白キャベツに水をやる方法

葉のロゼットの成長期間中、水中でのキャベツの必要性は中程度であり、キャベツの頭の形成とともに増加します。土壌の浸水は植物の成長を遅らせ、植物の死につながる可能性があります。キャベツの根系が枯れ始めるには、6〜12時間浸水した水にとどまるだけで十分です。

成長期の終わりに過剰な水分は、頭の時期尚早のひび割れにつながります。そのため、貯蔵用に敷設された後期キャベツは、収穫の1か月前に水をやめます。

大規模な区画では、散水はいくつかの方法で行うことができます。過去には、畝間灌漑が主に使用されていました。その後、散水法が広く使われました。そしてそれほど昔ではありません-点滴灌漑。

記事で自動灌漑と点滴灌漑について読む

「Volia」社の灌漑システム

サイトの日曜大工の自動散水

サイトのシンプルな灌漑システム

灌漑方法が異なると、土壌水分の輪郭が大きく異なります(図を参照)。

 

2.0-2.5m3 / 100m2(斜めの陰影)および3.5-4.0m3 / 100m2(水平の陰影)の灌漑率での土壌水分の等高線図:

a-畝間灌漑用、b-スプリンクラー灌漑用、c-点滴灌漑用(4)

畝間灌漑 -最も簡単な方法。しかし、それには欠点もあります。均一な土壌レリーフが必要であり、畝間全体で均一な土壌水分を確保することは不可能であり、砂質および砂質ローム土壌では、そのような散水は完全に不可能です。また、成長の初期段階で植物の根の領域に水を供給することは非常に困難です。

インパルススプリンクラー

散水法 -畝間灌漑よりも進んでいます。ここでは、困難な地形での灌漑、灌漑速度の調整、低い灌漑速度の適用、砂質および砂質土壌への水やり、暑い時期のさわやかな散水、空気湿度の上昇、および植物の霜からの保護が可能です。

しかし、この方法には欠点もあります。これらは、エネルギー強度、風の強い天候での雨の不均一な分布、灌漑後の土壌クラストの形成、または密な土壌での表面流出です。

小さなエリア(庭、夏の別荘、小さな補助農場)では、灌漑を振りかけるために脈動タイプの設備または振動(弧を描く)を使用できます。最大4気圧の圧力が必要です。 (バー)、したがって、ポンプと水が入った容器。一部のモデルでは、流量と灌漑半径の手動調整があります。コモンラインのボールバルブで調整することも可能です。ポンプ場は単位時間あたりの始動回数に制限があるため、ポンプ場を使用する際には注意が必要です。駅の後ろにある蛇口で水の流れを厳しく制限すると、その過負荷により自動シャットダウンが発生する場合があります。特性は、ステーションが通常モードで動作する最小許容水量l / minを示す必要があります。モデルによっては、1つのスプリンクラーで最大400m2の領域をカバーできます。一部のモデルでは、ユニットを地上(約50 cm)で作業するための特別な三脚スタンドが提供されており、灌漑の品質と面積が向上します。

振動スプリンクラー

点滴灌漑あり 水は灌漑地域全体に供給されるのではなく、植物の列にのみ供給されます。

給水は、ドリップホースを介して、または調整の有無にかかわらず個々のスポイトを介して実行できます。ミクロポーラスな表面を備えたホースの設計があり、そこから水が滴の形で浸透し、ホースはいわば「汗」になります。ドリップホースは、直径約16 mm(最大22 mm)の薄肉プラスチックチューブで、圧力補償設計の有無にかかわらず、表面にドリッパーが組み込まれ(統合されています)、詰まりから洗い流されます。ドリッパーは、出口を通るさまざまな流量を持つこともできます。ここでは、範囲は1時間あたり数分の1リットルから数十リットルまでです。

にじみ出るホース

この方法はさらに広く適用できます。困難な地形や大きな斜面、流砂(水で飽和した砂質または砂質ロームの土壌は機械的応力下で液化することがあります)、強風のある地域。この灌漑方法では、散水方法に比べて1.5〜2.0倍の大幅な節水が可能です。列の間隔は乾燥したままで、作業に干渉しません。

不利な点は次のとおりです。灌漑用水の準備のためのコストとかなり厳しい要件。ここで、原価は反比例の関係にあります。灌漑面積が大きいほど、単位面積あたりのシステムのコストは低くなります。

サイトの長さと幅が均一でない場合があるため、一部のモデルのドリップホースは、灌漑ラインあたりの長さが数百メートル(最大1キロメートル)に達する可能性があり、システム全体のコストにプラスの影響を及ぼします。

