チュクチ自治区:万華鏡のようなツンドラ

2016年の夏、一部ではありますが、私の青春時代の夢が実現しました。私はなんとか私の夢の場所、チュクチを訪れることができました。そして、ユーリー・ルィトクの物語を読んだ後、遠くのチュクチに向けて出発し、ヤランガの教師になることを夢見ました...それで、夢の一部が実現しました-チュクチ...

チュクチ半島(チュクチ)は、ユーラシア大陸の最北東部に位置し、北から北極、南から太平洋の2つの海に洗われています。ロシアとユーラシアの最東端の都市、アナディルはここにあります。アナディルは大陸で最も辺鄙な都市と同等です。アルゼンチン南部のウシュアイアの最南端の都市、アフリカの最南端の都市ケープタウンは喜望峰の近くにあります。

モスクワからチュクチへは、個人の招待または観光券で飛行機でのみ行くことができます。私たちは旅行代理店のサービスを利用しました。そのプログラムには、アナディル市、プロビデニヤ湾、セニャビン海峡のペンキグニー湾との知り合いが含まれていました。

たどるルートを選んで、私たちはハバロフスクを飛ぶことにしました。早めに到着したことで、街に親しみ、アムールに沿ってアレクシーエフスキー橋まで航海することができました。そして重要なことは、チケットのコストが直行便よりも大幅に低いことが判明したことです。市内に40人もいることに驚いた。どうやら、これらの用心深い鳥は街によく根付いています。翌日、チュクチに飛びました。空港では、桟橋の近くで国境警備隊、シロイルカのアザラシに会いました。空港とアナディル市は、アナディル河口によって隔てられています。 8月には、魚が河口を通過して産卵するため、海岸と河口の両方に多くの魚や漁師がいます。

アナディルの街は小さくてとても居心地が良いです。高床式の色付きの家、きれいな通り、多くのカモメ。記念碑、記念の盾、通りの名前-すべてがチュクチに身を捧げた人々に捧げられています。

ツンドラとの知り合いは、街の近くにあるディオニュシウスの丘に向かう途中で始まりました。

すべてが詳細に学習されます。一見生命がなく、豊富な色で区別されていないツンドラは、万華鏡に似た独自の世界を、その表面のすべてのセンチメートルで作成します。地衣類、コケ、花、矮性の木、きのこ、ブルーベリー、シクシャ、クラウドベリー、その他の植物がツンドラの植物相です。おそらく、建築家によって考案された都市は、各家の配色でツンドラの自然な続きとして機能するはずです。

丘への道の脇で、車はevrazhkiによって迎えられ、シロハヤブサは丘の上を飛んだ。

それから本当の旅が始まりました。ボートで空港まで行き、AN-26でプロヴィデニヤ村の空港まで行きます。車で、エスキモーの国立村、ノボイエチャプリノを迂回して、海洋哺乳類の基地に向かいます。そこで、セニャビン海峡に沿ってモーターボートでペンキグニー湾に向かいます。

暗くて濡れて幸せな中で、彼らは火事のために薪を集め(チュクチには森はありません)、テントを張った。私たちの素晴らしい人生は湾で始まりました。最初の朝は、明るい太陽と穏やかで穏やかな水で私たちを迎えてくれたので、私たちは思わず水泳で湾での滞在を始めたいと思いました。水温が+6度しかないのに、なんて嬉しいことでしょう。そして、丘や川に沿ってハイキングをした忘れられない日々が続き、火のそばで集まり、クジラのため息をつくために早めのコーヒーを飲み、キノコとベリー、そして薬草を選びました。

それぞれのハイキングは珍しく、ルートは繰り返されず、ミニハイキングで私たちが見たり受けたりしたものもありませんでした。また、鳥のコロニーがある島々に捧げる珍しい日もありました。私たちのチュクチ族の友人はボートで到着し、私たちは島を越えてこの魅力的な旅をしました。私たちが最初に訪れた島はメルキンカプ(チュクチ語)と呼ばれ、斧がたくさんあり、2番目の島であるアギンキンカンはカモメを中心とした鳥のコロニーで覆われていました。

1週間後、私たちはプロビデンスベイに戻りました。プロビデニヤの都市型集落は小さく、アナディルほど手入れが行き届いていません。村の主な誇りは、そのユニークな展示やコレクション、そして誠実な専門家チームに驚かされる地元の歴史博物館です。

翌日、私たちはアナディルに戻り、そのような遠くてとても近い土地についての印象に満ちた家に帰りました-チュクチは、その素晴らしい自然と誠実な人々、素晴らしい雰囲気で、大都市で私たちに忘れられていました...私は欲しいです古い歌を少し言い換えると、「チュクチは私たちが夢見る長いものになるでしょう...」。

追伸アナデリ空港のギフト部門には、人生を肯定する願いを込めた好奇心旺盛なお土産があります。また、チュクチへのすべての観光客の「ようこそ」をお祈りしております。 「すべてが許可されています!」