カンゾウの害虫と病気

一般的に、カンゾウは害虫や病気の影響をあまり受けません。害虫の中でも、幼虫をつぼみに産むカンゾウやアザミウマは危険です。つぼみは長さが伸びたり、伸びたり変形したりしません。

病気の中で最も危険なのは根の首輪の腐敗であり、時間内に注意を払わないと植物を破壊する可能性があります。病気にかかった植物は完全に掘り起こされ、洗浄され、腐敗からこすり落とされ、過マンガン酸カリウムの暗い溶液で約20分間保持され、その後、痛みのある場所が乾いて固まるまで2〜3日間空気中に保持されます。その後、それは再び植えることができますが、腐敗病原体(微視的な真菌や細菌)が存続する可能性がある同じ場所には植えることができません。

わが国ではまだ記録されていない病気に注目したいのですが、わが国にはさまざまな植物が大量に輸入されているため、その侵入のリスクがあります。これはカンゾウのさびです。この真菌性疾患は、2000年8月に米国で初めて発見されました。その原因物質はPucciniahemerocallidisと呼ばれています。さび病菌にはいくつかの発達段階がありますが、ある段階ではその種の多くが1つの種類の植物に生息し、別の段階では別の種に生息することができます。このようなさびは「その他」と呼ばれます。カンゾウのさびの原因物質は2つのホストです。その2つの段階は、最初の宿主であるカンゾウの葉と花をつける茎で生き、餌を与え、増殖します。胞子は、風または人によって、ある植物から別の植物に運ばれます。植物自体は死ぬことはありませんが、葉は明るい「黄色」の膿疱で覆われ、非常に早く死にます。最初の2つの段階で夏に形成される胞子は、それらが食べている生きている組織にのみ住んでいます。寒い冬に耐えられないため、米国ではまだ温暖な状態で蔓延していますが、真菌の発生の第3段階、いわゆるテリトステージは低温に耐えることができます。この段階は第2段階でのみ発生します。ホストは、バレリアノフ家の植物であるパトリニアです。この属は東アジア起源であり、Puccinia hemerocallidisは以前はシベリア、中国、日本、韓国でのみ発見されていました。以前は、バレリアンのように見えるパトリニアは、観賞用植物ですが、最近ではナチュラルガーデンの流行に伴い、人気が高まっています。品種パトリニア・スカビオシフォリア「なごや」は、当店に出回る可能性があります。最大限の安全のために、あなたはあなたの庭にカンゾウの深刻な病気をもたらさないようにあなたの場所にオミナエシ植物を植えるべきではありません。