点滴灌漑用ホースは、最大3 kmの長さのリールで大きなコイル状に製造され、その壁の厚さは0.13〜1.13 mmであるため、チューブはより長い巻き長さで平らになります。水圧下では、チューブは真っ直ぐになり、丸くなります。製造工程では、スポイト自体がホースに取り付けられ、使用場所、作物、スポイト間の距離が変化します。ここでの範囲は15cmから1.5mです。最大使用圧力ラインで3気圧に達することができます。点滴灌漑ホースの一部のモデルの最小圧力は0.2気圧です。それらは、地面から1.5〜2 mの水を上げたコンテナから電力を供給できます(ポンプは除く)。

 

調節可能なドリッパーによる水やり

点滴灌漑では、土壌の下層の乾燥を避けるために、灌漑を少量と大量で交互に実行する必要があります。

スポイトの流量が調整されている場合、灌漑量は設備の稼働時間によって調整されます。調整可能なスポイトを使用すると、流量を個別に調整できます。通常、点滴灌漑ホースはオープングラウンドでより多く使用され、個々のドリッパーは保護された地面(温室)でより一般的ですが、点滴灌漑ホースがそこで使用されることもあります。

主にモジュラータイプの点滴灌漑設備。これは、予備的な浄水用のフィルターのブロック、必要な供給成分を混合するためのタンクを備えた溶液ユニット、完成した溶液用の全容器、特定の場所に溶液を供給するためのバルブ、およびポンプです。溶液ユニットには、養液の正しい準備と植物への供給のタイミングを担当する制御コンピューターが含まれています。

オープンフィールドで点滴灌漑を使用する場合、重要なポイントは水、またはむしろその水質です。水は開いた貯水池から取ることができます。適切な準備のために、機械的不純物からの水の多段階ろ過が使用され、それに栄養素が追加され、目的の領域に供給されます。フィルターは主に砂や砂利タイプで加工面が広いものを使用しています。新しい方向性は、自動フラッシングを備えたメッシュおよびディスクフィルターです。これは、機械的および有機懸濁液の含有量が低および中程度のオープンリザーバーから水を取り出すときに、より経済的かつ効率的に操作できます。フィルタシステムの総耐用年数は最大20年です。

白キャベツ。写真:Julia Belopukhova

個々のスポイトとドリップホースの違いは、各プラントにはペグに取り付けられた1つのスポイト(必要に応じて2つのスポイト)が付属していることです。スポイトは、直径13〜15 mmのメインホースから供給され、下降フィッティングを介して、直径4〜5mmのキャピラリーホースに接続されます。壁の穴を通してラインに直接取り付けられるスポイトのデザインがあります。個々の規制されていないスポイトは、1 l / hから8以上まで異なる水流量を持っています。調整可能なスポイトの範囲は0〜20 l / hです。

夏の居住者にとって、点滴灌漑の原則は、庭師が週末にのみ区画に来るときに特に便利です。市の敷地を離れ、夏の住民が家の電源を切ると、この場合の灌漑システムは自律的に(ポンプなしで)使用できます。主なタスクは、ソリューションまたは給水の自動化を設定することです。電気に接続せずに使用できるバッテリー駆動のコントローラーが市場に出回っています。

トップドレッシングとしてミネラル肥料を使用する場合、完全に溶解する混合物または抽出物を拾うことができます。小さな農場の場合、高価なモルタルユニットを購入する必要はまったくありません。代わりに、システムに組み込まれている肥料メーターを購入することもできます。これははるかに安価です。

多くの園芸家は、肥料、有機抽出物、ハーブの注入などに基づいて、肥料を与えるために独自の肥料を使用することに慣れています。これにはすべて機械的不純物が含まれています。この場合、給餌プロセス自体は2段階で実行されます。最初に、スポイトを使用して植物の近くの土壌に水をやり、次に手動で給餌しますが、この方法は次の場合にのみ適していることに注意する必要があります。小さなエリア。これは、モルタルユニットと肥料ディスペンサーが役に立たない場所です。

さまざまな灌漑方法とそれらの組み合わせを使用することで、高収量を達成できます。最も重要なことは、土壌の根層と植物の周りの空気の表層の両方で、同時に最適なレベルの水分を確保することです。

文献

1.「高収益を得るための手段としての白キャベツF1Fast andFuriousとF1Nakhalenokの雑種」//野菜栽培者の会報。 2011. No.5。 S.21-23。

2.キャベツ。 //本シリーズ「家庭農業」。 M.「Ruralnov」、1998年。

3. V.A. Borisov、A.V。ロマノバ、I.I。 Virchenko「さまざまな熟成期間の白キャベツの貯蔵」// VestnikOvoshchevoda。 2011. No.5。 S.36-38。

4. S.S.ヴァネヤン、A.M。小さい、D.I。 Engalychev「野菜栽培における灌漑の方法と技術」// VestnikOvoshchevoda。 2011. No.3。 S.19-24。