日本のマルメロ:成長、ケア、繁殖

ボケ属日本人。写真:マキシムミニン

ヘノメレス日本人、または ジャポニカ(Chaenomeles japonica) -好熱性植物で、温暖な気候の地域で特によく育ちます。北部地域では、低木が-30°C未満の厳しい冬に耐える場合、雪のレベルを超える花のつぼみと一年生の新芽が凍結し、植物はそれほど豊かに咲きません。同時に、積雪下で生き残った茂みの部分は、春に咲くことができます。

他の種や種類のボケについて-ページ上 ボケ。

 

着陸地点の選択

日本のマルメロは親しみやすく、照らされた領域が必要です。日陰では成長が悪く、開花にも影響します。干ばつ耐性がありますが、水分の停滞の兆候がなく、若い年齢と植え付け後に適度な水分が必要です。

すべての種類と種類のボケは、弱酸性反応(pH 6.5)で腐植土が豊富な、軽い砂壌土、ローム質、およびソディポドゾル土壌でよく育ち、泥炭土壌への耐性が低下します。日本のマルメロをアルカリ性の土壌に植えると、葉の白化が起こる可能性があります。庭の区画の場所を選択するときは、家の南側の領域、または冷風や厳しい霜から保護されたコーナーが優先されます。庭が丘陵地帯にある場合は、南と南西の斜面が特に好まれます。

 

土壌の準備と植え付け

 

春の植え付けでは、秋に土を作ります。雑草が詰まっている場合は、完全に取り除き、植えるまで黒い蒸気を当てます。緑豊かな土と砂が不毛で重い土壌に加えられます(2:1の比率で)。さらに、泥炭肥料堆肥(10 kg / m2)、リンおよびカリ肥料(40 g / m2)が導入されています。これらのコンポーネントを10〜15 cmの深さに追加すると、緩い水と通気性のある土壌層位が作成されます。

春の恒久的な場所、つまり土壌が溶けてから芽が出る前に、根が開いたマルメロを植えるのが最善です。大量の葉が落ちる時期が来る秋の植え付けは可能ですが、低木は好熱性であり、根を張る時間がなくても死ぬ可能性があるため、あまり望ましくありません。日本のマルメロは、2歳でよく根を下ろし、コンテナから植えられます(閉じた根系)。 3〜5歳の単生植物の場合、直径0.5 m、深さ0.5〜0.8 mの植栽ピットを掘り、腐植土(1〜2バケット)を充填し、300gの過リン酸石灰を添加します。30硝酸カリウムg、または灰500g。

日本のマルメロは、小グループで、または庭の小道の端に沿って配置することができ、そこから低い生垣を形成します。連続して、植物は0.5〜0.6 mの距離で互いに離れています。グループ内の植物間の距離は、約0.8〜1mです。

植え付け時には、日本のマルメロの根の首輪が土壌レベルに配置されます。いかなる場合でも、根が露出してはいけません。これは、根の襟が土壌レベルより上に配置されている場合、不適切な植え付けで発生します。低木の成長を遅くする根の襟を深くしないことも重要です。日本のマルメロの茂みは移植にあまり耐えられないので、場所から場所へと植え替えて、もう一度邪魔しないでください。それらはすぐに恒久的な栽培のための場所に選ばれ、できるだけ早くそこに植えられます。日本のマルメロは、50〜60年まで移植しなくても1か所で育つことができます。

 

植栽ケア

 

マルメロの根おおい

夏になると、日本のマルメロの茂みがより豊かに咲くように、その周りの土は8〜10cmの深さまで緩められます。緩めることは除草と組み合わせる必要があります。良い結果は、小さめの低木の周りに3〜5cmの層に注がれるマルチの使用です。泥炭、松の実の殻、おがくず、または砕いた樹皮がマルチとして適しています。マルチを適用するのに最適な時期は、土壌がまだ十分に湿っているが、すでに十分に暖められている春の終わりです。秋には、安定した負の温度の期間の開始後にマルチングが開始されます。マルチング材で作られたカバーの輪郭は、ブッシュクラウンの突起以上であるか、15〜20cm超えている必要があります。

植え付け後の最初の年には、植え付けピットに埋め込まれた栄養分が茂みの成長と発達に十分であるため、日本のマルメロは通常、若い根を燃やさないように液体のトップドレッシングを与えられません。植え付けから2〜3年後の春、雪が溶けるとすぐに、日本のマルメロの茂みの下にミネラルと有機肥料がトップドレッシングの形で施用されます。これを行うには、1バケツの堆肥、300 gの過リン酸石灰、100gのカリウム肥料を茂みの幹の輪に注ぎます。夏の間は、硝酸アンモニウム(20 g /ブッシュ)または鳥の糞(3リットルの10%溶液)で構成される液体トップドレッシングが役立ちます。

