ヤツデ

ヤツデ (ファッシャ) -アラリエフ家の小さな属 (ウコギ科), 日本南部、韓国、台湾に自生する3種の低木のみで構成されています。

学名は1854年に最初に使用され、日本のヤツデの葉の8つの葉を指す「8」を意味するラテン語の日本語に由来します。以前は、この属はより広く、密接に関連する属Araliaに分類されていました。

ムニンヤツデは常緑の低枝低木または小さな木で、高さは1〜3 mに達します。大きく、幅20〜50 cm、革のようなヤシの木で解剖された葉で、7〜11葉と、長さ50cmまでの葉柄の鋸歯状の縁があります。らせん状の太い茎に、主に芽の上部に集められます。

花序は密集した複雑な傘で、新芽の上部にあり、多くの小さなクリーミーホワイトの花で構成されています。ほとんどがバイセクシュアルで、男性(スタミネート)の花はあまりありません。大きな垂れ下がった苞葉、歯のある縁のあるがく、花冠は5つの自由な花びら、5つの雄しべで構成されています。開花は秋または初冬に発生し、春には小さな青黒の果実が現れます。

これらの観葉植物は、亜熱帯および熱帯気候の庭の設計や、より厳しい条件の観葉植物として使用されます。基本的に、日本のヤツデ、その品種と雑種は、文化の中で広まっています。

ヤツデ(Fatsia japonica)

ヤツデ (ヤツデ)、 ヤツデとも呼ばれ、日本南部、韓国、台湾で自然に見られます。ニュージーランドでは、この種は耕作された庭園を超えて広く帰化した。

これは、高さ1〜3 mの小さく、弱く枝分かれした低木で、太い茎があり、直径20〜40 cmの革のようなパルメートの葉がらせん状に配置され、幅8(7〜9)の葉が1/2に切り裂かれています。 -長さの2/3で、大きな鈍い歯で縁取られています。

冬の気温が-15°Cを下回らない温暖な気候の国々で観賞用の屋外植物として栽培されています。短期間の霜に落ちると、植物は地上で枯れ、暖かくなると地下から成長します。しかし、ひどいまたは長引く霜では、植物は死にます。

Fatsia japonicaは、水はけが良い場合、さまざまな土壌で成長する可能性があり、部分的な日陰の場所を好みます。

その美しい葉に加えて、この植物はそのクレンジング特性で高く評価されており、室内空気からホルムアルデヒドガスを除去することが証明されています。

ルームケアについて-記事の中で ヤツデケア.

日本のファシアの一般的な装飾品種:

  • 「バリエガタ」 は、最大高さ2.5mの美しいふわふわの低木です。幅30cmまでの葉があり、先端はクリーミーです。花は小さく球形で、その後に小さなブラックベリーが続きます。
  • 「アネリーズ」- この品種は、幅30 cmまでの葉があり、黄金色、薄緑色、エメラルドグリーンの斑点があります。植物は1.8〜3 mに達します。日陰は十分に耐え、耐霜性が向上するのが特徴です。
  • 'モセリ '- コンパクトで成長の遅い形で、2.5 mを超えず、緑の葉、白い茎に大きな花、大きな黒いベリーがあります。 10月から1月に咲きます。
  • 'スパイダーウェブ '- 成長の遅い品種で、最終的な高さは約2.5 mです。濃い緑色の葉は、特に周辺部の周りに白い斑点で密に覆われています。
ヤツデ(Fatsia japonica)ヤツデヤツデ(Fatsia japonica)Variegata-黄色

Fatshedera Lise (x Fatshedera lizei) -ヤツデ(ヤツデ)を交配して得られた不稔雑種ヤツデ)とアイルランドのツタ(ヘデラベリー)。 緑と斑入りの形態があり、栄養繁殖のみで繁殖します。

ヤツデ不妊 (Fatsiaoligocarpella) -ハワイで広く帰化した日本の小笠原諸島と太平洋の他のいくつかの島で育ちます。外見はヤツデと非常に似ていますが、葉葉はやや幅が広くギザギザが少ないです。

観葉植物として、不妊症はあまり普及していませんが、イタリアでは主に鉢植えで栽培されています。日中の急激な気温の変化がなく、湿度が高く涼しい気候を好み、部分的な日陰でよく育ちます。

ヤツデ複数 (Fatsia polycarpa) -台湾固有の、山岳地帯で発見されました。大きな葉の部分は、ほぼ基部で9-13の葉に分割されており、ヤツデのものよりも薄く、これにより、冠に透かし彫りと追加の装飾効果が与えられます。植物は非常にまれで、苗床で見つけるのは簡単ではなく、人間の活動の結果としてその自然の生息地は徐々に破壊されます。