ロシアのナスキャビアが「海外」と呼ばれたのはなぜですか?

ナスはインド原産で、今でも自生しています。その果物は太古の昔から地元の人々に食べられてきました。しかし、最初はナスの味はヨーロッパ人には「疑わしい」ように見えました。古代ギリシャ人とローマ人はナスを「怒りのリンゴ」と呼び、それらを食物に体系的に使用すると狂気につながると信じていました。

しかし、中世には、ナスは南ヨーロッパで広く栽培されていました。彼らは17世紀と18世紀にのみロシアに来ました。そのため、映画「イヴァン・ヴァシリエヴィッチが職業を変える」のサヴェリー・クラーマロフ「海外茄子キャビア」の有名なレプリカには歴史的根拠がありません。イヴァン4世の時代、ロシア人はナスの存在についての伝聞だけで知っていました。ほんの数世紀後、「デミアンキ」は、ロシアでナスと呼ばれるようになり、特にロシア南部の州ではかなり一般的な野菜になりました。それらは肉のシチューで煮るか、「かみ傷」の代わりに使用されました。彼らがロシアでナスを呼ばなかったとたんに:「パキスタン」、「バダルザン」、「バガザン」そして「ポドリザン」さえ。結局、彼らの言語を壊すことにうんざりして、ロシア人は逃げ道を見つけて、「海外」野菜を単純にそして表現的に「青」と呼びました。

実際、ナスの果実は青ではありません。それらの色は薄紫から濃い紫の範囲です。そして、果実が茂みの上で熟すために残されるならば、それらはそれらの色を変えて、灰緑色または茶色がかった黄色になります。これが熟した茄子の実の色です。私たちは未熟な果物を食べます-それらは、ざらざらして少し食べられる熟した果物とは対照的に、柔らかく、美味しくて健康的です。

熟れすぎたナスは絶対に食べてはいけません。それらは大量の有毒物質-ソラニンを含んでいます。そして、最も便利でおいしいナスは、青みがかった黒い皮を持ったものであり、果実の形は長方形です。これらのナスは通常、種子がほとんどありません。