低木を冬の被害から守るために、晩秋には落ち葉をまぶしたり、トウヒの枝で覆ったりします。このようなケアは、若くて大人の茂み、特に美しく開花する品種に必要です。若い苗木や冬の挿し木も、カバー材(ルトラシル、スパンボンド)で冬の間保護されています。コンパクトな低成長の茂みの冬の保存には、大きな段ボール箱または木箱が適しています。

 

種子繁殖

 

日本のボケを繁殖させる最も簡単で信頼できる方法は、種子によるものです。熟した果実を処理する準備をし、大きな茶色の種子のある芯をきれいにすると、捨てることはできませんが、播種に使用されます。種子は、秋、つまり「冬の前」にすぐに取り除かれ、地面に播種されます。それらはすべて高い発芽能力(最大80%)を持ち、準備された土壌の質に関係なく、春に密な芽を出します。これらの期間内に播種ができない場合は、層別化のために種を蒔く必要があります。これを行うために、それらは+ 3 + 5°Cの温度で湿った砂の中に2〜3ヶ月間保管されます。彼らが噛んだ後、春に彼らは地面に移されます。 2歳の苗は長い直根を発達させるので、不注意に移植すると損傷が発生し、苗が死んでしまいます。苗木を保存するために、それらはできるだけ早く恒久的な場所に植えられるべきです。

 

挿し木と接ぎ木による繁殖

日本のマルメロのすべての種類の栄養繁殖は、種子による繁殖よりも経済的に効率が悪い。接ぎ木または接ぎ木の利点は、低木の品種の品質が維持されることです。

日本のマルメロ挿し木

緑の挿し木は、暑くなく乾燥した6月上旬に収穫されます。挿し木は早朝にカットされます。各茎には1〜2個の節間があります。 「かかと」、つまり昨年の木片(長さ1cmまで)で切った挿し木では、良好な発根結果(最大80%)が観察されます。成長刺激剤の使用が必要です:24時間以内のIMA(インドリル酪酸)の0.01%溶液、または-「コルネビン」。挿し木は砂と泥炭の混合物(3:1の比率)で斜めに植えられ、挿し木を植えるスキームは7x5cmです。+ 20 + 250°Cの温度で、発根は35〜40日後に起こります。日本のマルメロの発根挿し木の収量は30〜50%であり、成長刺激剤は生存率を10〜20%増加させます。

緑の挿し木についてもっと読む-記事で 木本植物の緑の挿し木。

春の接ぎ木(交尾の改善)は、5月に日本のボケの苗に品種の挿し木で行われます。 「目」(出芽)で接ぎ木するために、ボケ(穂木)の品種の新芽が7月から8月の2回目の樹液流の間に収穫されます。これを行うには、樹皮(シールド付き)のある目(つぼみ)を、鋭い出芽ナイフで品種のシュートの中央部分から切り取ります。株の樹皮(オフグレードのボケまたは他のバラ科)に、T字型の切り込みを入れ、切り込みの端を折り返し、つぼみのあるシールドを樹皮の下に挿入します。植物の一部はしっかりと圧迫され、結ばれ、庭のニスで保護されています。 3〜4週間後、「目」の生存率がチェックされます。来年の春に、芽が根付いて新しい芽を出した場合、包帯は取り除かれます。日本のボケの短い茂みで、2つの目を互いに接ぎ木するか、またはいくつかの密接に関連する作物(ナシ、サンザシ)を一度に接ぎ木することができます。

冬に強い幹に接ぎ木された日本のマルメロの開花品種は、非常に独創的です。茎となる株としては、3年生の「野生」ナシ、マウンテンアッシュ、スピカタ、サンザシの苗木が適しています。品種のクサボケは冬の耐寒性が不十分であるため、冬の植物を保護するために、接ぎ木場所を地面の近く、高さ0.6〜0.9mに配置する必要があります。巧みな出芽で、目の生存率は50-80%になることができます。

季節ごとに冠を形成し、接ぎ木部位の下の幹から定期的に野生の成長を取り除く必要があります。安定性を高めるために、茎は杭に結び付けられています。金属製のサポートは、トランクに形成される長い鞭のようなシュートの下に配置できます。ただし、標準的なフォームは耐冬性が低いことを忘れてはなりません。したがって、保護された場所に植えて、冬の間保護する必要があります。

 

根吸盤による繁殖

 

日本のマルメロは多くの根の吸盤を生産する傾向があります。それらのために、茂みは徐々に四方八方に広がります。 20歳で、それは最大2平方メートルの面積をカバーしています。子孫が生い茂っているため、日本のマルメロの根系は斜面の土壌をしっかりと保持することができます。それは非常に分岐していて弾力性があるので、成虫の茂みを完全に取り除きたいという願望があるならば、それをするのはそれほど簡単ではありません。

