ロシア中部のイワナンテン

イワナンテン属の代表者 (イワナンテン) ツツジ科-常緑または落葉低木。末端または外側の総状花序または円錐花序の花、花冠ユリ形、ほぼ球形のカプセル、5葉、肥厚していない縫合糸、おがくずのような種子。この属は、主に南北アメリカ、マダガスカル、ヒマラヤ、日本に分布する9種を統合しています。装飾的ですが、ほとんどの場合、冬の丈夫さはほとんどありません。水はけの良い石灰質の土壌で、明るい日陰でよく育ちます。

Leucothoe catesbaei

 

イワナンテンキャッツビー(イワナンテンcatesbaei)

祖国-北アメリカの南東。高さ2mまでの常緑低木(まだ0.5 mあります)、弧状の湾曲した枝があります。卵形-披針形、長さ6〜15 cm、先のとがった、細かく鋸歯状、無毛、濃い緑色、光沢のある葉。密な腋窩総状花序の花。カローラホワイト、長さ4〜7mm。 6月に咲きます。果実は小さな種子の入った箱で、種子は毎年熟しません。

Leucothoe catesbaei

それほど冬に強いわけではなく、新芽の端はわずかに凍結する可能性があり、多年生の木は厳しい冬に苦しみます。 1985年から1990年に受け取った、現在コレクション3にある5つのサンプルをテストしました。ボーフム(ドイツ)、ヴァースランド樹木園(ニューカーケン、ベルギー)、ログフ(ポーランド)から。

 

イワナンテングレイ (イワナンテングレイアナ)

最近まで、この種は2種のうち、Eubotrioides属に属していました。 (Eubotryoides) 権利を与えられた 灰色のeubotrioides(ハナヒリノキ).

ハナヒリノキ秋のハナヒリノキ

祖国-南サハリン、日本。高さ1mまでの落葉性または半常緑性の直立低木で、薄灰色の枝と黄色の芽があります。葉は交互になっており、葉は楕円形で、長さは最大9 cmで、上は無毛で、下は葉脈に沿って毛が生え、縁に沿って繊毛虫です。長さ12cmまでのクラスターの花。カローラは緑がかった白またはピンクがかった、ベル型、ピッチャー型、長さ6mmまで。 6月から8月に不規則に咲きます。種子は熟しません。

Leucothoe Grey(Leucothoe Grayana)、花ハナヒリノキ、フルーツ

毎年1〜2歳の芽はわずかに凍り、厳しい冬には根の首輪まで凍ります。凍りつき、数年で春の霜によってひどく損傷します。 1985年にタラント(ドイツ)から受け取った、現在コレクション1にある2つのサンプルをテストしました。

著者による写真