウッド-その種子は約2 cmの深さまで播種され、植物間の距離は15cmになります。
  • メレンデラ-種子は1cmの深さに植えられ、それらの間の距離は9cmに等しくなります。
  • ヘレボルス-播種の深さは約1cmです。
  • ムスカリ-彼らの種は約1.5cmの深さまで播種されます。
  • ワスレナグサ-種子によって完全に再現され、8月の収穫後すぐに播種できます。植え付け深さは約1cmで、その上に2cmの厚さの土の層をまぶすことができます。春には非常によく発芽します。
  • プリムローズ-8月の種まき、種まきの深さは1 cm強、種間の距離は約30cmだとします。
  • プシュキニア-彼らの種は8月に0.5cmの深さまで植えられ、0.5センチメートルの新鮮な土壌の層が振りかけられます。
  • インペリアルエゾライチョウ-8月に播種することはかなり可能ですが、最終的には植物間の距離が40cmであることが望ましいです。
  • チェスのエゾライチョウ-8月に種を集めて播種し、土壌に1〜1.5 cm埋め込んで、それ以上深くすることはまったく許されません。
  • プロレスカ-種子が熟すとすぐに、事前の準備なしで播種することができます。理想的には、それらは緩い土壌の表面に散らばり、2cmの厚さの他の土壌の層を振りかける必要があります。
  • エランティス-種子の播種時期も8月になります。種子を分離してすぐに播種し、2 cm深くして、種子間に約6cmの距離を残します。

これは、伝統的な栄養繁殖法に加えて、夏に種を蒔くことによって繁殖できる花植物の数です。