さやいんげんと生姜のタレ入りチキン

セカンドコースの種類 材料

アスパラガス豆(インゲン)-400 g、

鶏の切り身またはきのこきのこ-200g、

生姜(根)-約3cm、

にんにく-4クローブ、

酢(リンゴ、ワインまたは米)-大さじ1。スプーン、

ケチャップ(またはトマトペースト)-大さじ1スプーン、

砂糖-大さじ1。スプーン、

でんぷん(任意)-小さじ1 +ローリングチキン用、

醤油-大さじ2。スプーン、

オレンジ(ジュース)-大さじ2。スプーン、

植物油-揚げ物用。

調理方法

鶏ササミを細かく切って揚げます。鶏肉をでんぷんや小麦粉に浸します。鶏肉を塩漬けにする必要はありません。塩の役割は醤油の醤油が担います。

生姜の小片を細かく刻むか、すりおろします。

にんにくは皮をむいてみじん切りにします。

ボウルに大さじ1を混ぜます。 l。酢、大さじ1。 l。ケチャップまたはトマトペーストと大さじ1。 l。サハラ。それらに小さじ1を追加します。でんぷんや小麦粉のスライドなしで大さじ2。 l。醤油。大さじ2を注ぎます。 l。絞りたてのオレンジジュース。ソースをよくかき混ぜます。

植物油を入れたフライパンで、鶏肉が接触しないように黄金色になるまで炒めます。肉が多い場合は、数回炒めます。フライドチキンを皿にのせます。

にんにくと生姜を同じ鍋に入れ、30秒炒め、さやいんげんを加えます。冷凍豆は事前に解凍する必要はありません。豆が柔らかくカリカリになり、生姜とにんにくが金色になり始めるまで炒めます。

鶏肉を鍋に戻します。

ソースを追加します。ソースが濃くなるまで、豆、ニンニク、生姜で鶏肉を絶えずかき混ぜながら加熱します。

注意

このレシピは、最終的に何を取得したいかに応じて、豆と肉の比率を変更できるという点でも興味深いものです。つまり、肉と豆、または豆と肉です。

さやいんげんを添えた鶏肉は、シリアルやパスタと一緒に召し上がれます。肉より豆が多かったら、おかずなしで召し上がれます。

肉をきのこに置き換えると、赤身の料理になります。この調理オプションでは、きのこを粗く刻み、でんぷんを巻きます。きのこを皮が出るまで炒めます。

次に、肉と同様に、上記のスキームに従って調理します。

間違えてソースに必要以上のでんぷんを入れた場合は、でんぷんがなくなるまでオレンジジュースを鍋に入れます。たれがたっぷり入って、オレンジゼリーのように見えますが、全然違いますが、とっても美味しかったです!