根の芽を掘るときは、根系が発達した長さ1​​0〜15cm、厚さ0.5cmの芽を選びます。あなたは1つの茂みから5-6以下の根の吸盤を得ることができます。それらは垂直に植えられ、定期的に水をやり、十分な土壌水分を維持し、腐植土、木材チップ、または削りくずで茂みの周りにマルチングされます。しかし、この繁殖方法の欠点は、直根から成長する子孫の中には、根系の発達が不十分であり、結果として生じる実生を成長させる必要があることです。最初、そのような苗は通常よりもさらに小さな果実を持っていることに気づきました。

低木剪定

 

ボケ属の日本人は、園芸で高く評価されている散髪や剪定によく耐えます。しかし、庭師はしぶしぶ彼女のとげのある枝に近づきます。鋭いとげで手を傷つけることなく、厚手の長い手袋(庭のレギンス)で作業する方が快適です。

春には、日本のマルメロが必要です 衛生剪定..。霜によって損傷したすべての乾いた芽は切り落とされるべきです。茂みを整えるために、彼らは鋭く鋭利な道具を取ります:剪定ばさみと庭のこぎり。切り込みの場所は、庭のピッチで潤滑する必要があります。乾燥して壊れた枝を取り除いた後、植物はすぐに回復します。

トリミング関連 茂みの形成と、4〜5歳で始まり、春先に過ごします。茂みが広く成長して肥厚するのを防ぐために、根の成長の一部は毎年切り取られ、さらなる成長のために2〜3個以下の根の吸盤が残されます。最も価値のあるものは、地表から20〜40cmの高さで水平位置を占める新芽です。地面に沿って広がるか、垂直に上向きに成長するそれらの芽は取り除かれなければなりません。

アンチエイジング剪定 日本のマルメロは、茂みの年齢が8〜10歳に達すると始まります。この兆候は、10 cmまでの年間成長の弱体化です。最初に、茂みが間伐され、弱く、細く、過度に細長い枝がすべて除去され、最強のシュートが10〜15個だけ残ります。主な結実は3〜4歳の枝に集中しているため、日本のマルメロの茂みは、それらを保存し、5歳以上のものを取り除くように形成されています。

病気の保護

 

日本のマルメロは害虫による被害はほとんどありません。湿気の多い涼しい天候では、湿度が高くなると、クサボケの葉や果実にさまざまな斑点が現れるのに適した状態になり、壊死が現れることがあります。真菌性疾患の発症の結果として、葉は変形し、徐々に乾燥します。 ramulariosisでは、茶色の斑点が見られます。  セルコスポロシス - 時間の経過とともに消える丸い茶色の斑点。

日本のマルメロ、茶色の斑点日本のマルメロ壊死

最も効果的な防除方法は、葉が広がる前に、0.2%のフンドゾールまたは銅石鹸液(10リットルの水あたり100 gの硫酸銅)を茂みに噴霧することです。タマネギの注入はそれほど危険ではありません:300gのジューシーな鱗(または150gの殻)が10リットルの水に1日注入されます。ろ過された準備は夏の間5日ごとに3回使用されます。

 

果物の収集と保管

 

日本のボケの実は晩秋、9月下旬または10月に熟します。 1つのブッシュからの収量は1〜2 kgになる可能性があり、さらに注意を払うと最大3kgになります。この栽培は他家受粉であるため、豊作を得るためには、2〜3品種または数本の苗を並べて植える必要があります。

ロシア中部では、特に夏が涼しくて雨が降っているとき、果実は熟しにくく、長い間緑色のままです。次に、霜が降りる前に急いで作物全体を収穫します。霜で捕らえられた果物はすぐに落ち、水っぽく柔らかくなり、味と香りを失います。この状態では、処理や保管には適していません。実は、ボケの実は通常、室内のベッドで熟し、長期間保存して黄色がかった色になります。小さなリンゴに似た果物は、わずかにしわが寄る場合がありますが、腐敗せず、あらゆる種類の加工に適しています。 + 2°Cの温度と高い空気湿度で、それらは12月から2月まで残ります。

 

日本のマルメロ熟成果実

 

果物の加工

日本のマルメロの香りのよい果物から、ゼリー、マシュマロ、ジャム、シロップ、リキュールを調理することができます。果物の芳香の味は、リンゴ、チョークベリー(ミチューリンのチョークベリー)、アプリコット、桃から作られたジャムとコンポートの品質を向上させます。ドライフルーツのスライスは、ドライフルーツのコンポートに使用できます。いくつかの加工製品のレシピを提供しています:日本のマルメロのお茶、リンゴの日本のマルメロのジャム、日本のクサボケのマーマレード、日本のマルメロのフルーツコンポート、マルメロのリキュール。